« 4日間のタンデムツーリング | トップページ | 市政報告会を行います »

2011年5月 7日 (土)

浜岡原発の将来

「管総理が中部電力に原発停止の要請をした」「中部電力は緊急取締役会を開くが結論は先送り」というニュースが立て続けに入ってきました。

私は、環境負荷の少ない発電方式を出来るだけ早く確立し、核分裂による原子力発電はやめていく方向が望ましいと考えている一人です。もちろん「すぐに原発はやめ」ということではなく、代替エネルギーの準備が出来ていることが前提です。(50年、100年計画といった長期計画が必要ですが…)
<もしくは火力発電などに頼りCO2が増加してもやむなし、とか経済や生活水準の縮小もやむなし、などの社会的合意が出来るか?といった考え方もありますが、あまり現実的ではありませんね!>

例えは全く違いますが、排出ガス規制が自動車エンジンの発展に大きく寄与し、ハイブリッドや電動自動車へと進化し続けています。

同様に、地震や津波により原子力の安全性が見直しを余儀なくされている現状は、原子力発電から新たな発電方式へと技術革新をするチャンスという見方も出来ると思います。

リーマンショックの直後の震災ということもあり、様々な産業が停滞を余儀なくされています。政府として電力の需給状況やエネルギー政策の将来像などをしっかり検討し、電力会社はもちろん一般の企業が参入して新たな電気エネルギーをどんどん生み出せるような政策を同時に打ち出してほしいと思います。

また、これまでの原子力政策は、原発立地地域の優遇政策とセットということもあり、そうした原発立地地域の理解も大きな要素のひとつです。

今回の原発停止要請は、各界に様々な波紋を呼ぶことになりそうです。しかし批判からは何も生まれないので、是非、前向きに捉えた上で、辛抱強く問題点をひとつづつ解決していってほしいものです。

また「原子力発電所の安全」について再定義も必要になりました。停止したものを再開するためには「社会的に認知された基準」がありそれをクリアする必要があります。

そうしたことも含め、地震や津波へに対する安全策、原子力政策そのものについて将来の姿が見えるような今後の進捗を期待します。

|

« 4日間のタンデムツーリング | トップページ | 市政報告会を行います »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/51606566

この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発の将来:

« 4日間のタンデムツーリング | トップページ | 市政報告会を行います »