« 報徳の歴史 | トップページ | 炭水化物 »

2009年3月14日 (土)

散髪

私は、浜松市東区小池町に生まれ育った。地元の小学校・中学校に通い、高校には行かず、沼津にある工業高等専門学校というところにいった。
そこで散髪の話である。中学校を卒業するまでは、歩いて3分くらいのところに中谷さんという床屋があり、ずっとそこで散髪をした。沼津では寮生活だったし、当時は長髪がはやった時代だったので、半年くらいは散髪をしなかった。そうなると、床屋に行くのが億劫になってしまう。初めての店にはどうも入りにくい。
結局、3年生までは、帰省した時に地元の中谷さんに行っていた。4年になったとき(ちなみに高専は5年制である)に、学校に床屋が出来た。500円でやってくれたように記憶している。それからは学校の床屋に行くようになった。それから、床屋を変えるのがあまり苦痛ではなくなり、私の床屋遍歴がはじまる。

会社に入ってからは「休日出勤の帰りに会社の近くの床屋へ」「出張をした時に、ちょっとホテルの近くにある床屋へ」という具合に・・・。一時は、1000円の床屋に・・・。「QBハウス」だったかな?最近では、市野イオン内にQBハウスが出来て、しばらく通った。
印象的なのは、魚釣りに浜名湖にいった帰りに寄る聾唖の夫婦が経営する舞阪の床屋さん。話はできないが、目で合図をしながら過ごす1時間はなかなか楽しい。

磐田に住んで、どうしようかと考えている時に、たまたま会社OBの奥さんがやっている床屋さんが同じ町内にあることを知った。昨日、「こんにちは}と入ったら、覚えていてくれて、大変ですね?と一言。疲れていたのか寝てしまい、やや失礼をしてしまったが、うまが合いそうな床屋さん。OBの奥さんというのは抜きにしても、これから常連になろうかな?という気持ちになった。これまで、浮気ばかりしていたが、この辺で落ち着くのも悪くないかな?と30年ぶりに思った昨日の1時間でした。

|

« 報徳の歴史 | トップページ | 炭水化物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44346024

この記事へのトラックバック一覧です: 散髪:

« 報徳の歴史 | トップページ | 炭水化物 »