« 磐田のまちづくり | トップページ | 6月議会 一般質問 »

2010年6月15日 (火)

重症心身障害児・者へ朗報

今日の中日新聞に、重い心身障害児・者 楽しみづくり支援、と題した記事が載っていました。おおふじ学園が7月から新たに重症の心身障害児・者の通所事業を始めることになりました。

Photo_2 磐田市をはじめ、この中遠地域は、相対的に重症の方の施設が少なく、浜松の施設に通っている方も多いと言う現状です。

本来であれば、地域における障害者の実態をきちんと把握し、広域で必要な支援策を考えていくべきと思いますし、送り迎えをする家族のご苦労を考えれば、出来るだけ均等に障害者施設を整備するべきと思います。しかし現状は、半官半民の状態、民間の方の熱意が行政を動かして、充実を進めているといっても間違いではないようです。

菅首相のおっしゃる「最少不幸」の実現に向け、一歩〃の努力が大切です。

|

« 磐田のまちづくり | トップページ | 6月議会 一般質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48640277

この記事へのトラックバック一覧です: 重症心身障害児・者へ朗報:

« 磐田のまちづくり | トップページ | 6月議会 一般質問 »