« 裸祭のはなし | トップページ | 9月定例議会 一般質問 »

2010年9月14日 (火)

社会の動き

本日、民主党の党首選挙があり、菅首相が代表に選出されました。議会の会派室で、演説を聴くことが出来ました。小沢氏は高い理想を掲げ、菅氏は実行するための組織論を展開しました。

国会議員の皆さんが演説だけで投票を決めたと思いませんが、互角か小沢氏優位と言われていた国会議員票(このことが真実と仮定して)が、菅氏に動いたことは、現実を重視する国会議員がやや多かったということなのでしょうか?
理想は高く掲げ、行動は一歩いっぽ着実にと教えられてきた自分にとっては、一緒に歩んでもらう国会議員に対し現実を語った菅氏の演説に好感を持ちました。

小沢氏の主張していた政治主導の政治(=国民主導の政治と思いますが)が行われるためには、廻り道することを厭わずに辛抱強く、官僚の信頼を得ながら政治のリーダーシップを積み重ねていくことが必要と自分は思います。

小沢氏が改革を急ぐ理由のひとつに、自身の年齢もあると思います。そうした意味では、菅首相も、第3の道を目指した改革の方向を見出した段階で、後進に道を譲る必要があるのかも知れません。とはいうものの、当面は菅氏・小沢氏が協力して日本を導いて欲しいものです。

そんな事を考えながら、第2次菅体制の報道を聞いていたら、円高がさらに進むというニュースが耳に入りました。小沢氏が勝っていたら円安になったという観測もあるようです。

現実重視の姿勢で「この円高をまず乗り切って欲しい」というのが、私を含めた輸出企業に関係する者の率直な気持ちです。

|

« 裸祭のはなし | トップページ | 9月定例議会 一般質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/49448219

この記事へのトラックバック一覧です: 社会の動き:

« 裸祭のはなし | トップページ | 9月定例議会 一般質問 »