« 社会性と女性 | トップページ | 原点回帰 »

2009年3月10日 (火)

残業

不況が続き、工場の稼働率も低くなりました。残業もずいぶん減ったようです。今、夕方、6時過ぎから挨拶して歩いています。昨年の12月には、8時になっても帰っていない人が多かったのに対し、最近は6時過ぎには家にいる人が増えています。
昨年までは、不夜城と言われた技術棟も、8時過ぎには窓からこぼれる明かりもだいぶ少なくなっています。

忙しくて大変なのも困りますが、今の状態は寂しくもあり不安でもあります。少しでも早い景気回復が望まれます。

さて、そんな中、国会では経済対策そっちのけで、麻生がどうだ、小沢がどうだ、今度は二階だといったことばかり、マスコミの報道もそんなことばかり。政治家が信頼を失っているのは今始まったことではない。政治家同士が足を引っ張り合うのは、経済政策や社会保障政策、財政危機をどうするか、ということをしっかり議論して、議員の追求は残業か休日出勤をしてやってもらいたい。
マスコミも、通常のニュースをしっかり伝え、政治家同士の問題はバライティを潰してその時間帯でやってもらいたい。

こんなことをやっている間に、どんどん失業者が増えている現状をまず改善してほしいと思うのは私だけではないと思います。
こういう問題にメスを入れるような動きを、地方から発信できれば・・・。

|

« 社会性と女性 | トップページ | 原点回帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44305736

この記事へのトラックバック一覧です: 残業:

« 社会性と女性 | トップページ | 原点回帰 »