« 福田漁港まつり | トップページ | 変えよう磐田 »

2010年5月24日 (月)

リーダーシップ

TVを見ていると、コメンテーターなるものが登場し、芸人から総理大臣まで取りあげて、とにかくダメ出しをします。雑誌にも鳩山総理…という記事がのらない日はありません。

これまでも今も、自分たちのリーダーをこの様に、こき下ろす国民から次のリーダーが生まれてくるのでしょうか?不安になります。

どんなリーダーであっても一人では何も出来ません。本田宗一郎の技術に藤沢武夫の経営がなければ世界のホンダは生まれなかったと言われます。

完璧な人間はいません。欠点を補いながら組織をリードしていくためには、担がれる人と担ぐ人が必要。リーダー役を立てて補佐していく人が重要です。情報社会においては、リーダーだからと言って情報量が多いとは限りません。多くの情報から、必要なものを選択し、リーダーに提示する役割も重要です。

初めて人口が減少する経験を私たちはしています。初体験の危機を乗り切るためには、日本国民がベクトルを合わせ協力していくことが必要です。今のように、足を引っ張り合っていては、経済も社会秩序も壊れてしまいます。

日本の現状を自分の事のように思い、自ら努力する日本人が増えていくことが、これから2050年までの人口減少社会の危機を乗り切る唯一の方法かもしれません。

崖っぷちになると神風のおかげで救われるという過去の過ちを繰り返さないように、余力があるうちに、将来に備える賢い選択をしたいと思うのは私だけではないと思います。

「人を責めず人に頼らず、助け合い補い合う」地域社会から行動していきましょう。

|

« 福田漁港まつり | トップページ | 変えよう磐田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48449264

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップ:

« 福田漁港まつり | トップページ | 変えよう磐田 »