« 復興支援チャリティコンサート | トップページ | 列島クリーンキャンペーン »

2011年6月29日 (水)

水の流れ

28日、建設産業委員会で市内の上下水道施設を視察しました。

Sany0012 まずは、「寺谷の浄水場」天竜川および太田川の水を引き、薬品を使って濁りを沈殿させ、ろ過をしたのち塩素消毒をして各家庭に送ります。Sany0013

その途中にあるのが見付配水場です。ここは、見付・中泉を中心に市街地への安定供給が目的で設置されています。併せて防災用として旧磐田地区の世帯へ配水する12時間分の水をためておけるように新しく2500tの貯水池を新設しました。

Sany0014最後に汚水処理の磐南浄化センターです。磐田の南地域約12万人分の下水を毎日処理し、きれいな水にしてぼう僧川に流します。下水道普及率は現在約75%、静岡・浜松・三島についで県内4番目の状況です。現在は、県が管理していますが、H27からは磐田市に移管される予定で、それまでには、流域の人口すべてを対象に浄化するための設備の増強を行っているところです。

井戸水の水質が年々悪化する中で、河川の水を浄化して上水道とし、しっかり汚水処理してきれいな水を河川に戻すという循環が行われるようになれば、自然環境もずいぶんと良くなると思います。

上下水道は、人が生活する上で最も基本的なインフラです。課題を整理して、チェックと提言が出来るようにしていきたいと思います。

|

« 復興支援チャリティコンサート | トップページ | 列島クリーンキャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/52076080

この記事へのトラックバック一覧です: 水の流れ:

« 復興支援チャリティコンサート | トップページ | 列島クリーンキャンペーン »