« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

市政報告(浜松にて)

ヤマハ発動機労働組合の浜松南支部に、工場のFC会(現場の監督職会)を対象にした報告会を開いていただきました。

Sany0010 浜松南工場は、船外機の機械加工を中心とした工場です。監督職30人に、浜松市議の袴田修司さんと合同の報告会となりました。
持ち時間は30分、浜松の工場なので、ほとんどが浜松市内の方(実は磐田在住はおひとりだけ…)なので、あまり市政の具体的内容には触れず、議員の役割と議会改革、行政改革、そして防災についての3つをテーマに話しました。磐田在住ではないのに、しっかり聴いてくれてうれしく思いました。

Sany0008 さて、4月1日はいよいよ浜松市議と静岡県議の告示です。袴田修司候補も頑張ってます。市民の皆さんも政治を考える良い機会です。特に、大震災の後、安全な地域をどう作っていくか!ぜひ、多くの人に関心を持っていただきたいと思います。

写真は、ヤマハ発動機労組推薦候補「袴田修司」さんの様子です。Sany0016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

原子力発電所

福島第一原発の状況が一向に良くなりません。恐らく数年かかるでしょうが、根気強く対応して欲しいものです。

また、近隣に住んでいらっしゃった方々は、住居の移動も含め大変と思います。天災のなかの人災、今後の暮らしを電力会社や国でしっかり支援してほしいと思います。

さて、浜岡原発、マスコミで様々報道されていますが、よくわからないので、ホームページを見て、主なものを並べてみました。
「福島と比べれば、原発そのものも、周辺環境も異なり、砂丘という自然の堤防もあるので、条件は良いが、さらに対策をしておく」という中部電力の対応ですが、市としても説明責任も含めた要望を出していますので、議会としても今後、しっかり検証したいと思います。

2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

2月議会の閉会

平成23年度予算をはじめとする全37議案をすべて可決し、3月24日、磐田市議会の2月議会は閉会しました。

すべてが可決するのは議会が機能していない証拠だ!という見方があります。そういう面も課題としてあると思いますが、日本的な会議の進め方は(おそらく民間でも同じ傾向があると思いますが)根回しをし、可決出来る形の提案をすることが一般的です。また、会議室内の発言は、会議室を出ればその責任を問われることはないはずですが、なかなかそうはいきませんから、反対するのには相当な覚悟が必要です。

率直に、もう少し思い切った提案と、思い切った議論があっても良いとは思いますが、磐田市議会のみならず、なかなか難しいものです。

少なくとも、あと1週間でやってくる4月からの予算を、今議論していることを問題視すべきでしょう。中期的な政策論議を交わせる議会への転換が必要です。

4月12日に議会運営委員会が開催され、5月から進める議会改革特別委員会の要領について決めることになっています。

市民から見て、行政課題と議論状況が分かる“見える化”を目指して頑張ろうと思います。

なお、議案の概要はこちら⇒「shigikaireport_vol10.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

軽トラ市

産業振興と市街地活性化などを期待した、地元商店会の若者主催による軽トラ市が、開催されました。

201103201000000 磐田市では初めての試み、ですが90台の軽トラックが集まった朝市は、なかなかにぎやかです。地元の人たちがほとんどで、商品も多種多様、9時から12時と午前中ですが、取り立ててイベントが無くても十分楽しめます。

震災の後なので、人出の心配もありましたが、ジュビロードまつりよりもにぎやかなくらい。その中で義援金を集めたりしている風景も自然な感じで、私としては中止しなくてよかった…という気持ちです。

201103201030001 継続的に開催しながら、商店街の活性化や別のイベントとの共催などを模索していったら、どこかで駅前がおお化けするかも知れません。

商店街の人たちの意気込みに懸かっています。是非、頑張ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

小学生の夢

今週は、卒業式が続きます。今日は、小学校の卒業式があり、立ち会うことができました。卒業式のメインは卒業証書の授与です。

小学生は、一人ひとり名前を呼ばれ校長先生から証書をもらうのですが、名前を呼ばれた後、将来の夢を一言づつ発表します。「パテシエになりたい」「みんなから信頼される大人に」「サッカーの選手」「野球の選手」「キャビンアテンダント」「パン屋さん」「大工」「エンジニア」「漫画家」と様々ですが、医者になりたい人、看護師になりたい人は少なく一人づつでした。

医師不足の中で、医者を目指したくなるような教育をしてほしいと思いながら聞いていましたが、最後まで「政治家」になりたい子どもは居ませんでした。

政治不信が募る中で、先生も政治家を目指すような指導は出来ないだろうと率直に思います。がしかし、寂しい気持ちは拭えません。111人の子どもの中に、せめて一人二人は、政治を目指そうと思うような、そんな社会にしていきたいと思うのは私だけでしょうか?

努力していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

卒園式に思う

昨日は、磐田北幼稚園の卒園式にお招きをいただきました。幼稚園の子どもたちはこんなにしっかりしているのか?昨年は出席しませんでしたので新鮮なおどろきです。

2011 式に入場する時の整然とした姿、卒業証書をもらうときも、キチンと形式通りに受け取り、大きな声で歌い、来賓の祝辞にはありがとうと声を揃えてお礼をする。

そんな中で、最後の方では泣いている子どもや、お母さんの方を見てにこにこしている微笑ましい風景もありました。

やや創られた感じもしないではありませんが、日本の将来に希望が湧いてくる卒園式でした。

地震・津波・原発の被災、そして今日のニュースは超円高と大変な状況になっています。しかし、私たち現役が、何とか今の状況を乗り切って、無駄を排除し、バトンタッチすれば、今の子どもたちは、必ず明るい未来を築いてくれる。
まずは、私たち世代の責任を果たさなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

東日本大震災

東日本大震災の全容が分かってくるにしたがって、規模の大きさや災害の悲惨さに唖然としています。
被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、多くの方がお亡くなりになり悲しく残念です。謹んでご冥福をお祈りさせていただきます。

1000年に一度という新聞記事もありましたが、津波の恐ろしさと原子力発電に対する私たちの無知を身にしみて感じさせられる毎日が続いています。

以前、大船渡にはヤマハの漁船を製造する会社がありました。構造不況のため会社を閉じることになってしまいましたが、「ヤマハ」で働きたいと、故郷を離れ磐田で働いている人がたくさんいます。
家族を置いて働きに来ている人たちの気持ちを考えると、一刻も早く安否の確認をしてほしい、無事でいてほしい、と思います。

ヤマハ発動機は、発電機などを送付する予定だそうですが、労働組合ではみんなでカンパをしようと話し合っています。一人ひとりが、自分の出来ることを少しでもやろうという思いやりが大切ですね。

また今度の災害では、予想できない津波、火災、原子力発電所の崩壊など、自治体が考えておかなければならない課題もたくさん見えてきたと思います。

天災はしかたありませんが、人間の知恵で最小限の被害に抑えることも出来れば、人災を引き起こしてしまうこともあります。地方自治の責任を負うひとりとして、時期を見て、東日本大震災の課題整理をし、磐田市と周辺地域へ当てはめて、防災の在り方を考えなければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

春のきざし

昨日は、予算特別委員会、私は特別会計・企業会計の審査を行いました。国に置き換えると、無駄の温床、埋蔵金が隠れていると言われていた特別会計です。

最初は、そういう意識を持ちながら特別会計を見ていましたが、地方自治体にはそんな余裕は無いことが分かりました。

まず、法律で決められているものとして
「国民健康保険」「介護保険」があります。「後期高齢者医療保険」も特別会計になっていますが、後期高齢者は県が事務局となった広域運営なので、市は単なる集金役。
公平委員会という職員からの苦情処理を行う機関もあり、わずかな予算ですが、一般会計とは分けて管理しています。

次に、市民に直結しているが事業を行っているもの
「上下水道の事業」これは、必要不可欠ですね。下水道の中に、農水省管理の「農業集落排水」という農村向けの下水道があります。国の縦割り行政のため、分けて管理しています。
磐田市では、「市立病院」があり、これも企業会計として審議の対象となっています。

そして磐田市には、広大な山林があり、それを管理する方法として、財産区という制度があります。現在4つの財産区で豊岡地区の山林を管理しています。

最後に、市独自の事情で、一般会計と切り離したり事業を行っているもので「駐車場特別会計」というものがあります。再開発ビル「リベーラ磐田」建設時に、民営マンション、公営駐車場という選択をし、且つ、駐車場は指定管理制度という「運営のみ民営化」という形態で現在に至っています。

Sany0069 これらの事業が、適正に行われているかどうかを審査する委員会が、昨日行われた予算特別委員会です。
経営的に厳しい事業が多く、課題や問題点もありますが、その対応策などについての説明を求めた上で、すべての特別会計予算が承認されました。

Sany0076 この結果を基に、3月24日の本会議で採決されます。
なお、内容については、「市議会レポート」でお知らせしたいと思います。

春の兆しが、委員会の説明になりましたが、今朝、「梅の花」と「スギの花」を見つけました。春は確実に近づいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

富士山

4月23日、見付の宿場通りで行われる大名行列、今年のテーマは富士山です。葛飾北斎の富嶽三十六景に幻の見付から見るふじがあった!という設定です。

川勝知事のふじの国構想がきっかけのアイデアとのことです。本当に富士が見えるだろうか?先日の雪の日、思いがけなく富士見町の国一交差点(富士見東)の歩道橋の上から富士山が見えることに気が付きました。そうこうしているうちに、富士見小の学校だよりに校舎の3階から富士山が見えるという記事と写真が…。

2011_2  それなら見付からも見えるんではと探したところ、かぶと塚のグラウンドの東、河原町の坂を西へ登りきったところから北高の横に、きれいな富士山の姿が見えました。

江戸時代、江戸から京に向かうお姫様は、東海道から分かれて、姫街道を池田に向かう途中、峠で富士山を見て何を思ったのでしょうか?

私の実家は、浜松市ですが天竜川を渡り、姫街道を三方原に向かう途中にあります。本社が浜北だと思っていた自分が、磐田に本社を移したばかりのヤマハ発動機に三十余年務め、その間お世話になった磐田に恩返しをしようという気持ちで現在に…。

それを繋いでいたのが姫街道…。人生は、生まれた時から決まっているのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ガンバレ修ちゃん

Sany0067 公民館祭りの大名行列が終わった後、あいさつもそこそこに、浜北区の「袴田修司」後援会事務所に駆けつけました。

浜松市議会、浜北区に立候補予定、私の先輩議員「袴田修司」さんの事務所開きが行われました。浜北区は、6名の定数が5名に減り、そこに8名が立候補を予定しています。Img_0001

大変厳しい選挙になります。袴田修ちゃんは、行動力がありバランスの良い考え方で地域の発展を考える浜北区のみならず浜松市になくてはならない議員です。ブログを見ていただいている人、是非、応援をお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見付公民館祭りと遠州大名行列

Sany0056 見付公民館祭りの2日目、お昼時間に、いわた大祭りの遠州大名行列のデモンストレーションを行うということで、11時30分ころに出かけて行きました。

公民館祭りは、会議室や談話室で、手芸や絵画、書道、写真などの展示を行うほか、体育館では時間毎にサークルの皆さんが歌や踊りなどを披露する大人の学園祭です。

Sany0058 年配の方が多いのですが、どの展示も素晴らしくプロの作品のようで感心します。

さて大名行列ですが、4月23日に見付宿場通りで行われる本番を前にリハーサルも兼ねて、奴検分が披露されます。地元の中学生が練習を重ねています。まだ不安なところもありますが、真剣に行列と奴検分の所作を披露しているところは見ものです。

Sany0062 中学生と自治会長や地元の有志が一緒に汗を流す、こうしたお祭りやイベントを通じて、地域のコミュニケーションが深まります。見付では、地域活動も年々活発になっているように感じますし、防犯活動やあいさつ運動などの効果もあり、犯罪件数も年々減っています。

今は、特定の人に偏っていて、大変苦労している方もいらっしゃるので、多くの人が、少しづつ、地域の活動に参加するようになれば、もっと安心安全な街になっていくと思います。それには、団塊の世代から私たちの世代にかけての、人数が多い世代が地域にどんどん出ていくようになる必要があります。本当の地域づくりはこれからです。

Sany0051今日は私が応援している県議会議員の三ツ谷金秋さんも駆けつけてくれました。なお、左は花粉症の実行委員長、寺田伊勢男さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松シティマラソンの結果が新聞に

Sany0047 昨日の中日新聞日曜版に、浜松シティマラソンの結果が号外でついて来ていました。最終順位は268人中156位…。

なお、シティマラソンの付録として、写真付き記録証がネットからダウンロード出来る特典がありました。ランネットと提携しているんだと思いますが、うれしいサービスです。Sany0046

今回は、妻が用事でいなかったので、写真を撮ってもらう人が居なかったため、自分の写真はあきらめていたのですが、このダウンロードでPDFではありますが、記念が残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はそこまで

Sany0042 昨日、桶ヶ谷沼に行ったら、すでに菜の花が咲き始めていました。春はそこまで来ています。と思いながら、桶ヶ谷沼の遊歩道まで来たら、何と今度は沼に薄氷が…。

冬と春の戦いです。暑さ寒さは彼岸までとはよく言ったもので、あと2週間、お彼岸まではまだまだ三寒四温が続くんでしょうね。Sany0043

体調管理に気をつけて、2月議会の後半を乗り切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

きらきら思い出発表会

Sany0040 富士見小のきらきら思い出発表会にお招きをいただきました。例年は2月の行事だそうですが、今年はインフルエンザや風邪のため延期となりました。

3月に延期したとはいえ、今日は久しぶりの冬将軍、西風が強く寒さが身にしみる日でした。が、子どもたちは寒さなどなんのそので、元気に歌や踊りを見せてくれました。

Sany0041 男の子も女の子も、歌も踊りも一緒に元気にやっている姿は、自分が小学校のときにはなかった風景でした。特に、男の子が照らずに踊ったり、寸劇をしている様子は、なんとも微笑ましく、平和で落ち着いた未来を感じます。

また、司会や運営も、ほとんど児童が行っていて、これも頼もしく、将来が楽しみです。最近の若い者は…と言いがちですが、そういう人は、富士見小のSany0042 きらきら思い出発表会を見学すれば、将来の不安は無くなります。

子供たちに元気をもらいました。ありがとう!富士見っ子たち…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロがんばれ!

Sany0039 明日は、Jリーグの開幕、ジュビロはヴァンフォーレ甲府とアウェイです。今朝は、スポーツ振興議員連盟の議員仲間が集合して、駅前にジュビロフラッグを掲げました。

今年は、バックスタンドで応援したいと思います。がんばれジュビロ!!Sany0037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

P1010908 今年は、スギ花粉が多いそうです。おかげさまで、毎日鼻炎と目のかゆみをこらえながらの生活が続いています。

私が花粉症と出合ったのは、中学2年の2月です。ちょっとしたことから鼻の骨を強く打ち、鼻血が止まらなくなって、保健室で半日寝ていたことがありました。その1週間後にマラソン大会がありました。ゴールしたとたんに発作的にくしゃみと鼻水が止まらず即保健室に、また半日寝ていて次の日は休んでしまった記憶があります。

それから40年花粉症との戦いは続いています。当時、花粉症という言葉は無く、医者にいってもどうしたんだろうね?とか悪いところはありません。で終わっていましたので、毎日ティッシュを持って学校に行き、くしゃみや鼻水が止まらなくなると教室を抜け出してトイレにこもっていた日もありました。

初めてキチンと診断してもらったのが、浜松の佐藤町診療所、アレルギーのもとを注射して、花粉やほこりなど何に反応するかを確認する検査を行い、薬をもらってからは、少しづつ良くなってきました。という顛末です。

最近はまた、花粉が増えてきたので、結構厳しいですね。しかし、どんなことにもあきらめないで粘り強く続ければ、少しづつでも改善できます。

飛躍しますが、今の政治・経済の状況も、直ぐに良くなるということではなく、粘り強く、少しづつでも良くなるように、皆で努力することが必要ですね。

ローマが共和制から帝政に改革するまでには、グラックス兄弟の共和制改革からオクタビアヌスが初代皇帝になるまでに100年かかっています。
DNAは、子どもから孫…と引き継がれていきます。自分が生きている時代が厳しい時代だとしても、子孫の時代を考えて持続できる社会を目指す懐の深さが、政治家には必要だと思います。~急がば回れ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

市政を問う(2月議会一般質問)

今日は、一般質問を行いました。一般質問は、名前こそ質問ですが、市政全般にわたって問題提起や意見提言を行いながら、課題や方向性について質すものです。

2月議会(2月17日スタートで3月24日閉会予定です)の運営は、

①施政方針演説
②予算案の提案(予算には一般会計・特別会計・企業会計があります)
③一般議案の提案(条例改正などです)
④一般質問
⑤本会議での質疑…施政方針・予算案・一般議案に対しての質疑です。
⑥予算特別委員会…予算案に関する集中審議を行います。
⑦常任委員会…一般議案を総務・文教・民生病院・建設産業の4つの委員会で審議。
⑧討論…予算案・一般議案それぞれの賛成意見・反対意見を各議員が表明します。
⑨採決

の順番で結論を出します。議会はすべて公開で、手続きをすれば傍聴もすべてOKです。
市役所5階の議会事務局で手続きをし、6階の本会議場で傍聴します。

そして今週は④の一般質問が集中的に行われました。質問は通告といって、あらかじめ質問内容を当局に提出する必要があります。が、回答に不足がある場合には再質問が2回出来るほか、一問一答方式と言って時間内であればルールに従い何回でも質問できる方法があります。

さて、私の一般質問を簡単に紹介しておきます。

Photo Q 磐田市における各産業の見通しと課題、産業振興策の重点は?また、観光産業への取り組みスタンスは?
 農業は後継者不足や価格低迷で年々厳しくなっている。基盤強化と農業法人の参入、6次産業化などに取り組むが、特効薬はなく、耕作放棄地の有効利用などを進めながら粘り強く進める。工業も減収減益企業が約7割と回復は遅れている。産業交流会などの情報支援や軽トラ市などのイベント、EV関連支援など模索中である。
観光産業は、平成23年度1年かけて観光協会の体制づくりをし方向性を見出す。

Sany0001 Q 審議会・委員会・パブリックコメントなどにより、市民の声がキチンと反映されているか?今後の課題は?
 審議会・委員会は一部を除き、メンバー構成や議論内容が硬直化している面があり、見直しを考える。行財政改革の取り組みでは、市民への周知方法を工夫していくとともに、参加拡大策についてのトライも検討する。

Q 地域コミュニティーづくり推進策のひとつとして、企業と連携し、50代・60代のこれからの地域活動を担う勤労者に対し、協働事業や地域活動への参加について啓発研修や体験機会の提供をする考えはないか?
 市単独での啓発活動には限界があり、企業と協働の提案は心強い。産業政策推進のための企業訪問も有効に活用し企業・事業者に働きかけたい。また、協働事業の推進のために、様々なノウハウを持つ方を「人材バンク」的に登録し、供給側と受けてとのマッチングを図ることも考えたい。
企業出身の議員の皆さんにも是非ご協力いただきたい。

詳細は、3月末発行予定の市議会レポート第10号でご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »