« 議会初日 | トップページ | 行政の幅 »

2009年9月 9日 (水)

当局の説明

9月7日・8日と議案の説明がありました。今、9月議会の目玉は二つです。

ひとつは補正予算、市長の公約である
①市長交際費のカット②国分寺資料館・大久保市営住宅の建設・北口前広場整備の凍結
です。
ふたつめが、20年度決算です。

提案を聞いても、決算書を見ても、なかなか問題点が明確になりません。(当局も決して問題点を明確に説明するようなことはしません)

市長の言葉によれば、景気が良く財政状況が比較的潤沢な合併後の4年間に大型事業をやりすぎたので、日常的な事業、特に生活に密着した事業に廻す予算がない。ということです。
財務諸表の、行政でいう健全化指標?は悪くないのです。どこかの企業も先を甘く見た過剰投資で苦しんでいます(ここは経常赤字になってしまったので顕在化しています)が、どうも、同様の状態です。

個人的な意見は、もっと大胆に事業を凍結したり、中止したりしても良いように思うのですが、地域との合意、国や県の補助金など、関係するところとの調整に失敗すると、市民全体が不利益になることに成りかねないようで、継続している事業については、慎重な対応が必要だということです。

具体的な事象について、一つづつ、分かり易く説明したいのですが、まだまだ知識不足、経験不足のようです。議案が30もあり、分からないことだらけで、やや焦り気味な心境ですが、すべて出来るわけではないので、全体が漠然と見えてきたところで、狙いを定め、深く突っ込んでいきたいと思います。

|

« 議会初日 | トップページ | 行政の幅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/46166776

この記事へのトラックバック一覧です: 当局の説明:

« 議会初日 | トップページ | 行政の幅 »