« 満開の桜 | トップページ | 見付宿たのしい文化展 »

2011年4月15日 (金)

自然を受け入れる

気持ちをリセットするため、時々、山に登ります。昨日は労組に休みをもらい、静岡梅が島の山伏(と書いてヤンブシと読むそうです)に行ってきました。

Dsc_0020 7時半から登り、頂上で昼食を取り、1時に下山しました。途中で会った人はひとり。いろんなことを考えながら登っていきますが、そのうちに、何も考えてない自分を発見します。

山に登ると自然の美しさ、すごさや怖さを感じます。人間は自然から生まれ、自然を学び、様々な仕組みを考案し、発展してきました。いわゆる自然科学の法則から工学として、様々な技術開発により文明を築いたのです。

私たちは、築き上げた文明のあかしを一瞬にしてがれきの山にしてしまう、圧倒的な自然の力を体験しました。

先祖の歴史がそうであったように、自然に学び、それを活かしながら新たな文明を築いていきなさい。と自然が私たち人類に教えています。

山頂に立ちながら、そんなことを思い、また新たな一日を歩みたいと思います。

|

« 満開の桜 | トップページ | 見付宿たのしい文化展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/51392213

この記事へのトラックバック一覧です: 自然を受け入れる:

« 満開の桜 | トップページ | 見付宿たのしい文化展 »