« 水曜日のおべんと箱 | トップページ | 散歩は議員のビタミン »

2010年6月 8日 (火)

最少不幸が政治の役割

菅内閣が誕生し、今日の夕方、記者会見がありました。移動中の車の中で、声だけの冒頭演説を聞きました。

小沢外しとか小沢隠しというような報道や、民主党支持率のV字回復など、報道のネタには事欠きませんが、菅総理冒頭の「政治の役割は最少不幸である」という理念に共感しました。幸福を追い求めるためには自由があれば良い。あとは個人の責任。不幸な人を社会から無くしていくことが政治の役割である。ということです。

何回か聞いたことがあるフレーズですが、実は議員になってからは初めて聞きました。ちょうど今、6月定例議会の一般質問を考えていました。それも、障がい者福祉について思いを巡らせているところだったので、心へ素直に入ってきたのかも知れません。

五体満足で働く意欲さえあれば、何とか食べていける社会をつくること、その上で社会的な弱者といわれる人たちへ、それぞれの個性に応じた後押しをすることが、最低限の政治の役割なんだと思います。

理念ですから、もちろん現実には、その通りいかない様々な課題があります。しかし、あまりにも行政に頼りすぎている部分があるのも確かだと思いませんか。税金を上げるか、助け合いを基本とする社会を目指すか?日本人として決断すべき時が近づいていると感じます。

|

« 水曜日のおべんと箱 | トップページ | 散歩は議員のビタミン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/48578065

この記事へのトラックバック一覧です: 最少不幸が政治の役割:

« 水曜日のおべんと箱 | トップページ | 散歩は議員のビタミン »