« 改革の波 | トップページ | 臨時議会が終わりました »

2009年5月18日 (月)

いのちの電話

組織内議員としての前任者から具体的に引き継いだことが2件あります。ひとつは弁護士の法律相談。労働組合の顧問をしていただいている弁護士さんとはずいぶん前から親しくお付き合いをさせていただいているので、これは大丈夫かな?

もうひとつが、「いのちの電話」の理事。これが、何をして良いのかよく分からない。
日本全体で1年間に3万人を超える方が自殺している。それも11年連続で。「いのちの電話」は、そうした自殺や心の病を未然に防ごうと、電話で悩みを聞いてあげる活動だ。ストレスやメンタルの悩みは、とにかく聞いてもらうことが一番である。しかし、聞くことは難しい。いのちの電話を受けるには、約2年間の講習を受けることが必要なのだ。
今の役割から考えると2年間の講習を休まず続けることには無理がある。前任者は、企業や法人から寄付を募ることを中心に活動をしていた。自分もそれを少しでも引き継ごうと思うが、経済の状況が悪く、企業回りは少し腰が引けてしまう。

とはいうものの、せっかくの機会なので、出来ることを探して、少しでも悩んでいる人の力になりたいと思います。

さて、「いのちの電話」では、資金調達のために、毎年チャリティー寄席をやっています。今年は、6月7日(日)13:30~16:00まで 浜松市福祉交流センター(駅の南)大ホールで行います。ちなみに、知る人ぞ知る、浜松出身の「滝川鯉昇」と熱海出身の「入船亭扇遊」の共演です。前売りは2000円。これを読んだ方で興味がおありでしたら是非どうぞこちらまで⇒matsuno-genki@nifty.com

|

« 改革の波 | トップページ | 臨時議会が終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/45057561

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの電話:

« 改革の波 | トップページ | 臨時議会が終わりました »