« わっしょいフェスタ | トップページ | かっこちゃん:その2 »

2010年5月16日 (日)

かっこちゃん

かっこちゃんこと山元加津子さん講演会を聴きました。「大好きはうれしい」「きらいはかなしい」神様が私たちにくれた宇宙の法則です。

Photo 山元さんの講演は、自分の体験を語るだけなのに説得力があります。考え事ばかりでボーっとしていた少女が、養護施設の先生になり、子どもたちと心と心の付き合いをして、障害を乗り越えさせていく、たとえ乗り越えられなくても生きていて良かったと思えるそんな気持ちにしていくのです。

経験だけでなく、誰でも楽しく生きる法則を見出していく。そんな話でした。一度聞かないと「なんのこっちゃ!」かも知れませんが・・・。

<特別支援学校の生徒が書いた詩を一節>
さびしいときは心の風邪です。せきしてはなかんで、やさしくしてたら一日でなおる”何か感じませんか?

<もうひとつのエピソード>
しゅうくんは肉以外食べない子です。肉以外を食べると息が出来なくなり倒れてしまうのです。ひどい時は救急車で運ばれてしまいます。若い男の先生が何とかしたいと、ある日、じゃがいもを食べさせようとしました。しかし、しゅうくんは倒れてしまいました。次の日、「大好きはうれしい」「きらいはかなしい」という話をした。その後にしゅうくんは「かっこちゃんは、ぼくがきゅうりをたべるとうれしい?」と聞きます。かっこちゃんは「うれしいよ」と答えます。かっこちゃんがその後会議に行って帰ってきたら、しゅうくんは、ひとりできゅうりを食べようとしていた。口に入れようとすると息が苦しくなるのではなし、また口に入れる。の繰り返しです。そうです。かっこちゃんに「うれしい」と言ってもらいたいために一生懸命がんばります。そして、その日の最後に一口食べて満面の笑顔。その次の日は二口、次は…。とうとう食べられるようになりました。

人が人に気持ちを伝えるのは言葉ではありません。相手を好きになり一生懸命にならなければ本当の気持ちは相手に伝わりません。先生も生徒もありません。人と人は相手を好きになり、教えあい、学びあうだけなのです。

という山元教(とスタッフの方が言っておりました)の教えでした。心に沁みます。

|

« わっしょいフェスタ | トップページ | かっこちゃん:その2 »

コメント

「人と人は相手を好きになり、教えあい、学びあうだけなのです。」
あの講演会を聞いて
こんなにも優しいブログを書いてくださっている松野さんの事、大好きになりました~(笑)
これからも、街じゅうに優しい気持ちを
伝染させて下さいませ^^v
私も自分の出来る所で、しあわせの種を
いっぱい撒こうと思っています☆


投稿: 福田 | 2010年5月17日 (月) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48375070

この記事へのトラックバック一覧です: かっこちゃん:

« わっしょいフェスタ | トップページ | かっこちゃん:その2 »