« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

磐田市産業交流会

1 磐田市で初めての産業交流会が開かれました。ワークピアのホールが満席になる大盛況。内容は必ずしも十分とは言えませんが、基調講演で趣旨が伝わったことと、それなりに交流が出来ていた雰囲気から、初回としてはまずまずといったところ。大事なのは2回目ですね。

地域経済の活性化と一口に言いますが、なかなか難しいように思います。経済はグローバルにつながっていて、そこから地域だけを取りだすという訳にはいきません。トマトの鈴木さんは、すばらしいトマトを栽培していますが、磐田にはニーズがなく、主に東京に送っているとのことです。

これまで輸送用機器を中心に経済の活性化をしてきた磐田市ですが、磐田で生まれた工業製品は地域で消費されることなく清水港から世界に輸出されてきました。
磐田には雇用と企業収益が生まれます。しかし、それを支えているのは世界のユーザーです。

一方、地域で消費するものを地域で生産する。すばらしく安定的ですが、需要・供給ともに限りがあります。

全国・世界に発信し、利益を地域に還元できる産業と、地域の生活需要を安定的に支える産業の双方のバランスが重要と考えます。

磐田市は、高度成長時代からこれまで、工場誘致の成果により、利益を地域に還元できる企業に支えられてきました。しかし金融経済の台頭による弱肉強食とも思えるグローバル経済下の競争が先進国と発展途上国の間で繰り広げられる中、地域に暮らす市民の安定した生活をこれからも続けていくためには、一定以上の安定した循環出来る地域経済が必要と思います。

そう思っている中で開催された本日の産業交流会は、農業33団体、商業28団体、工業40団体、その他60団体、計161の企業・団体が参加して行われました。関心の高さが伺われます。
こうした、交流をきっかけに、連携や提携を深めて、地域の需要にしっかり対応するとともに、全国・世界の新たなニーズに対応できる商品の育成につなげていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

㈱飯田まちづくりカンパニー(その1)

それは、ビルに囲まれた飯田市中心街の真ん中にありました。明治・大正の面影を残すナマコ壁の土蔵の中にありました。まちの真ん中に土蔵があるのもびっくりですが、そこに㈱飯田まちづくりカンパニーなるものと、子育て支援センターがあるという、これまた想像を超えたまちづくりを見てしまいました。

実は、急に思い立って長野県の南、天竜峡がある飯田市の中心市街地を見に行って来たのです。多くの人に磐田駅前が寂びしい、何とかしてほしい。という声を聞くことが多く、6月議会でもまちづくりについて(ディテールでしたが)一般質問をするなど、自分なりに模索している、そんな時に、まちづくりと見付天神裸祭と題した、裸祭保存会主催のワークショップに参加することが出来ました。

祭りの話と思って参加させていただいたのですが、思いがけなく、講演のひとつである高野山大学客員教授の高橋寛治氏の「まちづくり道」を聴くことが出来ました。
そうです。高橋さんは元々飯田市の職員、30年も前から中心市街地の活性化に取り組んできた方なのです。

Photo*写真はりんご並木という飯田の皆さんが国道バイパスの計画をやめ、作ってしまった中心市街地の公園です。
高橋さんは「経済の問題とどう距離を置くか?先進地のまねをしない。自分のところは自分で考えるしかない」とおっしゃっていましたが、それでは飯田市の中心市街地は本当に市民の力で活性化してきたのだろうか?その疑問が頭から離れず、昨晩と今日、飯田市に行ってしまいました。

詳しくは報告書を創ろうと思いますが、二つの感動がありました。
ひとつは、昨晩、夕食を食べようとパンフレットで見た安くておいしそうな焼き肉屋さんに入ろうとしたところ、予約で満員ですと断られたことです。飯田市は10万人のまちですが、覗いた限り、どの店もそこそこ人が入っていることに感動です。(平日の水曜日ですよ!)

ふたつめがこのタイトル、今日、昨夜見つけたナマコ壁の土蔵にある㈱飯田まちづくりカンパニーへ行って見ました。突然アポイントもなしに「教えてください」の訪問でしたが、身分と理由を話すと、奥から取締役事業部長の肩書!Mさんが現われ、「行政はあてにならんから皆でやってきたんだ」と開口一番、前出「高橋寛治さん」と同じトーンの話です。聞くと、商店街の5人の有志で始めたそうで、商業者、企業、金融機関、商工会議所、市民が主な株主で、一応行政にも少しだけ資本参加してもらっているという調子です。
区画整理ももちろん組合でやったそうで、現在このカンパニーでは、不動産業務からテナント管理、スーパーの運営、飲食店の運営、福祉サービスからイベントの企画運営、さらにはまちづくり調査研究の請負、コンサルティング業務まで行っているとのことです。
もちろん、都市計画などの法的な対応や条例整備など行政の力も必要ですが、あくまでも具体的な企画運営は市民が行い、行政は後方支援ということの様です。

今日はあいにくの大雨でしたが、飯田市に感動をもらってきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

小児科を守る会

H221_2 世の中には想像できない様なことが、ままあります。24日の「地域医療を考える」講演会の基調講演のⅡ、「県立柏原病院の小児科を守る会」の取り組みは、久しぶりに私の脳を大きく揺さぶってくれました。

兵庫県の丹波市という人口11万と少しの市にある県立柏原病院は2007年4月、小児科医2名のうち一人が院長に就任したところ、残った一人が辞意を表明。衝撃を受けた市民は、記事を書いた記者が呼びかけた座談会に集まりました。

病院の責任を追及する声が上がる中、一人の主婦が「深夜の夜間救急で子どもが治療を受け、その時に気づいた夜間救急のあと、そのまま次の日の診療に向かう小児科医の姿」を体験談として語り、小児科医を攻めたらあかんという気持ちを会場に集まった人たちに伝えました。

それが集まった市民の気持ちを「小児科医が減っていくのは住民にも責任がある、小児科医を守る活動をしよう」という方向に変えることになりました。

子どもを持つ主婦が中心となって市民運動が始まりました。彼女たちは、県に対し柏原病院の小児科医を確保するための署名運動を進める一方、市民への呼びかけを始めたのです。それは、

①コンビニ受診をやめてかかりつけ医にいこう
②お医者さんに感謝の気持ちを伝えよう

というシンプルだが、暖かい気持ちのこもった内容です。そして、小児科外来窓口に「ありがとうポスト」を設置。集まったメッセージを廊下に掲示したあと、アルバムにしてお医者さんに贈っています。

そうした活動が行政はもちろん、医師の気持ちを動かしました。現在、県立柏原病院の小児科には4人の先生が働いています。しかし、小児科以外ではまだまだ医師不足は続いていますし、日本全体として意志が少ない状態であるため、ちょっとしたことで医師不足になる状況からは変わっていません。

「兵庫県立柏原病院の小児科を守る会」では、子育て世代向けの「ママのおしゃべり救急箱」という活動に力を入れています。
地域医療を身近に感じてもらうことと合わせ、医療がかならずしも万能ではなく、子供や環境によってうまくいくこともそうでないこともあるという不確実性を持っていることを知らせ、医師に過大な負担を掛けるのではなく、医者と市民が一緒になって地域医療を推進していく活動を進めています。

守る会の会長をしている丹生さん(普通の主婦の方です)は、「住民と医療者(医者や看護師のことです)は鏡のような関係です。どちらかが良くなると、もう一方も良くなる」と、活動を振り返りながらおっしゃっていました。

ひとりの医者が一人前になるのには10年かかるそうです。今、医者を増やすために医学部の定員を増員しても、人数として増え始めるのは10年後ということです。医者だけが医療者ではなく、看護師や医師の支援をする事務体制も含めた病院の強化が必要になると言われています。
私たち住民も、かかりつけ医と総合病院の正しい使い方をすることはもちろん、日頃の健康管理が重要です。

医療を考えることは、これからの地域を考えることになります。心が動く素敵な講演会でした。主催者と講演していただいた方々に感謝です。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

全日本高校女子サッカー大会

朝のジョギングがだいぶ日課になってきました。が、今年の暑さはなかなかです。例年ですと、この時期になれば朝夕は風が涼しいと思うのですが、朝から湿度が高く、ジョギングの後シャワーを浴びて着替えた後、また汗が吹き出してしまいます。

Photo こんな熱い夏に、全日本女子サッカー選手権大会が磐田市で行われます。合併を機に誘致をしたものですが、今ではだいぶ定着して地元の皆さんも心待ちにしているようです。
磐田東高の女子サッカー部も力をつけて今年も東海大会3位入賞し、昨年に引き続き連続出場となりました。25日、11:15ゆめりあでキックオフです。

決勝は31日、ジュビロスタジアムで行われます。サッカー少女たちがサッカーの甲子園「ジュビロスタジアム」を目指して…。が定着すると、磐田のまちもより活気がでるのではないでしょうか?磐田市を訪れた高校生や父兄の皆さんが、サッカー場だけでなく、地元の物品や歴史・文化に触れて、「磐田に来てよかった」と思えるまちにするキッカケが、女子サッカー大会にはあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

夏本番

18・19日と久しぶりに連休が取れたので、温泉に行きたいという家内と伊豆の伊東に行ってきました。

蝉の声で目を覚まし、渋滞を避けて早めに家を出ました。まだ7時過ぎと言うのに東名高速道路は車で溢れています。途中のPAで朝食を済ませて沼津インターへ、何年ぶりかでインターを降りると新しい道が、長泉町を抜けて函南の国一(ちょうど箱根の登り口あたり)に出ます。信号が全くない自動車専用道路です。コンクリートから…とは言っても、結構あたらしい道をどんどん作っているんですね!

Photo まだ季節が不安定なのか箱根付近は雲で覆われていましたが、十国峠を超えたあたりから富士山が顔を出しました。すっかり雪も解けて夏の富士山です。

議員になってから初めて家内をつれて一泊。やや奮発した温泉宿に泊まり機嫌もよさそうでひと安心の休暇でした。

Photo_2 次の日、城ケ崎海岸を散策しましたが、一緒に歩いている私たちのまわりがみんな中国人。びっくりしました。中国の観光客はみんなカメラを持って記念撮影とおしゃべりに夢中です。散策が終わると大型観光バスに乗り込み次の観光地に向かうようです。
高度成長期の日本人と頭の中で映像が重なりました。アジア共同体構想も夢の話ではなく、良い点・悪い点を考えた準備が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

会派「新磐田レポート」

会派「新磐田レポート」を紹介します。⇒「shinniwatareportvol2a.pdf」をダウンロード 「shinniwatareportvol2b.pdf」をダウンロード

ファイルが二つに分かれてしまいましたが、それぞれダウンロードしてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

うさぎ山で遊ぶ子ども達

1 朝、8時半にザリガニ釣りが始まり、流しそうめんのお昼まで3時間。子どもたちは飽きてしまうんじゃないかなあ?と思っていましたが、何のことはなく、ザリガニ釣りに夢中・途中ゲームも入りましたが、流しそうめんのお昼が終わった後、またザリガニを釣りたいということで、池に集まってきてしまいました。
餌がなくなり、ザリガニの身を餌に、また夢中です。最後に、みんなでザリガニのお墓を作って埋めました。

1_2 児童館があった当時、うさぎ山で子供を遊ばせていた世代の親御さんと、うさぎ山を育てる会の皆さんが集まって「うさぎ山を楽しむ会」を設立しました。

私も縁あって、側面から支援することにしました。そんないきさつから、昨日はザリガニ釣りを企画して会員の募集です。親子合わせると100人近くの人が集まりました。また、昨日から梅雨が明けたようで、久しぶりの青空のもと、楽しく遊ぶ子どもたちを見て、自然と笑顔になった一日でした。うさぎ山とザリガニと子供たちに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

夏が来た

梅雨が明け議員生活、2回目の夏がやってきました。今年はゲリラ豪雨と言うのでしょうか?九州をはじめ西日本に大きな被害をもたらしました。信州の南でもがけ崩れで交通がマヒしているという状況のようです。お見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復興をお祈りしたいと思います。

遠州は比較的災害の少ないところです。諸先輩の力で治水がしっかりされてきたこともあるのでしょうが、東西と北側を大きな山に守られていることもあると思います。古くから人が住みつき発展をしてきた土地柄は、そうした自然災害の少ない地形であったことも大きな要因なのでしょう。この地に住み着いた祖先に感謝したいと思います。

Dsc_0005 さて、この週末を境に梅雨が明け本格的な夏到来のようです。今日、はまぼうの写真を撮りに福田のはまぼう公園に行ってきましたが、5kmも離れていないにもかかわらず、福田は夏空でした。あまりにも青い空なので、表紙にして見ました。

昨年の夏は、衆議院選挙があり政権交代、本当に暑い夏でした。今年は、じっくり考える夏にしたいと思います。高齢者・障害者の福祉の問題、子育て支援と教育の課題、まちづくりと交通政策、行政改革の方向、などについて、時間をかけてじっくり考えてみたいと思います。1年間の議員生活でやっと考えの糸口が見えかけたような気がしています。

「最少不幸の社会」それを「市民の助け合い」で実現していく。その理想を忘れずに、現実と向き合う熱い夏にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

ジュビロマラソンエントリー

Photoジュビロマラソン10kmにエントリーしました。今年は11月7日(日)開催です。昨年、初めて参加しましたが、練習不足で今一気持よく走れませんでした。今年は、練習と体調管理をしっかりして、目標の50分を切りたいと思います。

何でも同じですが、目標を決めないとなかなか努力しません。マラソンもお金を払ってエントリーすると練習しようという気持ちになります。

足は遅いのですが、中学校時代から持久走は比較的好きでしたので、40歳くらいから健康のためジョギングを始めました。しかし、長続きしません。そこで、目標を定めてということで、浜松シティマラソンにエントリーしたところ、ジョギングが楽しみになってきました。
というのが、マラソン大会に出たきっかけです。

健康のためこれからも続けたいと思います。まずは11月まで4カ月、怠けず無理をせず自然体で走りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ワールドカップ

菅内閣の支持率が日を追って低くなってきました。内閣としての仕事をしていないにも関わらず…。消費税が導入されると決めつけて、菅内閣の責任を追求するということなのでしょうか?政権は変わりましたが、自民党時代からマスコミ報道を中心とした世論?は何も変わりません。政権交代よりも世論形成の改革が必要なのかも知れません。

日本人は何故、自分たちのリーダーの失敗ばかりを見るのでしょうか?悪いところばかりを見るのでしょうか?たとえ間接的にでも、私たちが選んだリーダーです。叱咤することは大切ですが、みんなで支えることが必要ではないでしょうか?

Photo 今日、磐田市役所で、日本代表の川口選手と駒野選手に市民賞?が渡されました。ワールドカップでは日本チームが良く健闘しました。残念ながら決勝トーナメント初戦で負けましたが凱旋です。日本全体が磐田市でも、選手・監督におめでとう、ありがとうという言葉が送られました。

Photo_2 期待に対してどうだったか?が評価になります。今回の日本チームは、4連敗し恐らくワールドカップは期待できないだろう!という状態で本選に向かいます。結果、格上のチームに勝ち決勝進出ということになりました。

政治は、自民党であれ民主党であれ、政権運営をしようとすると足を引っ張られる状態が続いています。みんなで助け合い生きていこうと小学校では教えているのにもかかわらず、実社会それも日本の中枢がこんな状態にあることを恥ずかしく思います。

結局、今の日本が置かれている閉塞した状態(けっして貧困や破たんの状態ではありません)から抜け出す方法は、誰にも分からないということなのでしょうか?分からない時には、みんなで知恵を絞り、方法を選択し、失敗覚悟で挑戦し、その結果を踏まえて修正をし、また粘り強く挑戦を繰り返すことしか、道はないと思います。

サッカーの日本チームは、守備的なフォーメーションで決勝に進みましたが、勝ったから良かったものの、やってみないと分からないリスクの高い挑戦ではなかったでしょうか。決断した岡田監督の胸の内はどんなだったでしょうか。拍手を送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

下腹に力を入れて

昨日、人間ドックに行ってきました。忙中閑ありです。

さて、ドックにいくと必ず健康講座なるものがあります。ストレッチポールを使った体操をしてみました。半円筒の発砲スチロールを背骨の下に置いて、体の中心からリラックスさせるという体操です。

そこでの話。大きく深呼吸をして、息をゆっくり吐きながらお腹を引っ込めて下腹に力を入れます。そのまま30秒くらいお腹に力を入れながらゆっくり呼吸をします。すると腹筋の横の筋肉が緊張して姿勢が良くなります。
寝ていても、座っていても、立っていても、歩きながらでも、いつでも出来る呼吸法ですね。実際にやってみると、体全体がピシッとするような気がします。

Sany00111 参議院選挙もいよいよ終盤、候補者の皆さんはもちろん、私たち政治に携わる全員が、下腹に力を入れて姿勢を正すことが必要です。

なお、一昨日「蓮ほう」大臣を見ました。話も分かり易く迫力がありますね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

市議会レポート

市議会レポートを発行します⇒「shigikaireport_vol6.pdf」をダウンロード

ご覧の上、ご意見などいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

ワールドカップも…

しばらくワールドカップのため寝不足、さらに参議院選挙も始まったので、昨日は7時から門立ち、といったメリハリのない生活が続いてしまいました。

ワールドカップは素晴らしかったですね!サッカーは詳しくありませんが、みんなで守りみんなで攻めるという感覚は良く分かりました。まだまだ個人の力では相手方の方が上なのか、まもる場面が続くのでハラハラしますが、それを上回る連係プレーで2勝したことは、誰が見ても良くやったということでしょう。

民主党(だけでなくすべての政党)も、こういうチームプレーを見習う必要がありますね。日本チームが帰ってきて、自分の中ではワールドカップは終わってしまいましたので、政治という日常に戻りたいと思います。

Photo サッカーの若者が世界を相手にチームで戦えるのですから、当然、政治家が一人ひとりではかなわなくとも、チームで世界を相手に渡り合わなければなりません。内輪もめしている場合ではありません。政党が違っても一緒に政策を議論して少しでも良いものを創りましょう。

まずは投票です。国民全員が行使できる一人ひとりの一票で力強い日本を創りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »