« ヤマハ労連政策研修会 | トップページ | 市政報告会inワークピア »

2010年11月13日 (土)

アロマセラピー

「心と体に働く嗅覚と触覚のしくみとメンタルケア」静産大公開講座、今日のテーマです。アロマセラピー?女性の美容の話と思って気乗りがしないまま教室に入りましたが、話を聴いていると、確かにメンタルケアの話。それも科学的な理論に基づいたものであることにびっくりです。

Sany0010 アロマセラピーとは予防医学。嗅覚によってとらえられた香りの粒子は、鼻から脳下垂体へ取り込まれ、ホルモン分泌や自律神経に作用します。また、皮膚や肺からも毛細血管を通って全身に運ばれます。

心地よい香りは身も心もリラックスさせてくれます。一方、苦手な香りはストレスに…。プロのアロマセラピストは、こうした医学的・心理学的な知識を持ちメンタルケアをする人を言います。

これまで、全く関心を持ったことがなかったのですが、今日の話を聴いて少し理解できた気がします。

Sany0013 また、触覚の重要性も、スキンシップ(ハグしたり、頭をなでたり)することも、心地よい香りを嗅ぐことと同等のメンタルケア効果があるそうです。

合理性の追及ばかりを求められる現代社会において、私生活では出来るだけ本能に近い嗅覚・触覚を大事にすることが必要ですね。

|

« ヤマハ労連政策研修会 | トップページ | 市政報告会inワークピア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/50016637

この記事へのトラックバック一覧です: アロマセラピー:

« ヤマハ労連政策研修会 | トップページ | 市政報告会inワークピア »