« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

浜松シティマラソン顛末記

趣味と健康管理のため、出来るだけ早朝ジョギングをしていますが、目標がないとなかなか続きません。そこで、マラソン大会へのエントリーを定期的にしています。

Sany0001 昨年は、ジュビロマラソンと長藤マラソンだけでしたが、今年は浜松シティマラソンにも挑戦しました。(そのおかげで、今日は走った後、花粉症がひどく最悪の気分でブログを書いています)ジュビロマラソンに比べ、参加者にとっての大会運営がスムーズで、気持ちの良い大会でした。

土曜日の午後、家内に受付をしてもらい、前日にゼッケンなどの用意を済ませいよいよ当日です。(ちなみに私は10㎞の部にエントリー)

Sany0022 8時10分に、会場へバイクで到着(車は駐車禁止なので、遠鉄上島駅から歩く・浜松駅からの送迎バス・自転車・バイク・送ってもらうの選択肢しかありません。

Sany0021 会場を一通り確認し、ウォーミングアップ(といっても5分くらい走っただけでしたが…)店舗などは、ジュビロマラソンの方が多いくらいでした。

Sany0029 荷物を預けて(これが抜群のサービス)スタートラインに向かいます。スタートは、40分以下の集団、40分~50分の集団、50分以上の集団にわかれます。

Sany0036 いよいよスタート、ゆっくり市営グランドを半周して道路に出ます。ホンダの前を通り航空自衛隊の正門を過ぎたあたりが折り返し地点。折り返して直ぐに給水所があります。私は走りながら水が飲めないので、給水は休憩になります。

Sany0015 さて、その後ラスト3㎞は下り坂なので、どんどん抜かれてゴールのグランドに着きます。ゴール後は、荷物を受け取り参加記録と参加賞のスポーツ飲料をもらい帰路につきます。

2011_2 なお、記録は54分42秒の過去最高記録。毎日の努力が実りました。次は50分を目標に、日課のジョギングを続けようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見町グランドゴルフ大会

26日午後1時から、自治会主催の第1回富士見町グランドゴルフ大会が、富士見小学校芝生グランドで開催されました。

2011 自治会長に声をかけていただき、私も初体験。ゴルフと基本的には同じようなルールですが、持ち運びできるホール(ゴール?)をセッティングすれば出来上がりです。パーはすべて3回。

お年寄りも若い人でも、あまり差がつかないのが良いですね。また、富士見小学校のグランドは全面芝生なので、地域の皆さんの交流の場として最適です。楽しい時間を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

榛葉賀津也と川勝平太

Sany000826日の午後、榛葉賀津也の国政報告会があり行ってきました。彼は民主党、大変な時期ですが、それはそれとして、毎年1回必ず後援会総会を開催し、その後国政報告会と講演会を開催します。

土曜の午後にもかかわらず、菊川アエルの大ホールは満席です。

榛葉さんは、日本の危機ということについて30分、国政の現状について話をされました。民主党の問題点、マスコミの姿勢について課題認識を語った後に、

Sany0010  「総選挙をやって自民党の政権になったとしても、参議院では自民党過半数にならないため結局「民主党政権下のねじれ」が「自民党政権下のねじれ」に変わるだけ、予算が通らなくて割を食うのは国民となってしまう。まずは、予算をしっかり議論して、向こう1年間の担保をしなければならない。政権争いはその後である。好き嫌いで人事をやってはならない。政治をやってはならない。国民のために何が重要かを考えた政治でなければ日本はだめになってしまう。」ことを訴えかけました。

彼がどの政党で活動しようが、これからの日本を背負う人材であることは、まちがいないと思います。これからも信念と情熱で活躍されることを期待したいと思います。

Sany0013 そして川勝知事、バイタリティーに溢れ常に前向き、「富士さんの富士は富:豊かさと士:立派な人である。立派な人を育てこの静岡県を豊かに、日本を豊かにしていくんだという意味を込めた富士の国構想である。気候風土にも、人材にも恵まれた静岡県を日本の理想郷にしていくんだ」という普通の人が話したら眉つばに聞こえる内容を、夢と希望に変えてくれます。

それだけではなく、情熱にあふれた語り口で、私たちも協力しよう一緒にやろうを思うように導いてくれつ力があると思います。

榛葉参議院議員と川勝知事、静岡が誇る政治家です。地方議員のひとりとして、彼らを支え自分自身も志を高く持って市民の声を聴き、市民の明るい未来のために精いっぱい頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅前清掃

Sany0004 昨日の朝、2回目の駅前清掃を行いました。これは、ヤマハ発動機労働組合の青年部が発案したもの。若い人たちに交じって汗を流しました。

磐田駅前のゴミは少ないですよ。市民のマナーは決して悪くないと思いました。しかし、歩道の隅や柵の隙間にたばこを捨ててあるのはちょっと具合が悪いですね。Sany0005 たばこを吸う人は、是非、携帯の吸い殻入れを持参して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

地域主権

連合の主催で、議員の活動報告会がありました。連合に推薦をされている国・県・市それぞれの議員が、定期的に活動の報告をし、連合役員との意見交換を行うことで、労働者と政治の距離を縮めていこう。勤労者のための政策の反映につなげよう。という趣旨です。

今日は、県会議員の順番…といっても2回目ですが。連合推薦の三ツ谷金秋県議が県政の報告を行いました。

Sany0002 三ツ谷県議は会派:民主党・ふじの国県議団の会長です。民主党・ふじの国県議団では、2011の約束という会派としての公約を掲げて戦うという説明があり、その公約を中心とした県政報告がありました。

議会の結論は採決によって決まります。特定の議員がすばらしい考えを示しても、賛同者を得られなければ何も出来ません。市民の選択によって議員が選ばれ、その議員の選択によって政策が決まります。政策の良し悪しは、選ばれるかどうかで決まるわけです。

したがって、政策や約束事を決め、それで行こうと合意したものを会派の公約と規則とし、当選後は、それに沿って行動するのです。もし、途中でそれを変えるのであれば、選択したメンバーの了解が要りますし、選択してもらった国民・県民・市民に説明をしなければなりません。

民主党中央では、そうした基本的な部分に問題を抱えているのでは?ということについて、本日駆けつけてくれた小山代議士が言っていました。彼自身も民主党とその政策を選択した一人として、そのやるせない思いを語ってくれました。

Sany0001 地域主権になったからと言って、何もかも地方でやっていいということではありません。基本政策(安全保障と社会福祉など)は中央で統括することはもちろん、ほとんどの公共事業・サービスは、地域によって大きく異なることは、国民にとって幸せなことではありません。

私の理解は、中央集権・中央統治から地域主権・連携協働への変革ということの様な気がします。すなわち、中央が決めるのではなく、近隣地域同士が情報を密にし、連携をし、行政を進めるという方向にしていくということです。

それには調整役が必要です。従いまして、地方主権になれば、より市町村の様な基礎自治体と国を結ぶ州や県のような調整役が、中央集権の時よりも重要になると思います。

統一地方選を前に、地域主権を叫ぶ候補予定者がたくさんでて来ています。地域主権は、中央集権に比べて、より一層高度な民主主義(住民の参加)が必要になってくることを覚悟しておく必要があると感じます。
しかし、社会が成熟する現状では、今まで以上に部分最適を重視する必要性が高まっていることも事実ではないでしょうか?

選択の時期は迫っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

リーダー不在

エジプトに続きリビアでも大規模なデモ、信頼を失ったカダフィー大佐はデモと戦う姿勢のようです。

2011sインターネット社会・情報社会は、情報で優位に立ち統治してきた従来のリーダーシップが通用しないことを示しました。もちろん日本では、情報公開を進めた民主党政権が、自らの組織力不足が明らかになり、窮地に立たされています。

しかし世界的に、新しいリーダーはなかなか現れません。次世代のリーダーとして颯爽と登場したオバマ大統領の人気も陰りが見えているようです。

リーダーは創られるものだという考え方があります。「みんな違ってみんないい」人間の能力・総合力には、そんなに差があるとは思えません。しかしチームをまとめる能力にたけた人はいます。人が統治できる人数は20人から30人、それが限界ともいわれます。チームを積み上げた組織により社会を運営することの合理性を今一度、住民、行政、議員それぞれが考え治すべきと思います。

脱政党・脱組織と言われますが、それは旧態依然とした自己改革できない組織ではなく、課題に応じて柔軟に変化できる組織に生まれ変わるべきであることを示唆していますが、けっして組織が無くて良いということではないと思います。

縦糸・横糸をバランスよく織り込んだ織物をイメージして運営を考えなさいと、尊敬する先輩から良くアドバイスいただきました。

リーダー不在は、リーダーを生み出そうとしない私たち国民にも責任があるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

春のきざし

2月に入って風邪を引いたようで、咳が止まらずずいぶんと長引いてしまいました。やっと気分も良くなり、今日の朝は久しぶりにジョギングへ…。

走ってシャワーを浴びた後の心地よさに、今日も頑張ろうという気持ちが湧いてきます。今週は2月議会の市長施政方針があり、来週から一般質問・代表質疑・一般質疑を経て委員会審議になります。

大事な2月議会です。気持ちを引き締めて臨みたいと思います。

さて、その前に、今度の日曜は浜松シティマラソンがあります。10㎞に出ます。毎日のジョギングの区切り、楽しく走って、来週からの審議に備えたいと思います。

今日の朝、安久路公園の梅が咲いているのを見つけました。しばらく休んでいた間に春のきざしがやってきました。日本の政治にも早く春の兆しを感じたいものです。なお、下の写真はネットから取ったもの…。マイ写真は後日。2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

めだか号

16日、袋井市東浅羽地区で進めている“地域協働運行バス「めだか号」”の話を聴きに行きました。岩田地区で運転ボランティアをやっている市民の方と会派で一緒に浅羽東公民館で袋井市役所と公民館長、自治会連合会長から話を伺いました。

Sany0046 昨年の7月に要望、9月に補正予算、12月から試行という大変スピードのある事業展開です。公共交通機関の谷間の地域であることも一因ですが、やはり市長の決断、地域の人たちの情熱が早く実現した要因と感じました。

10人乗りの普通ワゴン車を使い、朝9時から一時間ごとに地域を周り浅羽支所・パディ(ショッピングセンタ)などへ行くコースで、運転手はボランティア、乗車賃は無料という営業では無い形態で行っているところが特徴です。

Sany0047 800戸ほどの小さな集落でまとまりがあることや公共交通機関の谷間であることでバスやタクシー業界との摩擦を避ていることなどが、比較的うまくいっている理由のようです。

すべての地域に当てはまるものではないと思いますが、高齢社会の交通手段の一つとして考えていくべき方向と思います。袋井市にアイデアと勇気をもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

緊張のゲーム

ヤマハラグビー部“ヤマハ発動機ジュビロ”がトップリーグ残留を決めました。とはいえ、12対11は冷や汗ものでした。

20112 開始早々に、ペナルティーゴールを狙った五郎丸のキックが大きく左に外れます。キック力のある彼にはめずらしいミスキックだと思います。それだけ緊張していたんだろうと思います。ラグビーの入れ替え戦は一試合のみ、後がありません。実力的には、相手の九州電力に比べ、かなり上だと言われていましたが、結果は上記のとおり接戦でした。

緊張は体を固くしたり、通常以上の力を出したりします。それをコントロールするのは練習量に裏付けされた精神力。なかなかゴール出来ないイライラするゲーム。ワントライを許しましたが、そのあとは得点できないまでも、精神力で相手の突進を防ぎ切りノーサイドとなりました。

スポーツは人生の縮図、崖っぷちの厳しい時ほど強い精神力が重要です。スポーツは練習ですが、人生は一日一日の過ごし方で未来が決まります。
楽な方に逃げずに、難しい課題に正面から取り組み続けることで、周りからの信頼が得られます。

今日は、ラグビーに学ばせて頂きました。選手の皆さん来シーズンも期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

森町に北国が…

1週間ほど前の新聞にタイラ沢の大滝が載っていたので、ネットで調べて土曜日に行ってきました。

2011_2  森からの林道は工事中だったので、掛川のゴルフ場グリーンヒルカントリークラブに行く道を入り、原田小学校の手前を川沿いに入る道を登り、明ケ島キャンプ場に向かいました。暖かい日が2日ほど続いたので路面の凍結もなく、約1時間弱で到着。

タイラ沢の大滝は、この地方では珍しい凍結する滝です。路肩に車を止め、川沿いを歩いていきます。最初は雪も氷もなく、まさか?という感じでしたが、100メートルほど進むと、流れに中に凍っている部分が目立ち始めました。さらに進むと、見えてきました。確かに氷の壁、磐田から1時間ちょっとで、この景色には感動します。

森の百景ということですが、遠州百景でも良いのでは?という見事な滝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

市議会レポート

市議会レポート 第9号になりました。⇒「report9gou.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

節分

P1010965 節分とは、季節の変わり目を言います。日本の古い暦では立春が新年(新春)のはじまり、その前の日が春の節分です。

夏の節分、秋の節分、冬の節分も暦上は存在するわけですが、新しい年をむかえる春の節分2月3日が定着し、現在に残ったということのようです。

2011 季節の変わり目ということで、今日は小春日和の暖かく穏やかな一日となりました。見付総社で行われた節分祭の豆まきも、たくさんの子ども達、大人達?が集まりにぎやかでした。

P1010982 「豆は魔目を魔滅する」といわれ無病息災を祈る意味があるそうです。神社の氏子と自治会長、市議がそれぞれ年男と介添え役に扮し町内から選ばれた本当の年男(女)と一緒に、厄を払い、豆をまきます。

エジプトのみならず、世界中で混乱や暴動、テロが起こっています。日本では政治・相撲…組織のガバナンスがうまくいきません。

P1010992 「自分の出来ることをやる」「つつましい生活をする」「人のために少しでも尽くす」という日本人が美徳としていた生き方を思い出し、他人を責めるのではなく、自分に何が出来るかを皆が考え行動する社会を目指すべきではないでしょうか?

今日は季節の変わり目、今は時代の変わり目、“文句を前にまず行動…動けば変わる…”の姿勢で元気に行動したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクロードミュージアム

Sany0040 2月3日、磐田市議会文化芸術振興議員連盟の見学会にいってきました。上野部の山里にある民家を改造、浜名梱包㈱が運営している博物館です。

Sany0041 古民家の中に、一階は宝石や陶器、家具などを展示し、2階には中国から中東にかけてのシルクロード沿いの都市からの出土品を中心に展示してあります。

Sany0043 また、離れには硯石のコレクションがあります。やや趣味が統一されていない感がありますが、普段あまり接しないものなので、ゆったりとした気持ちになります。

入園料は600円、一度見学する価値は充分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

であいのひろば

女子ゴルフツアー:ヤマハレディーズカップのボランティアに対するお礼として、主催者のヤマハ・ヤマハ発から出前子育てセンター用の車両が寄贈されました。

201102011009000  2月1日は寄贈式、子育てボランティアの皆さんも参加して和気あいあいとしたムードの中、寄贈されました。

磐田市が一層子育てがしやすい街になればと思います。これからもいろんな話を聴き、現場を観ていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »