« 大原 | トップページ | 老齢福祉年金 »

2008年12月10日 (水)

オーナー社長

今日は、いくつかのお取引先を訪問しご挨拶をしてきました。従業員が50名ほどの小さな会社が多かったのですが、そこの社長さんのお話に感動してしまったので紹介します。

(その1)磐田の駅前に再開発のビルをつくったが今はがらがら、磐田市はオートバイの町なので、駅前にオートバイをたくさん置いて、駅で降りた人にジュビロスタジアムまで貸し出したらいい。そこまでオートバイ専用度道路というのはどうだ。わが社は、玄関の前がオートバイの駐車場。オートバイに乗ってくれば一番近い所に止められるようにしてある。

(その2)民間にまかせておいても世の中良くならない。こんな時こそ、政治が動かないと。たとえばすべての家をソーラーパネルにする。自動車はすべて電気にする。などを、政府が主導してすぐに進めるようなこと。現代版ニューディール政策をやらないと日本は良くならない。なぜなら、今既にあるものを改良しても、たとえば車やオートバイも、そんなにいらない。安くしてたくさん作ればまた余る。未来を夢見る、こんなものがあったらなあという漫画やSFに出てくるようなことを実現しよう。そんな政治家になれ。

(その3)政治家も市民も日本人の心を忘れている。静岡空港だって、賛成派・反対派がいて、賛成派の知事と賛成派の議員が当選して進めてきたのだから・・・。今回の立木問題でも、行政も反対する市民も意地を張ってここまで来て、税金を余分に使う結果になってしまった。どちらかが正しいなんてことはなく、話をして妥協するのが日本人だし、それで2000年の歴史を作ってきた。自分の利益を考えるんではなく、みんなに良いことをするのが大人だ。

という話でした。実際の言葉とはやや違う書き方になったかも知れませんが、ニュアンスはこんな感じ。
良い悪いではなく、何か信念を感じた。ドキドキした。これからは、時々話を聞きに訪問しようと思う。いつか、社長さんたちに聞かせる話を持っていけるように・・・。

|

« 大原 | トップページ | 老齢福祉年金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/43378220

この記事へのトラックバック一覧です: オーナー社長:

« 大原 | トップページ | 老齢福祉年金 »