« 会派の広報紙が出来ました | トップページ | 林業 »

2010年4月 9日 (金)

家事は生活の基本

家事をしていると認知症になりにくいそうです。ある文献で読んだ内容ですが、これは事実と思います。

3月の中旬から、妻が筋膜炎で動けなくなったため、食事、掃除、洗濯、ゴミ出し、買い物、と家事をすることになりました。それぞれをたまにはやっていたので、出来ないことはありませんが、毎日すべてをやって仕事に行く、と言う大変さを思い知りました。

議員と言う仕事かつ2月議会の予算審議も終わったあとだったので、何とかやっていますが、議会中もしくは普通のサラリーマンだったとしたら、とても出来るものではありません。

ある一日の行動を書いてみますと、朝6時起床、まずは洗濯物を洗濯機に入れ着替えて顔を洗い新聞を読みながらトイレを済ますと、朝食の準備、朝食を取りゴミを出し、洗濯物を干して8時仕事に出かけます。
12時過ぎに帰ってきて、昼食を用意しながら風呂を掃除。食事をしすぐに出かけます。夕方6時過ぎに買い物を済ませ帰ってくると洗濯物を取り込み、夕食の準備・夕食、風呂を沸かしてます。一段落しながら洗濯物をたたんでやっと落ち着き、議会の資料などを見て、ブログを書くともう11時。
という感じです。これは、まじめな一日で、マクドナルドのときも、弁当を買ってくる時もありますが、本当に主婦は大変だと思いました。

一方で、一日のスケジュールを頭に描きながら行動しないと無駄が多くなり、特に朝の1時間ちょっとで家事を済ますのは本当に頭を使います。認知症対策になるはずです。

結婚して一度退社し、子供を育ててから再雇用で働いている女性が会社でも即戦力になっている理由が分かります。彼女たちは複数の仕事を頭で組み立てながら早くこなす技を身につけています。
さらに、少しくらいさぼっても、出来高に大きな影響を及ぼさない技を持っています。

家事は生活の基本であり、すべての仕事のもとですね。と思いながら、大変さをまぎらわしている今日この頃です。

PS 妻の怪我もだいぶ良くなってきました。ほっとしています。

|

« 会派の広報紙が出来ました | トップページ | 林業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48040827

この記事へのトラックバック一覧です: 家事は生活の基本:

« 会派の広報紙が出来ました | トップページ | 林業 »