« 6月議会 一般質問 | トップページ | 磐田市の事業仕分け »

2010年6月21日 (月)

マニュフェスト

参議院選挙用に、民主党が新しいマニュフェストを創りました。印刷物が手元にないのでウェブからコピーしました。

Photo 内容は、先日の菅首相の所信表明をマニュフェスト化したものだけに、私としては共感します。強い経済の中で、相変わらずGDPの成長率を挙げていることを除けば、従来型の公共事業は皆無、産業構造を環境や医療・介護・農業・観光などを重視したものへと転換する考え方を打ち出しています。

Photo_2 強い財政は、まず「中期財政フレーム」という概念が良いと思います。これまでの行政には、長期・中期の計画はあっても、財政的な裏付けのないものでした。財政が明確でないものを計画とは言いません。そういう意味で、実現すれば、少し将来が見える考え方と思います。

政治と金、普天間でドタバタした後遺症か、財政の後が政治改革、その後が外交・安全保障です。社会保障がやや控えめな表現になっていますので、ここは今一…。

そして、最後に付け足しのように郵政改革が来ています。これも理念が分からない。国会に提出した法案を通すことがマニュフェストになっていて残念な部分です。

共感すると言いながら、個別政策では今一というコメントになってしまいました。現実を考えるとやむを得ない事情もわからないことはありませんが、民主党には、もっと理念を前に出してほしいと思います。

私は市議会1年あまり、民主党を中心とした政権は、まだ1年たっていません。急がば回れで、しっかり地に足のついた政権運営を期待したいと思います。

|

« 6月議会 一般質問 | トップページ | 磐田市の事業仕分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48688463

この記事へのトラックバック一覧です: マニュフェスト:

« 6月議会 一般質問 | トップページ | 磐田市の事業仕分け »