« かっこちゃん:その2 | トップページ | 古代カルタゴとローマ展 »

2010年5月19日 (水)

エコの時代

Photo 昨日の中日新聞に「エコカー実用化へオール浜松”発車”という記事がありました。時代はエコロジー。電気で動くエコカー、そしてそのインフラ整備です。

人類は、石炭・石油を中心とした化石燃料を発見してからエコロジーを忘れ、長い間過去のエネルギー遺産を浪費してきました。

人間が使っているエネルギーの元は太陽です。太陽の熱を浴びて蒸発した水が雨となり川となって水力発電をし、太陽熱により暖められた地表の対流で風が吹き風力発電が出来ます。石炭や石油は、太陽を浴びて大きくなった何億年も前のエネルギーが地中に蓄えられていたものです。先祖が残してくれた遺産です。人類は億年単位の太陽エネルギーの蓄えを100年余りで使い尽くしているのです。CO2の影響以前に、地球の温度が上がるのは当然かも知れません。

地球の今の環境を長続きさせるためには、化石燃料を使うことを出来るだけ早くやめて、現在の太陽エネルギーを効率的に使うことの方が、まちがいなく良い方向と思われます。(なお原子力については良く分かりませんので悪しからず…)

豊田佐吉と本田宗一郎を生んだ遠州の地で、今度はエコな交通手段を発信出来るとうれしいですね。
研究機関は「はままつ次世代環境車社会実験協議会」という名称のようですが、浜松市だけでなく、周辺の都市や学校、企業をオープンに巻き込んだ将来の発展につながる成果を期待したいと思います。

|

« かっこちゃん:その2 | トップページ | 古代カルタゴとローマ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48403307

この記事へのトラックバック一覧です: エコの時代:

« かっこちゃん:その2 | トップページ | 古代カルタゴとローマ展 »