« 秋は文化 | トップページ | 久しぶりの献血 »

2009年10月15日 (木)

参議院補欠選挙

参議院の静岡県選挙区補欠選挙に民主党から、医師の土田ひろかず氏が立候補。全く接点のない人で、今日、遊説のため福田にこられ、初めて話を聞くことが出来ました。
写真や政見放送を見る限り、話はうまくないし無愛想な感じなので、実は心配していました。しかし、生で話を聞くと、確かに冒頓で話し方も演説とは程遠いのですが、医療と介護の問題について的確に指摘し、その改善に対する方向性を情熱的に語るその雰囲気からは、信頼できる印象を強く持ちました。

全県下が選挙区なので、土田氏が磐田に来るのはこれでほとんど最終です。自分は政治に携わっているので、国会・県会問わず様々な人の話を聞くことができ、直接お会いする機会もあります。
しかし、ほとんどの人は新聞やテレビ報道のみの情報で投票を決めることになります。政権交代、行政改革と今、政治が変わろうとしていますが、人の噂も75日で、しばらく立つと政治に飽きてしまうかも知れません。そんな気がします。

政治はブームになったり飽きたりするものではなく、生活そのものでなければ、民主主義の社会は成り立ちません。
政治は、市民・国民みんなのもの、政治家はその道具のひとつに過ぎません。本当の改革は、市民・国民の皆さんの意識改革かも知れませんね。
私も、政治を身近に感じられるよう、自分の出来ることを着実に進めたいと思います。

それにしても補欠選挙はいただけません。せめて補充選挙に出来ないものでしょうか?

|

« 秋は文化 | トップページ | 久しぶりの献血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/46494946

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院補欠選挙:

« 秋は文化 | トップページ | 久しぶりの献血 »