« あいさつ | トップページ | 見付 »

2009年3月25日 (水)

引き際

夕刊で、石川県知事が辞任することを知った。静岡空港の立木問題で、辞任が地権者の自主伐採の条件だったからだという理由のようだ。知事自身はずいぶん悩んだろうと推測される。もし自分が同じ立場だったら、とても正常な心理状態ではいられない状況が1年近く続いていたと思う。

どのような経緯で測量ミスがあり、それがずるずると長引いたのかわからないが、県の行政の体質に問題があるような気がする。

以前、連合静岡の仕事で、何回か、県の担当課と政策要請のための会議に同席したが、解決しようとする意欲、現状を正確に分析しようとする姿勢が感じられなかった。短時間なので、決めつけられないが、印象はそんなところだった。なお、労働局の体質の方がなお保守的な印象。逆に最近の市役所の窓口対応は、どこかの会社の福利厚生窓口に見習ってほしいくらいテキパキしていると思う。

市長や議員など、選挙で選ばれた有権者の代表が、ルールを決める。官僚はそれにしたがって効率的に実務をこなす。ということでなければ、民主主義の社会の秩序は守れない。

やはり、「選挙で選ぶこと」「選ばれた人の役割と責任」というところにしっかりと意思をいれないと、信頼できる社会の運営はできないと思う。そのひとつに、選ばれた人の引き際ということがある。

鈴木市長が、あっさり退任する。麻生総理は、解散しないかわりに、仕事もしない。小沢党首は、グレーな印象をさらに強くしたまま政権交代を狙う。そして石川県知事。いろんな考えがあるしスタイルもある。
しかし、本当に市民・県民・国民の目線で考え決断しているのだろうか?

リーダーの資質とかいう以前に、公僕としての心構えが大切ではないだろうか?と自身にも言い聞かせておこう。

忘れてました。3月議会が終了し、田之上康成、磐田市議会議員が22年の実質的な務めを無事終えました。わが労組・企業はじめての組織内議員として大変なご苦労された田之上さん。本当にありがとうございました。

|

« あいさつ | トップページ | 見付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44465968

この記事へのトラックバック一覧です: 引き際:

« あいさつ | トップページ | 見付 »