« 新しい県知事 | トップページ | 静岡第3区総支部長 »

2009年6月13日 (土)

新市長

昨日から6月議会が始まりました。初日は、市長の所信表明。基本的に選挙公約通りの演説でした。軸がぶれないと言えばその通り。欲を言えば、もう少し一つひとつの政策に突っ込んだ認識を示してほしかったこと、及びビジョンになる、住む人に「あたたかさ」来る人に「おもしろさ」産業・雇用に「力強さ」を、具体的にイメージ出来るものが欲しかったな?

しかし、ここのところは、私たち議会と討論しながら作り上げていくものでもあるので、24日からの一般質問で、「産業・雇用」「少子高齢社会」「行政改革」という、私の目指す政策を中心に意見交換し、市民といっしょに行動できるように、クリアにすることが出来ればと思います。

さて、市長の演説の要点は、すでに新聞に載っていますが、下記しますので、参考にしてください。質問の草稿を作っていたので、残念ながら、新聞よりも遅れてしまいました。

【環境認識】
100年に一度と言われる経済危機、地域社会や市民生活が大変な厳しさに直面。
改革はまず市役所から、改革で生まれた財源は市民サービスへ。
合併した5市町村の信頼関係構築が重要

【政策の基本】
変えよう磐田を目標に、住む人には「あたたかさ」を、来る人には「おもしろさを」、産業・雇用には「力強さ」のまちづくり。

【7つの約束】
①ものづくり技術で産業振興。環境産業を応援。そのためにまず民間企業と会話。
②「市長の姿勢」市民が痛みに耐えているから、自分にも厳しく「市民第一・現場第一・行動第一」の姿勢を示す。その形として、市長の給料の30%カットなどを断行。
③ハコモノ行政の原則ストップ、情報公開、市民にわかりやすい透明性のある市役所
④小学校6年生まで、入院費500円に。父子家庭への支援、小中一貫教育検討。
⑤在宅介護手当の創設
⑥中小企業への制度融資、勤労者の住宅支援の拡充。
⑦ジュビロ磐田の支援は、子供たちのジュビロ応援を支援。

【実現に向けて】
全職員とのミーティングから、課題を明確にし、一つひとつ解決。職員と一体になって実現の検討をする。

|

« 新しい県知事 | トップページ | 静岡第3区総支部長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/45324919

この記事へのトラックバック一覧です: 新市長:

« 新しい県知事 | トップページ | 静岡第3区総支部長 »