« 行財政改革進行管理委員会 | トップページ | ジュビロード祭り »

2009年7月17日 (金)

小規模特認校

Photo_2豊岡支所へヒアリングに行った後、豊岡東小を見学させてもらいました。この小学校は、小規模特認校という指定を受けていて、小規模校の特色を活かした教育を希望する方に、学区以外からも入学を募っています。
現在、2名のお子さんが通学圏以外から、通っています。

Photoまた、1学級が8人以下の場合には、複式学級という、ふたつの学年が同じ教室で同時に学ぶことも行われています。

この学校は、全校生徒が58名で、2年生と3年生が6人づつなので、2、3年生が同じ教室で学びます。強化によっては別々に授業を行うので、当日は一緒に授業を受けているところは見ることが出来ませんでしたが、雰囲気は分かりました。というのは、黒板が教室の前と後ろの両側にあるからです。

少人数での授業は、先生との距離が近く、家族的な雰囲気もあって、優しく思いやりのある大人に育ってくれるような感じがします。刺激が少ないので、月に一度は、大きな小学校に行って、共同授業を受けるようにしているそうです。これは、中学校に上がった時、気後れせず自然に溶け込める効果もあるようです。学区外から通学しているお子さんは、少し体が弱かったそうですが、目に見えて元気になっているようです。

Photo_3ちょうど給食の時間になりましたが、食堂で学校全員がそろって昼食を食べます。校長先生も日替わりで学年を廻り一緒に食べます。また、校長先生は学校新聞を作っています。新聞を作るためには、現場をしっかり見て、児童はもちろん先生方との会話もしっかりしないと出来ないとおっしゃられていました。「この学校にこの先生あり」という感じですね。

少子化の問題、そして過疎、成熟し腐敗する社会、子供たちの未来、未来を生きる子供たちの教育、今そのために何をすべきか?課題は多く、難しいと思いました。

夕方から、先輩前議員のTさんが、会社を定年退職するということなので、会社総務の送別会がありました。37年間の会社人生、5年間の労働組合、そして大変な22年間の議員生活、お疲れ様でした。

私は歩きだしたばかりですが、   若者、子供のために、精一杯頑張りたいと思います。

|

« 行財政改革進行管理委員会 | トップページ | ジュビロード祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/45655069

この記事へのトラックバック一覧です: 小規模特認校:

« 行財政改革進行管理委員会 | トップページ | ジュビロード祭り »