« 花粉症 | トップページ | 残業 »

2009年3月 9日 (月)

社会性と女性

毎日、いろんなお宅に伺います。突然、連絡もなしに訪問するので、あまり気持ちの良いものではないかも知れません。にもかかわらず、多くの女性(奥さんです)は、笑顔で「大変ですね、体に気をつけてくださいね」と言ってくれます。

男が社会に出て働き、女性は家を守るというようなことをよく言います。(今はそんなことを言ってはいけないのかも知れませんが、そういう時代がありました。)男の場合、会社だったり、経済界だったり、労働界だったり、かなり閉鎖された社会に出て、その一つの社会の中で、自分の世界を作ろうとします。

女性は、地域社会であっても、見ず知らずの人と井戸端会議をし、スーパーの店員と世間話をし、ファミレスやホテルのバイキングのサービスデーで、近所の友達とランチをします。お花や裁縫、エアロビクス教室に通います。
女性の住む世界はどんどん広がるのに対し、男性の社会は、定年で完全に閉じられてしまいます。消防団や祭りの青年団を経験していれば、地域でまた昔の仲間と自治会や老人会が出来ます。しかし、サラリーマンだけを真面目に務めた人はどうでしょう。

どんな人にも笑顔で応対できる。それが社会性です。すぐに友達づきあいが出来る。それも社会性です。難しいことを考えずに、いろんな付き合いをして、勝手な思い込みから脱皮しましょう。自分も含め、世の中の多くの男性が同じ生き方になっているようです。

|

« 花粉症 | トップページ | 残業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44295184

この記事へのトラックバック一覧です: 社会性と女性:

« 花粉症 | トップページ | 残業 »