« 代表質問 | トップページ | 議員の仕事って? »

2009年12月 3日 (木)

議会は戦い

11月定例議会の代表質問・一般質問が今日で終了し、明日から議案審議が始まります。
市議会の定例議会は、労働組合の定期大会が1カ月あると考えれば分かりやすいと思います。もちろん、議案は多く、考え方の違う議員の集まりですから、同様ではありませんが、流れは同じです。

「議会運営委員会」は、「議事運営員会」です。私は「新磐田」から議会運営委員会の委員に出ています。今日は、意見書を取り上げるかどうかについて審議をしました。

意見書の審議になると、委員長が休憩を宣言。なんだろうと思ったら傍聴の方が入場しました。すると、ベテラン委員の表情が変わり、論理的に積み上げた厳しい発言に変わったのです。残念ながら自分は、法的な解釈も含めたその論戦に加わることはできませんでした。

今、権力は選挙で奪い合います。これまでも厳しい論戦をしてきたように思っていましたが、同じ労働組合同士であり、経営との交渉も同じ会社の中の論戦でした。

「議会は戦いの場」という意識がなかった訳ではありませんが、改めて、気持を入れなおして、これからの議会に臨みたいと思います。
今日の意見書は勤労者の生活を左右するものとは思いませんが、いつ何時、勤労者の生活を左右する論戦をしなければならないかも知れません。また、市民の傍聴者が観ているということは、一部であっても市民から直接評価されているということであるということも念頭に焼き付けておきたいと思いました。

|

« 代表質問 | トップページ | 議員の仕事って? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/46928064

この記事へのトラックバック一覧です: 議会は戦い:

« 代表質問 | トップページ | 議員の仕事って? »