« 街づくり | トップページ | 季節感 »

2009年4月10日 (金)

磐田市の人口

磐田市の人口が、昨年の夏あたりを境に減少に転じたようです。この4月の民族大移動(3月30日に市役所の市民課へ印鑑証明をとりに行ったのですが、転出・転入の手続きでごった返していました。)で、どの様になるか分りませんが、半年で500人程度の人口減少です。

見付や中泉、福田、掛塚、池田、神増、野部などの住宅地や集落を見て回り、高台から磐田を見渡して、都市計画ではなく街づくり計画だな!とあらためて思います。昨日、その考えを何人かの皆さんにお話ししましたが、結構、共感してくれました。

自身の行動スタイルとして、進んでいく方向づけが出来ないと、なかなか力を出せないタイプなので、選挙までには、方向を見つけたいと思っていました。十分ではありませんが、「安心して暮らす・働くための、最低限必要なインフラをまず優先する。それが働く人たちの将来の安心になり、将来に希望が持てれば、景気は付いてくる」という考えを基本認識にして、具体的な事象を当てはめていこうと考えています。

行動の基本は最初からかわらず、「議会制民主主義における議員の役割は、有権者の代表・代弁者。但し自分の意思を持った代弁者であること。市民の目線で現象を捉え、鳥の目・虫の目・魚の目で、分析し提案していけるようにしたいと思います。

人口17万人の磐田市、製造業で働き、自家用車で移動する人が圧倒的に多い街。団塊の世代が多く暮らし、着実に高齢化している磐田市。
夢だけを追わず、そろそろ現実に目を向ける時期が来たと思います。

さあ、今日も元気に行動しよう!!

|

« 街づくり | トップページ | 季節感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/44623302

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田市の人口:

« 街づくり | トップページ | 季節感 »