トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

先義後利

大丸の社是には、先義後利という考え方があるようです。G8やAPECで、各国の首脳や専門家が、経済の立て直しを協議しても、なかなか良い手はないようで、株価にしても景気にしても良くなる兆しは見えないようです。

最近の企業の経営目標は、利益がどのくらい、そのために何をするか?という順番で考えるようです。企業の目的は、何でしょう。某社(私の所属している)の企業目的は、世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供することです。言い換えれば、お客さんが感動する商品やサービスを創り出し提供し、その活動による利益を、社会に還元し豊かな生活に活かしていただく。ということと思います。

しかし、グローバル化・大競争という風潮の中で、利益を出し続けないと生き残れない。生き残れなければ、企業目的も何もないといった状況の中で、利益を追求し続けてきたように思います。けっして悪いことでも間違っているわけでもないと思いますが、長続きしない、疲れてしまうような気がします。

このことは、某社だけの問題では無かったようですね。日本中いや世界中が、お金の亡者になってしまい、価値はないはずのお金の価値を高めようとして、過ちを犯してしまった。自分もその一人であることは間違いない。

まだ問題はある。ネット万能信仰である。コンピューターは道具なのに、そのはずなのに、シミュレーションで出た結果をうのみにして、動いていることはありませんか。自分で考えることを放棄していませんか。

先義後利、まず義があるんです。正義の義、義理人情の義です。一肌脱いでやろうじゃないかという精神で、情熱を持って行動すれば、利益は後からついてくる。利益はお金だけじゃありません。信頼というお金で買えないすばらしい利益にもつながります。

言うは易し行うは難しです。先義後利には我慢強さが必要です。そうです。現代人が忘れていることのひとつに我慢することがあります。子供や孫の時代を幸せな時代にしていきたい。そのためには我慢することは我慢しなければいけません。

自分のやりたい職業を探すのではなく、自分に適した仕事を探すのです。自由には責任が、権利には義務が必要です。うまくいかないことを人や社会のせいにせず、まず自分のできることを自分以外の誰かのためにほんの少しやってみよう。

新聞を読みながら、ニュースを聞きながら思わずにはいられない今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

のらさん

今日、のらさんにお会いしました。60歳の元気なお母さん。子供のころから苦労をされて、現在は家族とたくさんの友人はいるけれども、両親や兄弟、親戚は全くいないという人だ。

山奥からお嫁に出てこられて、お母さんも夫も体が悪くて介護をしながら子供を育て、商売をやってきた人だ。50歳の時、現在の場所に「のら」という手作りの織物や焼き物・木工品などを売る店をはじめて、現在は多くの職人さんから品物を引受け、売っている。その職人さんからとても信頼されているようだ。

偉い人でも、苦労を知らない人はだめだ。とにかく人の痛みをしって、偉くなりなさいといわれた。のかな?

子供のころから素足で、冬でもシャツ一枚で過ごしてきという。確かに、素足で雪駄履きだ。

1時間くらい話を聞いて、最後に頑固やさしい笑顔で「がんばんなさい」と言ってくれた。ただ、1時間話をきいただけ、内容もほとんど忘れてしまったが、あの帰りの笑顔が忘れられない。60にして人生これからという感じ。そうだ、50歳はまだ青年だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

飲みすぎは!

金曜日は、工場の監督職をしている皆さんと懇談会をし、その後一杯というスケジュールでした。お酒の席は好きでも、酒そのものはそんなに好きではないので、晩酌もしません。付き合いが多いときには、それなりに飲んでも大丈夫なのですが、久しぶりに楽しいお酒になったので、ついつい飲みすぎたのか、量は少なくとも慣れない状態だったのか?

帰りの電車で吊革につかまっていてついふらり。何方かに支えていただいた様な記憶があるのですがうろ覚え、タクシーに乗って自分でしっかり帰り、忘れものもなく、着替えもしっかりして朝を迎えたので、粗相はなかったと思いますが、朝になって少し反省。

それにしても、現場の監督職の皆さんはきっぷがいい。これから色々とお世話になるお願いをしたのに、任しておけの一言、後はまあ飲もう。こういう仲間は本当にうれしい。

この仲間に、いつか「ありがとう」と言ってもらえるように、努力しようと思います。そして、年のことも考えて、お酒は少し控え目にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

学童保育

子育てをしながら、子供を育てるためになくてはならない仕組みの一つに学童保育があるようだ。小学校低学年(だいたいは3年生まで)の児童で、両親ともに働いていたり片親の家庭の要望により、学校の授業終了後から18時くらいまで、「学校の空いた教室を使って、預かってくれるシステム」が学童保育ということだ。

空いた教室を使う関係で、学校によって実情はずいぶんと違うようだ。先生にも労働時間の制限があるので、子供を観るのは、市の職員ということになる。市の職員が学校の一部を借りて、児童用の託児所を開いているということになる。

男女共同参画社会をしっかり築くためには、仕組みとして誕生から・・・までの社会システムが必要かもしれない。選択肢は3つ
①大家族の復活
②行政として社会システムを構築
③市民の協力で、コミュニティーとして大家族の仕組みを再現

私は第3案が良いと思うが、市民の覚悟も必要。江戸時代がそうであったように、成熟した社会では、助け合い、共助が不可欠と思う。現代のように、少子高齢社会ではなおさらかも知れない。
日本が移民を積極的に受け入れるなどの施策で、新たな成長を諮るという選択肢も、あるのかも知れないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

金子クリニック

しばらく、間が開いてしまいました。父の状態に合った施設を探していたのですが、認知症や介護の施設は様々で、介護保険との関係や、内科の病気の状況なども含めて、適したところを探すとなると大変です。
認知症の症状は、人によってざまざまな様ですし、相談する人によって見解が違ったりするので、あたふたとしたここ一週間でした。

さて、その中で金子クリニックの金子先生の話を紹介します。

戦中派は、まじめで仕事一筋、趣味も無く頑固な性格。遊ばないと認知症になる。週2・3回のマージャンか囲碁が良い。(賭けないで)また、歌もいい。よく笑うこと。人と話していっしょに笑うこと。
認知症になったのは、息子と妻が悪い。お父さん囲碁をやりましょう。歌をうたいましょう。と誘わないのがいけない。
酒は駄目。不満がたまって妄想になりやすい。とにかく年を取ったら楽しく過ごす。笑うことだ。

今、ワークライフバランスが叫ばれています。景気後退で最近は静かになってしまいましたが、これからの社会形成には不可欠な考え方ではないでしょうか。
金子先生の話も、通じるとことが多いと思いました。

考えすぎないように、悩まないように、明るくいつもゆとりを持って行動しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

旧赤松家

磐田の見附ある旧跡のひとつに旧赤松家がある。見附の西のはずれ高台、レンガ造りの歴史ある門構えの家である。

明治時代、磐田原台地に茶園を開拓した赤松則良の邸宅。となりに天宏という磐田では有名な料亭のある天ぷら屋さんがあり、時々食事をするのだが、最近まで知らなかったという情けない話。

この赤松家から初代磐田市長が生まれたということで、赤松則良は、まさに近代磐田を築いた偉人。中は公園風になっていて、茶室などもあるので、ゆっくりした時間を過ごせる。

この他、見附宿、遠州国分寺で栄えた磐田には、結構歴史的な史跡が多く、時間を見つけて散策してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

老齢福祉年金

100歳になる祖母の話。祖母が○△年金の支給を受けていることは、先日のブログに書きましたが、調べてみると、老齢福祉年金であることがわかりました。年額:405800円、現在の年金制度が出来る前の世代には、国庫から全額支給されていることが分かりました。

今は、食べ物を飲み込めないので、胃から直接栄養を補給して何とか生きています。老人介護施設にお世話になっているのですが、月に十数万円は掛かるので(介護保険制度が出来てから、自費の部分が増えたので、介護部分は1割負担ですが、食事はもちろん日常的に必要なものはほとんど実費負担になりますので、ホテルに泊まって介護を受けているような感じで、負担は大変です。国から少しでも援助があることはありがたいと思います。

この老齢福祉年金ですが、実は市はスルーパスで、社会保険事務所が直接扱っています。この辺が良くわかりません。
続きは、また調べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

ナイスハートふれあいのスポーツ広場

10月8日の土曜日は、掛川市のさんりーな体育館で行われたナイスハートふれあいのスポーツ広場に参加しました。昨年までは、主催者(実は自動車総連静岡地協という静岡県の自動車に関連する労働組合の代表をしていました。)でしたので、参加している気分ではなかったのですが、本年は少し気楽な気持ちで会場に入れました。残念ながら、競技の途中で失礼させていただきましたが、広い会場いっぱいの参加者で、とても盛況。

この企画は、障害を持たれた方を招待して、一緒に運動会(といっても玉入れなどゲームですが)をしようというものです。毎年、静岡県の何所かでやろうということで、役員の皆さんが、県内の体育館を探し、施設を訪問して参加者を募って行うものです。
資金は、組合員の皆さんのカンパ。自動車総連はおかげさまでたくさんの企業労組があるので、数は力で、一人ひとりのカンパは少しでも、全体では大変多くの資金が出来ます。自動車や設備・備品などの寄付もしているのですが、「情けは人のためならず」皆で楽しく触れ合うことで、自分たちの福祉の心を育てようということから、1992年からやっています。

障害者の皆さんに喜んでいただいて、自分の心が暖かくなる。本当にそんな感じで、この企画に参加するようななってから、人間も丸くなったように思います。

新しい役員が、生き生きと世話をしている姿がとてもうれしく感じ、この企画がずっと続き、ふれあいの輪も大きくなればと思いながら、会場を後にしました。

P10001421_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

後期高齢者医療保険

私には、100歳になる祖母がいる。認知症で家族の識別も出来ないが、体は割と健康、現在は、老人介護施設にお世話になっている。

その祖母宛に、後期高齢者医療保険の請求書が毎月届く。後期高齢者医療保険の保険料は、年金から天引きをする仕組みになっていると聞いたので、市役所に問い合わせてみる。国民年金の制度ではないから(確かに祖母の場合、国民年金ではなく、○△年金といって、ほんの少し国からいただいている)引き落とせないのだと言う。
それでは、国民健康保険のように世帯主がまとめて払えないか?と聞くと、後期高齢者医療保険は個人扱いなので世帯という管理は出来ないと言う。

そんな訳で、銀行の自動引き落としにするのは少し待って(医療制度がどうなるかも心配)毎月銀行に振込みに行くことにした。面倒くさいが、それをすることで、制度の問題意識を忘れないようにということもある。
もう一点、毎月送られてくる請求書には、金融機関が書いてない。それなのにいくつかの金融機関では扱えないようだ。

と評判の良くない後期高齢者医療制度の一市民が受けた印象であるが、現役の3割負担と比べれば1割負担であり、治療費の負担感は少ない。年金が減るという議論と、その年金から保険料を取るという議論が同時に進められたため、システム全体のキチンとした議論が行われてこなかったような気がする。

など・・・。仕組みが十分分からないまま、愚痴的に書いてしまいましたが、これをきっかけに、制度とその問題を整理してみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

田原総一郎

10月30日に、東遠地域労働者福祉協議会主催の後援会で田原総一郎の「時代をよむ」という講演を聴くことが出来ました。

金融危機の原因と言われているサブプライムローンに端を発する仕組みは、IT世代が金融工学という難しい理論をもとに、コンピューターシュミレーションで作り出したもので、証券化したローンの動きは、誰にも予測がつかないという現状分析をされた。
但し、日本におけるサブプライムローンの影響は軽微なので、大騒ぎせずに、冷静に対処すべきだということだ。
世界大恐慌の時の、ルーズベルトの大胆な施策を例に、今回の対応のためには、世界が協力して様々な対策を打つことが大事ということをおっしゃられていた。
資本主義の経済ではあるが、こうした危機的な問題には、政治が経済を統制することが必要という説明であった。

経済にかかわらず、多くの技術がコンピューターシミュレーションによって支えられている時代だ。私も技術者の端くれだったこともあり、シミュレーションの功罪について考えさせられる。
的確かどうかはわからないが、シュミレーションの特徴は、二つあると思う。
ひとつは、入力する要因がキチンと把握されていないととんでもない結果がでるということ。ふたつめは、予測は出来るが、対策は出来ないということである。

そういう私もブログを始めた。インターネットの恩恵に預かっているひとり。コンピューター時代の危機管理は、組織の利益ということだけでなく、私たちの生活の将来を委ねているという問題かもしれない。
政治のコントロールは益々重要。だが、そう感じている人は少ない。ひとり一人の参加が、政治の良し悪しを決める。

そんな憂いを持つひとりとして、政治のセールス活動に精一杯取り組もうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

持つべきものは厳しい先輩

昨夜は、労働組合の先輩SS氏のお宅を訪問し、政治の道を志す旨を報告。70歳が目の前にもかかわらず元気一杯で安心と同時に少しびっくり。

なにやら週3日、近隣の企業にものづくりの指導に通っているそうな。若い人(彼の言う若い人は、私など40代、50代の世代を指していると思われる)に教えることで、活力をもらっているのかも知れない。

この先輩は、現場からたたき上げで、500人規模の製造会社の専務になった人だ。現場を見る視線はするどい。政治も現場と同じ、政治に向かう姿勢・多くの人に信頼されるための行動などについて、ためになる話をしていただいた。

応援するけど名前だけな!と言われたが、こころは「応援するからしっかりやれ」ということだ。ありがとうございます。精一杯頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

どうして”七転び八起き”

有名な発明家のエジソンは、白熱電球をはじめたくさんの発明をしましたが、何百、何千の失敗を繰り返しました。失敗すると普通はがっかりするものですが、エジソンは失敗を「うまくいかない方法を発見した」と言って気にせず、すぐに次の実験に取り掛かったそうです。

失敗は成功のもと、何事もチャレンジしなければ、新しいことは出来ません。「失敗や挫折にくじけず、粘り強く挑戦し続ける」姿勢を大切に進んでいきたいと思い、ブログのタイトルを七転び八起きとしました。

ブログにも挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

ブログ始めました!

2008年11月1日、新しい道の第一歩を踏み出します。

今日は、朝8時から袋井市のデンマーク牧場でハイキング道路の草刈り。チョイボラです。労働組合の主催で4年前に始めたもの。20代から50代まで(失礼50代は私一人かも・・・)長く延びた草との格闘し、いい汗をかきました。

午後からは、床屋ですっきりした後、実家の仕事。実家は元農家で庭木も多く、ほおって置くとあっという間に原生林。

一日よい汗をかいた。ゆっくり体を動かすと、毛細血管まで血液が行き渡り、健康に良いことはもちろん、脳の働きも活発になるそうだ。

ブログのスタートは、とても良い一日だった。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年12月 »