« この夏の節電対応 | トップページ | リーダー像 »

2011年5月30日 (月)

地方自治体の財政事情

大和田一紘先生というNPO法人多摩住民自治研究所で、地方自治を研究されている方がいらっしゃいます。

Sany0002 しばらく前に議会事務局からいただいた研修案内の中に、この市町村財政分析がありました。以前から、きちんと自治体の財政を勉強しようと思っていたので、内容も確かめずに申し込んだのが、昨日・今日の研修。

Sany0004 演習が多く、久しぶりに集中できた内容でした。その中でも次の2点が頭に強く残りました。ひとつは「財政は単年度ではだめ、25年分分析しなさい」もうひとつは「人口は減るんだから、増えると思っていた過去の開発型ではだめ」というものです。

自分でも意識していたことなので、具体的に数値を使って説明を受けると「腹に落ちる」感覚で頭の中に入ってきました。

Img1 磐田市の実際の財務諸表を用意していったので、ほんのさわりしか演習しなかった割には、課題が明確になりました。

磐田市も、もうしばらくは緊縮財政を続け、家計でいえばローン負担を減らす努力が必要です。その上で、投資出来る状況になった暁には、福祉と公共施設のスクラップアンドビルドに重点を置く計画作りが大切ではないでしょうか?

研修で覚えたことを実践しながら、具体的に課題整理をしていこうと思います。

なお、党派を問わず問題意識の高い地方議員の皆さんと、わずかですが会話出来、何人かと名刺交換できたことも大きな収穫でした。

|

« この夏の節電対応 | トップページ | リーダー像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/51811773

この記事へのトラックバック一覧です: 地方自治体の財政事情:

« この夏の節電対応 | トップページ | リーダー像 »