« 残業 | トップページ | インディアカ »

2009年3月11日 (水)

原点回帰

人類は、家族から村、都市、国家へと集団を増やし、繁栄をしてきました。役割分担をして、生命力の弱さを補ってきました。人間はひとりでは、もう生きられません。生きるすべを知りません。社会の中で、分担している自分の仕事の報酬で、自分では得られないものを買うという行為により交換し、何とか生を保っています。

コンピューターが発達し、ますます役割分担が細分化しています。より助け合いが必要なのに、足の引っ張り合いをしている人類。いま起きている金融経済の崩壊は、神様が人類に科した試練ではないでしょうか。

今まさに人類が立ち上がり手を使えるようになり言葉を得ることでコミュニケーションという道具を手に入れ、集団生活を通じて繁栄してきたことを思い起こすべきであろうと思う。

毎日いろんな人と会い話をして、自分の考えを伝え思いを訴え、相手の意見を聞く。この繰り返しをしていて、「労働組合の幹部として今まで何をしていたんだろう」と思います。大衆運動が何なのか?やっとわかり始めたような気がします。いや、まだまだだと思いますが、毎日歩き続けることで、少しづつコミュニケーションの原点が見えてくるような、今の感覚を大事にしながら、明日も歩きたいと思います。

原点回帰・・・ジュビロだけでなく、私を含めみんなに必要な言葉です。

|

« 残業 | トップページ | インディアカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44315936

この記事へのトラックバック一覧です: 原点回帰:

« 残業 | トップページ | インディアカ »