« 議会は戦い | トップページ | 市町村駅伝 »

2009年12月 4日 (金)

議員の仕事って?

今日、議会の一般質疑が終わり、議案は各委員会に付託されました。と書いても市民の方には何のことか分かりませんね。

議案の審議ですが、「市長からの議案の提案:趣旨説明」⇒「当局からの提案内容の説明」⇒「休会」⇒「一般質疑≒提案内容の質疑応答」⇒「委員会で集中議論」⇒「委員会の採決」⇒「本会議:委員会の結果報告」⇒「本会議:委員会報告を受けた質疑」⇒「本会議:討論≒賛成反対の意見表明」⇒「本会議の採決」という流れになります。

日本の議会は、委員会主義といって、専門委員会において少人数で集中して議論をし、そこで結論を出します。その結果を本会議にかけて、全員で賛否を判断するわけですが、専門的に議論した委員会の結果が尊重されます。

ということで、来週は委員会が開催され、テーマを分けて論議する訳です。議案の可否については、来週その大筋が見えてくるということになります。

提案された内容が市民にとって良いのか悪いのか?が判断基準だと思いますが、現在、将来という時間軸や利害関係者がそれぞれ違うので、これがなかなか難しい。

今日の質疑も、勉強のつもりでメモを取りながら、何を判断基準にしたら良いか考えていました。が、実際はなかなか釈然としません。

質疑に立たれた議員(ベテランが多かったのですが)同じように、判断基準に迷っているためか、議案によっては、様々な角度からの質疑を繰り返していました。

そんな問題意識から今回は、それぞれの議案にどんな判断基準を持って判断したかについて記録しておこうと思っています。

そんな議会が終わり、夕方からは「交通安全会連合会磐田支部見付地区会議」に出席しました。初出席です。見付地区には、26町の自治会があり、それぞれから代表の方が出席しています。8割程度の出席率。数年前は半分も来なかったようですが、だんだん意識が高くなったとのこと。

交通安全の音頭取りは、見付地区の慣習として議員がやってきたということです。現在は幸町のM議員が進行役をしていますが、次は私の番とのこと。議員にはこういう役割もあるんですね。

年配の方も多く、課題や要望などの生の声が聞ける機会と受け止め、これはこれで楽しくやっていこうと思います。

|

« 議会は戦い | トップページ | 市町村駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/46935892

この記事へのトラックバック一覧です: 議員の仕事って?:

« 議会は戦い | トップページ | 市町村駅伝 »