« いまどきの若者 | トップページ | 地域に顔の見える議員 »

2010年11月20日 (土)

子育ての心理学

今日の静産大・公開講座は、子育てに関する心理学。

核家族が普通になり、共働きが当たり前になりました。知らない土地に家を建て、子育てをするのは、精神的な不安が大きいものです。父親の協力、相談できる知人友人の有無、子どもの発育の状況、などの要因が不安に重なり、虐待という形で子どもにストレスをぶつけてしまう例が増えています。

そうした状況の話と不安を解消するために必要な施策などについて、事例を交えた話を聞かせていただきました。

これまで、ワークライフバランスなどの施策について、労働組合の立場で勉強をしたつもりですが、その本質である子育てそのものについては、ほとんど考えたことがありませんでした。(家内にまかせっきりでしたので)

本当に良い機会をいただいたと思います。少子高齢社会の仕組みづくりは、こうして実際に子育てを体験されている方の意見を聴きながら進める必要があることを実感した講座でした。

なお、同じ会派「新磐田」で一緒に活動している川崎議員が、本日のゲストスピーカーでした。(写真)2010

|

« いまどきの若者 | トップページ | 地域に顔の見える議員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/50083877

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ての心理学:

« いまどきの若者 | トップページ | 地域に顔の見える議員 »