« 夢のある話 | トップページ | しんば賀津也さん »

2009年1月31日 (土)

雇用の流動化

雇用の流動化という言葉がある。12年ほど前に、当時の日経連(日本経営者連盟だったかな)が、新時代の雇用と称して短期雇用(現在でいう派遣や期間工のこと)と長期雇用(正社員)を使い分けた人材活用で経営の効率を上げようという提案をした当時に、流行った言葉である。
マスコミは、その時の現象のみを捉えて批判するのが得意だが、当時は失敗しようとして新たな雇用を考えていたわけではなく、日本全体が閉塞感に覆われていた中で、ITなどの先端技術を使い日本経済を再生したいという前向きな考えから進められたと思うし、自分も考え方が間違っているとは思わなかった。

しかし、経済成長や利益だけの目標は長続きしないことが明確になってきた。利益を出してどうするかが大切なのである。目標に限界があったのであり、短期雇用がすべて悪とは言えないように思う。

さて、雇用の流動化。利益を出すために、高い生産性で、特に欲しくないものをたくさん作ってしまった先進国。先進国に物質文明として追いつきたい発展途上国。そろそろ物質文明から精神文化への転換をしないと、物であふれる社会すなわちごみであふれる社会になってしまう。リサイクルは幻想だと思う。物理の言葉の中に可逆と不可逆というものがある。エネルギー保存則もある。私のつたない物理の知識から考えると、リサイクルは、製造するよりも多くのエネルギーを必要とするはずだ。消費社会から、出来るだけ消費を抑える社会に進化する必要があると思う。

そこで、雇用の流動化である。雇用は、先進農業へと移動すべきではないか?と思う。林業や新しい漁業も含まれる。昨日の国会で公明党の太田代表が、農業の株式会社化を考えたらどうか?という提案をしていた。
同感である。利益の追求ではなく、人類の幸せを追求し、その結果として利益が生まれる。その利益は、幸せ造りに還元する。というリサイクルが、真のリサイクルではないかと思う。

|

« 夢のある話 | トップページ | しんば賀津也さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/43909541

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用の流動化:

« 夢のある話 | トップページ | しんば賀津也さん »