« 市民の目線 | トップページ | 小規模特認校 »

2009年7月15日 (水)

行財政改革進行管理委員会

磐田市の行政改革のアドバイザーシステムは、審議会ではなく進行管理委員会といいます。私も不勉強で、本日初めて知りました。

メンバーは、「大学学長」「研究機関元理事長」「商工会議所会頭」「金融機関役員」「民間企業役員」「税理士」「労働組合代表」「自治会代表」「男女共同参画センター代表」「県職員」です。

過去、どの様な雰囲気だったかわかりませんが、委員から質問や意見がたくさん出され、活発な会議という印象です。

ただ、委員会の役割として、「市の検討状況を報告して意見をもらう」と言うような位置づけと思いますので、委員の方は消化不良、行政の担当者はプレゼンをどう切り抜けるか?といった側面もあるように感じました。

今後は、諮問をし答申を受ける形の委員会をあらためて立ち上げるようです。これまでの経過は、しっかり整理してもらい、次の諮問に期待するとともに、議会としても、そこに魂が入るような協力をしていきたいと思います。

磐田市行財政改革進行管理委員会は、本日、7月15日、13時30分から、21年度の第1回が開催されました。市民に対し公開会議なので、ホームページなどで、報告がされると思います。是非、意識しておいていただければ幸いです。

|

« 市民の目線 | トップページ | 小規模特認校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/45644955

この記事へのトラックバック一覧です: 行財政改革進行管理委員会:

« 市民の目線 | トップページ | 小規模特認校 »