« 肩書き | トップページ | 熊野の長ふじ »

2009年4月25日 (土)

マスコミ報道

新聞でもテレビでも、泥酔して全裸で騒ぎ逮捕の事件ばかりを報道している。総務大臣までコメントしていた。日本は100年に1度の不況と言いながら、軽犯罪を追いかけまわしている。格差が拡大する中で、不況を他人事のように感じている人たちも多いのだろうと思う。かくいう小生も、会社で現場を見て仕事の少なさを感じるが、自分自身は収入は少し減ったとは言っても、生活を大きく変える状況ではない。多くの国民が、今の生活を切りつめてということではなく、車や家、レジャーの費用を調整しながらも、日常生活はあまり変化が無いのかも知れない。

マスコミ報道は、一部の情報を必要以上(と思える)に大きく報道することがままあると思う。全裸のアイドルの報道は、その典型であるし、政治家の発言の言葉尻を捉えた報道もやや行き過ぎの感がある。

日本全体を統計的に捉えた客観的な分析をして欲しい。私の支持者は、自動車関連企業の組合員と、弊社グループの社員が中心だ。家庭を訪問し、話を聞いて回っている。経済的に行き詰っているという人はいないようだ。しかし、親御さんの介護をしたり、子育てに苦労している人たちは多い。
自分の感覚からは、経済対策よりも、介護や子育てなどの支援策を充実していくことを優先すべきというように思える。

経済のことは良く分からないが、国民が安全に生活できることが最も重要なことで、経済成長率が幾つになったということに振り回される必要はないと思う。そもそも、経済成長は、お金がどれだけ動いたかを指標化しているに過ぎない。
豊かさは、生産した付加価値の量である。社会の構造が一定であれば、付加価値の増加とお金の動きは等価かも知れない。しかし、現在は社会の構造が変化し続けているのである。経済の動きと付加価値の動きは、必ずしも一致しないのではないかと思う。

マスコミが、これまでの古い指標である経済成長率、国民総支出の変化のみに一喜一憂し、それを記事にして、社会を国民を不安にさせているとしたら、問題があると思う。言論の自由を規制しろという考えではないが、政治家がそうであるように、マスコミも自己中ではなく、国民の目線でものを考え報道する必要があると思う。敗戦から立ち上がった日本人である。経済などに振り回される民族ではないはずだ。マスコミの皆さんにも、国民を励ますような報道をお願いしたい。

|

« 肩書き | トップページ | 熊野の長ふじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44777776

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ報道:

« 肩書き | トップページ | 熊野の長ふじ »