« 市政報告会in富士見 | トップページ | 地方自治体の財政事情 »

2011年5月29日 (日)

この夏の節電対応

自動車工業会がこの夏の電力事情に対応するため、週休日を土日から木金へ変更することを発表しました。

自動車業界は、日本全国の関係企業から部品を購入し自動車を組み立てていることから、あらかじめ、1年間のカレンダーをメーカーすべてが合わせています。これは、完成車メーカー毎に休みが違うと、部品を納入する企業の従業員は休めないことから、サプライヤー企業も加わった自動車総連という労働組合の連合会が30年近く前に提唱し、現在にいたっているものです。

今回は、政府の要請を受けた自動車産業が、業界トップの話し合いを繰り返し合意形成を進めてきた結果と聞いています。

昨日、この地域の連合地協が単位組織の書記長を集め震災対応の連絡会を行いました。そこに、オブザーバーとして読んでいただき、様々なご意見を伺ってきました。

Sany0003_2  総じて、発表があったばかりで戸惑っている状況のようですが、やはり子どもや介護、地域活動のご心配が強いことを感じました。

企業、地域行政、国・県、そして個々人が分担して努力で、当面の危機を乗り切らなければならないと考えますが、国家として、緊急措置以後の計画をキチンと提示し、この夏の対応を継続する必要があるのかを明確にしていただきたいと思います。

地域行政がどこまで対応できるか難しさはありますが、一昨日は磐田市長がいち早く対応表明をされましたので、近隣市町も含めて、出来る限りの対応をしていくことになろうかと思います。

いずれにしても、地方議員であっても国家政策や世界の動きを知らずして地域自治を進めることは出来ない時代になってきました。

心してこれからの活動に臨もうと思います。

なお、今日明日と、多摩自治研究所というところが主宰する、市町村財政の分析講座に行ってきます。市の財政課にも無理をいって資料を揃えていただきましたので、しっかり勉強して、その結果を報告できるようにしたいと思います。

|

« 市政報告会in富士見 | トップページ | 地方自治体の財政事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/51796459

この記事へのトラックバック一覧です: この夏の節電対応:

« 市政報告会in富士見 | トップページ | 地方自治体の財政事情 »