« 参議院議員選挙 | トップページ | 心のスイッチ »

2010年4月22日 (木)

サイレントマジョリティー

P1010338 会派新磐田の議会報告会も21日で4か所目になります。やや緊張感に欠けた所も(自分だけと思いますが)出てきたように感じます。反省して今回最後の22日豊岡総合センターでの報告会に臨みたいと思います。

20年ほど前、尊敬する先輩から「サイレントマジョリティー」ということを学びました。それから自分の行動の基準として、心がけのひとつにしています。

「何か行動を起こしたり、提案があったりした時に、すぐに反応し声をあげる人がいる。その場合、一般的には特別に思いがあったり、ある一部の利益に反したり、世論を誘導し優位に立ちたいと考えたりと、言うものが混じっているので気をつけなさい。大衆は、むやみに声を上げないものだよ。その声なき声に耳を傾けて行動しないと、皆のためにならないよ。」

ということだったと思います。議会報告会に来られる方々は、”新磐田として最初に開く報告会ということもあるとおもいますが”ほとんどが、市民団体のリーダーや自治会、老人クラブで役員をしている人、あるいは労働組合のリーダーです。

すばらしい意見や提案をいただき感謝です。が、ふと「サイレントマジョリティー」を思い出しました。市民の多くは、日々の生活や仲間との活動に精一杯で、そんなに物分かりがよかったり、自ら動こうとはしないはず!

もちろん、これまでいただいたご意見やご指摘を活かして活動していきますが、さらに様々な市民の意識や実態を肌で感じながら、地方政治家としての政策に取り組むことが必要では?と思っています。

あらためて職場に入り、家庭を回ってみたいと思っています。

|

« 参議院議員選挙 | トップページ | 心のスイッチ »

コメント

職場での懇談会で、一人声の大きな人が居るとそのグループ全体の意見がそちらに流れて行く・・・と言う経験をよくします。
個人個人がしっかりとした意思、考えを常に持っている事が大切だと思います。

投稿: Mr ・ K | 2010年4月28日 (水) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48150441

この記事へのトラックバック一覧です: サイレントマジョリティー:

« 参議院議員選挙 | トップページ | 心のスイッチ »