« 地方自治体の財政事情 | トップページ | 客観的に観る »

2011年6月 3日 (金)

リーダー像

菅内閣の不信任案が提出され否決されました。私は、新進党と民主党が合併し、政権を狙う新しい民主党になってから、ずっと支援してきましたので、現在の政治情勢は、自分のことに様に心が痛みます。

組織として機能出来ない民主党の構造問題は大きいと思いますが、国会という組織に対する国会議員の認識にも疑問を感じています。

市長部局と議会は車の両輪と言われます。労使関係も車の両輪。そのお手本は行政府と立法府です。その基本的な認識が今の国会議員に問われています。

もちろん、その国会議員を応援してきた私たち地方議員にも責任があります。苦言を呈しながらも支え、自分たちの地方議会において、少しでも市民の信頼に足りる行動を心がけたいと思います。

リーダー不在といわれます。情報が氾濫し、リーダーの一挙一動が報道されるため、どうしても欠点が強調されます。「みんな違って…」のように、人間ですから首相になるような人と一市民とそんなに大きな違いは無いと思います。

リーダーが力を発揮するためには、組織が機能しなければなりません。今、スピードの時代と言われますが、経済はもちろん統治形態においても、下り坂に差し掛かっている日本の現状を考えると、グローバル企業はともかく、政治はじっくり腰を据える時期ではないでしょうか。

ポテンシャルが高いだけに、あせって坂を転げ落ちることだけは避けたいと思います。

|

« 地方自治体の財政事情 | トップページ | 客観的に観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/51840726

この記事へのトラックバック一覧です: リーダー像:

« 地方自治体の財政事情 | トップページ | 客観的に観る »