« 春のきざし | トップページ | 卒園式に思う »

2011年3月15日 (火)

東日本大震災

東日本大震災の全容が分かってくるにしたがって、規模の大きさや災害の悲惨さに唖然としています。
被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、多くの方がお亡くなりになり悲しく残念です。謹んでご冥福をお祈りさせていただきます。

1000年に一度という新聞記事もありましたが、津波の恐ろしさと原子力発電に対する私たちの無知を身にしみて感じさせられる毎日が続いています。

以前、大船渡にはヤマハの漁船を製造する会社がありました。構造不況のため会社を閉じることになってしまいましたが、「ヤマハ」で働きたいと、故郷を離れ磐田で働いている人がたくさんいます。
家族を置いて働きに来ている人たちの気持ちを考えると、一刻も早く安否の確認をしてほしい、無事でいてほしい、と思います。

ヤマハ発動機は、発電機などを送付する予定だそうですが、労働組合ではみんなでカンパをしようと話し合っています。一人ひとりが、自分の出来ることを少しでもやろうという思いやりが大切ですね。

また今度の災害では、予想できない津波、火災、原子力発電所の崩壊など、自治体が考えておかなければならない課題もたくさん見えてきたと思います。

天災はしかたありませんが、人間の知恵で最小限の被害に抑えることも出来れば、人災を引き起こしてしまうこともあります。地方自治の責任を負うひとりとして、時期を見て、東日本大震災の課題整理をし、磐田市と周辺地域へ当てはめて、防災の在り方を考えなければと思っています。

|

« 春のきざし | トップページ | 卒園式に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/51128751

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:

« 春のきざし | トップページ | 卒園式に思う »