« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

第1回松野まさひろ市政報告会In富士見

本日、労組以外では初めての市政報告会を行いました。場所は富士見町会館。台風14号が接近中です。

2010 朝、9時に会館に行き、会場準備。とはいって、そんなに準備するものは無いのですぐに終わり、家内と一緒に参加者が集まってくるのを待ちます。

だんだん雨脚が強くなってくるので、誰もこないのでは?と思っていたところ9:45に最初の二人、ポツリポツリと人が集まり、10人を超えて一安心。

組合の人たちへの報告は何度かやってきましたが、地域の方へは初めてなので、自分の話に耳を傾けてくれるか心配でしたが、うなずいてくれる人もいて、なんとか落ち着いて報告することが出来ました。

2010_2 地域の課題や、産業のこと市街地のことなどについて、思いのほかたくさんの質問やご意見も頂きました。

議員の仕事は、市民の意見要望を聴くことから…。これだけは忘れずに、これからも続けたいと思っています。ちなみに、参加者には半年に一度と思わず言ってしまいました。合わせて有言実行を心がけていることも話したので、やらない訳にはいかなくなりました。

富士見町の皆さん、台風の中、ありがとうございました。来年の春、またよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

子育て支援in富士見

子育て支援って何をするんだろうか?頭では分かったつもりでも、実際に体験しないと分かりません。

Img_0004 私にも子どもはいますが、あまり子育てをした記憶がなく、いつも家内に叱られています。そんな自分に、議員として子育ての支援を考えていけるのか?

そんなことを自問自答していると、回覧板の出前子育て支援が富士見町会館で行われるという案内が目に入りました。さっそく出かけました。

あいにくの雨で参加者はいつもより少ないとのことでしたが、民生委員の皆さん、市の担当の方、ボランティアの皆さんで、ゲームをしたり歌や踊りをしたりしながら、お母さん方の話を聞き、お母さん方も情報交換をしている姿が、井戸端会議を彷彿とさせるほのぼのとした雰囲気でした。

Sany0002 こうした子どもを遊ばせながら情報交換したり、悩みを打ち明けたりする場は、核家族・共働きの時代には大変重要ですね。

子どもたちが保育園・幼稚園に入ったら、働きに出たいと思っている方が半分、当面は子育てに専念しようと思っている方が半分、という感じでした。

子育てに専念という方が多く、やや意外でしたが、集まってきた人たちは、積極的に子育てをしようと思っている訳なので、当然かもしれません。

Sany0004 こうした子育て支援の集まりがあることを知らない人の中に、本当に苦労されたり悩んだりしている方が隠れていると思われます。参加されている方のひとりが「上の子の時には知らなかったので、もっと早く知っていればよかった」としみじみ話してくれました。

Photo 知らせる方法、母子手帳を持ってからの動機づけを考える必要があると感じました。

夜は、発達障害支援の勉強会に…。現場で療育をしている皆さんからの話、親の会の方の話、はじめて聞くことばかりでしたが、出来るだけ子どもが小さいうちに状況を把握して、子どもに合った療育をしていくことが大事。また障害を未然に防ぐためにも、母子手帳を貰った段階からの母親としての教育はさらに重要。といった話は、当たり前のようですが、実際に仕組みを整えていくのには相当な時間と労力が掛かるだろうと感じました。

…50代半ばにして、真剣に子育てを考えた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

企業と地域の関係

大藤幼稚園からヤマハ発動機の生産管理部にお礼と写真が届きました。運動会用の備品をお分けしたことのお礼です。

Pdf8月のとある日、生産管理部の方からメールが一通。運動会用の備品を処理するのだが、もったいないので、どこか欲しいところがないか探せないか?という依頼でした。

当社では、10年くらい前までは、どこの工場でも運動会をやっていました。しかし時代の変化とともに運動会がウォーキングイベントなどに変化し、さらには個人生活優先の流れの中、慰安旅行や組織単位での忘年会とともに、開催しなくなってしまいました。

さて、倉庫を見せてもらうと、既に使えなくなったものもありましたが、万国旗やストップウォッチ、リレーのバトンなど、いろんな種類の備品が整頓されていました。
倉庫の活用のため、早めに処分したいという希望をいただき、よくわからないまま、市役所の自治振興課(協働の活動を進めている市役所の部門です)に相談すると、すぐにリストを作成し、幼稚園や小中学校、自治会などに連絡し、注文をもらってくれました。

そんな経過で、捨てようと思っていた備品が、また有効に活用されることになりました。自治振興課の皆さんに、あらためて感謝いたします。倉庫に眠っていた備品も活用されることで、きっと喜んでいると思います。

企業と地域の関係は、難しく考えず、このような身近なことから進めたら良いですね。関係者の皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

一緒に走る

201010231456001 会社の若い人たちと一緒にツーリングに行ってきました。とは言っても仲間の労組の定期大会に出席してからだったので、お昼から合流です。

焼津漁港にある金寿司地魚亭という食堂で待ち合わせたのですが、最初に新しい港のほうに出てしまったので、戻りながら店を探し、ずいぶん待たせてしまいました。

201010231310000 が、無事合流、御前崎を通って磐田に帰るコースをみんなで走りました。何の変哲もない道、バイクは音楽も聞こえない、でも動く景色、風の音、振動を感じながら走っているとなぜか楽しいのがバイクです。

紅一点の新人さん、今年の夏に初めて免許を取り、SRX250を買った彼女の言葉を借りれば、“みんなで走っているとなぜか笑顔になってしまう”

201010231311001 ちゃんとした服装で、交通規則を守って走り、自分を知り無理をしなければ、こんなに楽しい乗り物はないと思います。若者たちよ、外に出よう!バイクに乗ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

市民の指摘は天の声

20日の仕事が終わった後、ヤマハ発の本社工場、機械加工職場の皆さんに集まってもらって懇談会を行いました。
疲れているのにありがたいですね。

H2210 いろんな意見や要望・提案がありましたが、人によりものの見方が全く違うことを、あらためて実感したので、そのことを書いてみます。

先日、労働者福祉協議会という組合の団体に寄せられた意見について回答を書いていたのですが、その中に公園が少ない、緑が少ない、公園をたくさん作ってほしい。という要望がありました。現在、財政の問題もあり、中々新しい公園づくりも出来ないようですが、昨日の懇談会では、「明ケ島の区画整理をしたところに、公園整備の計画がある」と言われたので、てっきり早く造ってほしいとか、遊具についての希望があると思ったのですが、その後、出来るのはうれしいけど維持管理費は大丈夫ですか?と言われました。

おそらく、仕事上でも、そうした新しい機械・設備の維持管理に苦労されているのだと思います。資産が増えると維持管理が増えます。

これまでの設備投資や予算設定の考え方は、高度成長を前提に考えられているので、税収が増えていかない状況下では、これまでの公共事業の維持管理でほとんどの税収を使ってしまう。あるいは足りないということが言われています。

H2210_2公共施設のスクラップアンド…はどうしても必要です。また、これからの投資は、更新を含めたランニングコストが担保できるかどうかを見極める必要がありますね。

市民の指摘は天の声。感謝します。これからも色々な意見や要望、指摘や問題提起をどんどん聴いていきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

動けば変わる

2010107 107+1天国は創るものパート2の映画鑑賞に行ってきました。内容が盛りだくさん過ぎて、やや焦点が分かりにくい面はありましたが、今、動こう!楽しもう!その動きをたくさんの人に広げていこう!!というメッセージは十分に伝わる映画。

地球温暖化の問題に行動で立ち向かう人たち、ガンや障害を乗り越えようと頑張っている人の努力や気持ちを取り上げ、二つのテーマを結びつけながら、悩んだり考えたりすることよりも、行動することの大切さ・行動を通じた心が通い合う仲間の大切さを訴えています。天国はつくるもの=自分の心の中にあるんですね!

この映画を紹介してくれたHさんに感謝です。

人は土から生まれ土にかえります。無機物だったものが化学変化でいつのまにか有機質となり、細胞を形成し、ついには自分で行動できるように進化してきました。そして、その有機物には心があるんです。私は、心が出来た結果、単なる有機物が生物へと進化したのだと思います。草にもありにも鳥にも牛にも馬にも、もちろん人間にも心があります。
その心の違いが体の違いを創るんではないでしょうか?だから、心の持ち方で病気になり、難病も自分の力で治すことができたりするのだと思います。

心は肉体の死とともに土=地球に帰ります。みんなの心の源は地球なのです。その地球が、今、異常な状態に向かっているとしたら、私たちの子孫の心はどうなるのでしょう?

そういう危機感を持って、人間が心ではなく頭で創ってしまった文明の、本来あるべき方向を考え直し、行動すべき時期が現在なのかもしれません。

そんなことを強く意識させる映画でした。動けば変わる!理屈よりも心に素直になろうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

運動会

今日は朝から富士見町民運動会。9時から始まる開会式には、富士見小学校、城山中学校の校長先生を始め、小山衆議院議員、宮澤市議も駆けつけていただき、盛大に行われました。富士見小学校の加藤校長先生からは、全面芝生化した校庭を地域の皆さんにも活用してほしいという今後のコミュニティーづくりにふさわしいお話がありました。

2010 うす曇りで、一日中暑くも寒くもない運動会日和で、子供さんからお年寄りまで、本当に楽しく過ごしていたように感じました。

昨年は来賓席にいましたが、今年は、開会式の後すぐにチームの席に移動して、隣保の皆さんと一緒に参加し、楽しい一日を過ごさせていただきました。

役員の皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

バイクのまち小鹿野町(速報)

11日、「バイクのまち小鹿野町」へ行ってきました。もちろんバイクで!!
小鹿野町は、埼玉県と山梨県の県境、秩父市の北にあります。

Dsc_0004_026 朝6時に家を出て、清水まで高速を使い興津から52号線へ、若いころよく走ったルートです。小さなコーナーが連続している山深い道だったと記憶していたのですが、ずいぶんと改良されていて舗装も良く快適に南アルプス市まで行けました。そこで140号線に乗り換えて甲府で休憩、ひたすら山道を走ります。
その甲斐があって、小鹿野町の夢鹿蔵というお土産・観光案内・食堂がいっしょになったような施設で昼食を取ることが出来ました。
名物は「縄文焼きカレー」古代米(赤米)を使った小鹿野ブランドとのことです。

Dsc_0011_033 その後、街中を1時間ばかり散歩し、小鹿神社でバイクのお守りを買ってとんぼ返り。またひたすら山道を走り、清水まで出ると高速は渋滞中。しかたなく、バイパスをひたすら走って帰りました。走行距離500キロメートル。疲れました。

小鹿野町は、それなりにバイクライダーで賑わっていますが、なかなか苦労しているようです。バイクDsc_0003_025 の森という民間のバイク博物館(TVでも取り上げられた有名な場所です)も10月からは閉館。地元の人によるともう開くことはないような…。

温泉や歌舞伎もあるので、複合的な観光資源で、町おこしをしていくのだろうと思いますが、場所が不便なこともあり、町民のパワーが試されそうな気がします。

Dsc_0032_054 今度は、日を改めて平日に町役場にも寄り、いろいろと話を聞きたいと思います。とりあえず速報で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

市議会レポート第8号を発行しました

市議会レポート第8号、発行しました⇒「shigikaireport_vol8.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

雨の河口湖

Sany0010 久しぶりに妻と温泉へ行ってきました。9月議会も終わり、イベントも合間になった9日・10日が狙い目ということで出かけたのですが、あいにくの雨。

しかし、途中、30年前に行った清水の東海大学海洋研究所の水族館に寄りました。古くなっていましたが、水槽などは昔のまま、懐かしく見学しました。

Dsc_0096_020 一番の目的は、朝焼けの富士山でしたが、土砂降りの雨となってしまい、朝の富士山は見えずじまい。しかし、明るくなってからは雨があがり、河口湖を散策して岐路に。途中、富士川のサービスエリアで富士山が顔を出しました。P1010818

雨で残念でしたが、久しぶりにゆっくりと出来ました。雨のおかげかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

若い力

Sany0010 今日は、昨日と同じ本社工場の労働組合ですが、青年部という35歳以下で構成されているグループの集まりに行きました。実際にはほとんどが20代、みんな自分の息子や娘のようです。

イベントを企画・運営しながら、リーダーシップや人間関係づくりの経験を積むのが目的です。

今年の目標は、ボランティア!!びっくりしたので、頼まれもしないのに今日は是非話をしたくて、ミーティングの前にお邪魔した次第です。
「まず身近な磐田駅前をきれいにしたい」少し慣れたら、組合員みんなに声を掛けて大きなボランティアイベントに参加したい!本気か?と思わず聞きなおし、やるつもりなら簡単なことで良いから続けてくれという話をすると、二つ返事で、そのつもりだとメンバーみんなが頷きます。

Sany00121 私たちの世代は、都会にあこがれた木綿のハンカチーフ世代。とにかく豊かになりたかった。お金がほしかった。田舎はいやだった。それが今の経済最優先の社会の元凶かも知れません。

でも豊かに育った若い力は、社会を考えます。お金による豊かさもあるかも知れませんが、自然に心の豊かさを求めます。
自分たちが誤った方向に進んだわけでは無いけれども、これからの社会は、物質的な豊かさを追い求めるばかりでは崩壊してしまいます。先進国経済の行き詰まりがそのことを証明しています。

心の豊かさを求める若い力に期待し、支えになっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

労働組合の支部執行委員

先日の定期大会で労働組合の役員体制が変わりました。ヤマハ発動機労組の執行委員は2年任期、今年が改選期なので、引き続き執行委員に選ばれた人、新人、今回で退任する人がいます。

Img_7453 毎年、半分くらいの役員が新しくなります。今日は、本社工場支部という本社の製造部門の組合員で構成する支部の執行委員会へお邪魔し、近況報告を行いました。

昨年の選挙の時は、自分のことのように一生懸命活動してくれました。役員は、現場の監督職が多いので、人の気持ちや考えを推し量り、日ごろから親身になって組合員の相談に乗っています。心強い支援者の皆さんです。

Img_7457 今、会社は踏ん張りどころです。多くの人が会社を去り、助勤や応援の方が帰ってきて、さらには組織の再編も行われます。不安になる組合員の相談に乗り、経営者に問題点を打ち上げる大切な役割が支部の執行委員です。

組合だけでなく会社の要、支部執行委員の皆さん、健康に留意して一緒に頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

バイクの季節

201010021653000 とうどうバイクを買いました。SR400のFI仕様、色は黒、渋いですね。本当はSR500があるとベストなんだけれど、多分、中型二輪免許?今は普通二輪免許ですか?の関係で400ccにしたのでしょう。昔の500ccと比べると(比べられませんが記憶をたどると)軽いというか軽やかなエンジン音、排気音でスムーズに走ります。

大会もあったので、2時間くらいしか乗れませんでしたが、10年ぶりの感触にドキドキしながら実家まで行ってきました。

201010021654000 少し慣らしてから、予定通りバイクの町「小鹿野町」へ行ってこようと思います。また、磐田をバイクの町にしよう!という知人も多いので、磐田市を隅々までバイクで走らなければとも思います。

やることが一杯になりました。今年の秋は、充実しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

労働組合定期大会

P10108061 労働組合の運動方針に「政策制度の実現」というものがあります。労働組合の発祥はイギリス、産業革命後に生まれた労働者の助け合い、いわゆる共済活動と言われています。

共済活動だけでは生活が豊かにならないことから、労働組合を結成し、団結の力で経営者と交渉し労働条件や労働環境を改善しようという運動に変わります。

P10108091 さらに、社会的影響力を行使することで、労働者の社会的地位を高め、雇用の安定や社会福祉の向上を目指す運動へと幅を広げてきました。

労働組合の政治への関わりは、こんな経過だと聞いてきましたが、日本においてはナショナルセンター(連合)に比べ、産業別組織の影響力が強いため、やや産業政策中心の政治活動になっています。

さて、私は地方議員です。地方議員の位置づけは少し異なります。もちろん、政治を通じた労働者の生活向上が第一に来ます。但し、法律や制度の根幹は国が決めるため、地方議員には無理があります。従って、県・国の議員と連携しながら政策実現を進めることになります。

P10108101 一方、労働者の生活安定には、長期的に安定した経営が必要です。そのためにも地域に根を下ろした企業活動が求められています。地域住民に企業活動を理解していただくことはもちろん、積極的に地域に貢献することで、親から子、子から孫へと優秀な地元の人材を確保していくことも地域・企業双方にとって有益です。

こうした地域企業の実現のためのパイプ役が、企業出身の地方議員の役割です。

本日のヤマハ発動機労組の定期大会で、1年間の顧問就任が承認されました。1年1年、こうしたことを噛みしめながら頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

秋風

秋風が吹く気持ちの良い朝を迎え、久しぶりにジョギングをしました。議会が続くと運動不足になるようです。
会議や調べ物など、動かない仕事の後にはしっかり運動をすると気持ちの良いものですが、議会では、反省やら不満やらが貯まるので、帰ってから動く気がしなくなります。また仕事後の反省会などもあったため、より一層体にコレステロールが溜まったようです。

今日から10月、暑かった夏がうそのように涼しい風が吹きます。今朝の新聞もそうですが、新内閣にも秋風が吹いてきたようです。
先進国は閉塞感、中国は国内に人権や格差問題を抱えての成長、という世界的に難しい局面と言われています。

過去であれば、戦争がすべてをスクラップしたのでしょうが、その過ちを繰り返してはなりません。少なくとも、第二次世界大戦以前に比べれば、世界の平均的豊かさは確実に高まっていると思います。問題は14億人が飢餓に直面していると言われる日本で言う格差とは比較にならない世界的な格差問題だろうと思います。

経済最優先の政治姿勢から、もう少し、精神文化を大事にした社会づくりにならないものかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »