« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

決算特別委員会

26日、第一決算特別委員会があり、平成22年度の一般会計決算を賛成多数で採択しました。

既に実施したものの承認を議会では「認定」といいます。正式認定は本会議になりますが、実質的な審議は委員会で行います。

委員会は、歳入から歳出まで決算書類を順番に確認し、不明点や疑義のある個所を議員が質疑し当局が答弁します。それを繰り返し、最後に決算全体と1年間の成果や課題についての質疑・答弁があります。

その後、賛成・反対の意見表明があり、採決となります。

決算の審議は、28人が一般会計と特別会計を14人づつで分担して行います。従って、決算特別委員会の採決結果は13対1で賛成多数となりました。

反対者の反対理由の主なものは
①実質収支(剰余金)が37億あり、他の必要な事業に使えたのではないか
②木造住宅の耐震補助金額が不足であること
③子ども医療費の助成が入院のみで通院がないこと
④給食センターの民間委託が進んでいること(基本的に公営であるべき)
⑤保育園の正規職員が減少し非正規職員(保育士)が多いこと
などです。

総論としては、市民要求を抑えてお金を残す政策となっていることが問題であるという主張でした。

私は賛成をしました。
賛成の理由は、「平成22年度は財政健全化が第一目標の年であり、出来るだけ無駄を省き、必要なところにも精査した予算配分をおこなったものであり、決算も、使い切らずに次年度以降に備えるという、予算決定時の方針に沿ったものであった」ことからです。

剰余金が多かった理由も、税収や交付税(国からの助成金)が見積もりよりも、大幅に増加したことが主要な原因でした。したがって、市民サービスや事業が充分出来なかったということではないという見方が適切ではないかと認識しています。

ちょっと分かりにくいかと思いますが、

10月22日(土)10時~ ワークピア磐田
10月23日(日)10時~ 富士見町会館
の“松野まさひろ市政報告会”で詳しく説明し、自分の考えもお伝えしたいと思います。是非、おいで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

…彼岸まで

清々しい朝になりました。“暑さ寒さも彼岸まで”と言いますが、今年は秋が来ないのでは?このところ毎年心配をしていますが、今朝は一気に涼しくなりました。

富士山を世界遺産に推薦することが決まりました。富士山の四季はもちろん、日本の四季はモンスーン気候のおかげで春夏秋冬それぞれに美しい自然が楽しめ、世界に誇れるものだと思います。

地球温暖化が原因かどうかは分かりませんが、氷河期が明けてから…万年もの間繰り返されてきた四季が、100年にも満たない期間で、それも人間の力で変わってしまうとしたら、大変なことだと思います。

とりわけ、何世代もかけて自然の変化に適合してきた動植物に対し、大きな罪を犯していると言えるかも知れません。

また、人間も科学の力で、寒くても暑くても快適に過ごす道具を発明してきましたが、一方で自然に適応する力を少しずつ失いつつあるように思います。

科学が、自然の力の前では全く無力であることは、東日本大震災はもちろん、先日の台風でも明らかです。

もっと自然との共生を重視した進化が私たちには必要ではないかと思います。

富士山は自然遺産ではなく文化遺産、自然遺産とは言えないほど開発が進み汚れてしまったため、文化遺産に切り替えたわけですが、文化遺産だけでなく自然遺産でもある富士山にするために努力していくことが必要かと思います。

市議会でも、工場を建て家を建て、人を増やし税収を増やそう、という議論がされますが、本当にそれで良いのだろうか?高度成長から半世紀、そろそろ考え直す勇気が必要だと思いますがどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

質疑

9月議会本会議の質疑が9月21日、22日の両日を使って行われました。

議会の議案審議は、専門委員会を設け、テーマ毎に分担して集中的に審議することが慣例となっています。

したがって、本会議においては、主に議案全体に関わるものや、傍聴者のほとんどない委員会ではなく、傍聴や今議会から導入されたインターネット中継などにより、市民に直接聴いてもらいたい案件などが、本会議場において質疑・答弁されます。

なお、自分が所属する委員会に関わる質疑は本会議場で出来ないという申し合わせになっています。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、そういう事から、決算では一般会計を審議する特別委員会に属している私は、22日、特別会計の「国民健康保険事業」と「病院会計」についての質疑を行いました。

私の質疑の概要を記載しておきます。詳細は、インターネット中継の「録画」で確認してください。

「松野まさひろ」の質疑と答弁概要
<国民健康保険事業>
Q.国保財政の現状認識と主な課題は何か?
A.国保加入者は、高齢者・経済的に厳しい方が増えており、国保税の確保が最も重要な課題。したがって今後も一般会計からの繰入に頼らざるを得ない。
Q.保険給付費増加の要因は?
A.被保険者数は横ばいにもかかわらず、高齢者割合が増加し高額療養費などが増えている。また、診療報酬の増額改定の影響もある。
<病院会計>
Q.平成22年度の磐田市民総合病院の決算の評価と課題は?
A.周産期医療などをはじめ、急性期病院としての体制が整ったこと、診療報酬の改定が病院の構造にマッチしていたこと、経費削減などの努力により、赤字ではあるがH21に対し大きく改善できた。今後は、地域医療連携やスタッフの確保などの課題を解決しながら経営基盤の強化をしていく。
(数字的には収益規模120億円で約3.5億円の赤字、キャッシュフローは+18億円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

本宮山

2011 久しぶりに休みをとらせてもらい、家内と本宮山に登ってきました。本宮山は豊川市にある792mの山で、山頂に砥鹿(とが)神社の奥宮があります。高い山ではありませんが、古代からの信仰の場所とのことで1000年近い杉に囲まれた幻想な雰囲気の奥宮でした。2011_2

麓のウォーキングセンター(市営の観光所を兼ねたウォーキング拠点)を7時にスタート、山頂を経由してお昼までの5時間のウォーキングを楽しみました。

敬老の日ということもあり、私よりも10歳以上は先輩と思われる方がたくさん歩いている中を、ときどき若いカップルや山ガールがすれ違うといった風景でしたが、しっかりとした案内板もあり、敷地のトレッキングコースの参考になるかも!と思いながらの山登りでした。

すっかりリフレッシュしたので、また明日から、元気に議会活動に取り組みながら、後援会だよりと報告会の準備をしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

浜岡原発・津波についての県政報告

県議会議員の柏木たけしさんが「浜岡原発・津波についての県政報告会」をされるという話を聴き、勉強も兼ねて行ってきました。

浜岡原発と東北へ何回か視察に行き、目で見てきたことも踏まえた分かり易く主張がはっきりとした報告会でした。

浜岡原発は、使用済み燃料の処理がきちんとできない限り再開すべきでない。使用済み燃料の処理方法は地中に埋める以外確立されていないようですし、六ヶ所村の施設もいつ稼働するか決まっていないようですので、再開は出来ないという結論を持っているという事でした。

津波については、現在(浜松~御前崎太平洋自転車道路)のかさ上げによる堤防の増強が検討素材にあがっていますが、柏木さんは、150号バイパスの土盛り高架と坊僧川堤防の補強を組み合わせたらどうか。という提案を持って、宮城県名取市の状況を踏まえた研究報告をされました。

原発や国道・河川を含む工事は、県・国が決断しないと実現できない政策ですので、今日の報告会を参考にしながら、県議・国会議員との連携を取っていきたいと思います。

2011 いずれにしても、子どもたちの未来に安心を担保することは大人の責務です。出来ることから着実に…だけでなく困難な課題にも挑戦していく勇気が必要ですね。

今日は、午前の運動会と夕方からの県政報告会に、刺激を受けた1日でした。(写真は、富士見小運動会のひとコマ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

9月議会の一般質問その2

昨日は、一般質問最終日、5人の方が質問に立ちました。当日は、袋井市議会から「一問一答の質問方式」を見学に来られました。

この「一問一答方式」は、国会の予算委員会と同じように、1テーマ毎に質問と答弁を繰り返す方法です。(普通の会話と同じと考えればよいと思います)
一般的に、議員が、いくつかのテーマをまとめて質問し、それらを一括して答弁する方法がとられていますが、「形式的な質問や答弁に終始する」「聴いている傍聴者に分かりにくい」などの観点から、1年前、質問者が、今までの方式「総括質問と言っていますが」と一問一答方式を選択できることに変更しました。

一問一答は分かりやすい半面、「押し問答」や「重箱の隅的質問への変化」などに陥り易いなどの欠点があります。

どちらの方法も一長一短があり、磐田市議会では選択制を取りました。
市民の皆さんからはどの様に映るか確認が出来ていないので、本9月議会から導入されたインターネット中継を見ていただき、議会やそれぞれの議員に厳しい意見等をいただければ幸いだと思います。

さて、主な質問を記載しておきます。

Q.男女共同参画の基本的な認識は
A.尊重しあうことと考えている

Q.災害時の要介護者・要支援者への対応について
A.要介護・要支援者について地域で把握し、避難所についても特養ホームや老人介護施設などと連携し対応出来るように検討している。

Q.危機管理体制の充実策として(仮称)防災センターを計画しているが現在の検討状況は?
A.震災を受け、前倒ししている。H24年度中には実現したい。

Q.市内企業の節電対策による土日出勤に対応した保育園・学童保育の土日対応の現状と課題は?
A.8月末現在、想定された人数の7割から9割の休日対応となっている。3カ月の期間限定であるため大きな問題はなかったと認識しているが、休日が取れないの保育士の労働環境など課題も多い。

Q.新ゴミ処理施設の廃棄物発電の現状と課題は
A.5月~稼働し、発電の21%を売電している。発電量が一定ではないので購入もしており、1年間継続してみないと効果や課題は明確にならない。

Q.防災拠点としての学校の実態は?
A.体育館が避難所となる。建物の耐震は充分だが、一部、天井や照明の落下防止が必要、対応を急いでいるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

一般質問

磐田市議会では、一昨日から今日までの3日間、「一般質問」が行われています。一般質問は、各議員が市政の課題や将来構想について自分の政策を交えて質問し、執行側の考えを問い質すものです。もちろん問題の指摘や不明な内容を明らかにすることも一般質問の目的の一つです。

本議会は「決算議会」、決算の実態を掘り下げながら質疑(これは一般質問と異なり、提案された内容を明確にするための質問で、意見表明は出来ません)を行うことに集中するつもりで、この一般質問については久しぶりに聴く側となりました。

他の議員の質問に真剣に耳を傾けると自分と視点が違うので勉強にはもちろん、新しい発見もあります。議会や議員の信頼が薄れていますが、是非、傍聴していただき、その感想を議会に寄せていただければと思います。

さて、私の目から観た主な質問を記録しておきます。

Q.林業の推進 磐田市にもたくさんの森林があるが荒れているのが現状。間伐材の利用、市民による森林公園の整備などで森林の整備と林業の推進が必要ではないか。
A.市単独では難しく県と協力して整備を進める。間伐奨励金補助の拡大は他市町と同等以上であり考えていない。トレッキングコースの整備をきっかけに自然を生かした公園づくりを進める。

Q.保育所の待機児童対策、幼保教育の一元化、小学校へのスムーズな接続などの課題にどう対応するか?
A.H23:30名、H24:90名、H25:60名の増員を考えているが、ニーズの拡大もあり「幼保一元化」も早急に検討を進めたい。まず来年度から幼稚園・保育園の窓口一元化を実施する。

Q.公民館・コミュニティーセンター・農村環境改善センターなどの名称と用途の整理は?
A.今後、市民視点で使いやすいように整備も含め検討していく。

Q.磐田原開発(東名磐田インターの資金調達のため設立)の支援策は?
A.貸付金の返済問題など困難な課題が山積しているが、関係者との調整を含め、本年10月には、今後のスキームが発表できると考える。

Q.磐田市民病院において産婦人科医が不足し、里帰り出産などは断わってるようだが実態は?
A.現在、年間1200人前後の出産がある。医師不足への対応は急務で今年度中に1名、次年度に1名の確保を考えている。

Q.市役所の出来力調達コスト削減として特定規模電気事業者利用を検討したらどうか?
A.H24年度からの実施を目標に検討したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

震災復興チャリティコンサート

13日、中秋の名月の夕、震災復興チャリティコンサートが開かれました。ハープ・チェロ・バイオリンの三重奏による「ふるさと」の演奏から始まったコンサートは、フルート、声楽とつづきオカリナによる宮崎ワールドからシャンソン・サクソフォンでクライマックスへ、そして今度はフルート・バイオリン・ハープの三重奏に戻りました。

家内をして“今までの中で一番良かった”と言わしめた心に響くコンサートでした。

最後に佐藤紀子舞踊団が披露され、出演者全員によるフィナーレとなりました。出演はほとんど磐田出身者とのこと「いわしん あい愛コンサート」にも出演されている方達とのことです。

この公演の入場料は、10月21日~23日に予定している災害ボランティアの費用に充当されます。120名のボランティア募集が既に一杯ということですが、追加で80名の再募集が行われることになりました。

私は既に報告会などの予定を組んでいるため、今回は参加できませんが、是非多くの市民が体験し、その思いを様々な助け合いの活動に活かしていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

季節

朝晩が涼しく過ごしやすくなってきました。窓から見える空も青く透き通るようです。

2011 地球温暖化が進み、季節感も無くなりつつあるようですが、今年は秋を感じる年になるでしょうか?今年は春が少なく、何十年かぶりに雪が積もった冬から、一気に夏になったような前半でした。

節電の夏が思わぬ効果を与えるかも…このまま節電が続けば、季節感が戻ってくるのでは?ほのかな期待をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

あれから半年

東日本大震災から半年、復興への道のりはまだまだのようです。磐田市では、13日、復興支援のチャリティーコンサートが磐田市民文化会館で行われます。入場料2500円を支援Img金とするほか、10月22日~24日には災害ボランティアを行う予定です。

今後も、出来る限りの支援をしていきたいと思います。また、紀伊半島の台風12号の被害についても、状況を把握し、必要に応じて支援を考えたいですね。アンテナを張っておきたいと思います。

そんな中、大臣の不適切発言が報道されています。公 人の発言による問題は、キチンと対処すべきと思いますが、国会で追及する議論ばかりが与野党の間で交わされていることは問題と思います。

追及は、国会議員だけで、官僚の就業時間後、経費自腹で行ったらどうでしょうか?少なくとも政策論議をすべき予算委員会で、大臣の発言や汚職の論議はやめていただきたいと思うのは私だけでしょうか?

大臣の問題は、首相の任命責任はもちろん、民主党に過半数を投票した私たち国民全体の問題でもあると思います。マスコミはもちろん私たち国民自身が、日本の現状にもっと危機感を持たないと…。

がんばろう日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

自分の健康、自分で守る

9月10日、豊田えいせい病院の20周年式典がありました。記念講演が予防医学健康法ということで、期待をしていましたが、これが期待をはるかに超える素晴らしい講演でした。

サブタイトル「ピンピンコロリを目指そう」ということで、最初に人生90年時代、50歳~75歳までは中年と呼ぶようにしよう!から講義が始まりました。

浜までは 海女も蓑着る 時雨かな  (瀧 瓢水作)

海女は海にもぐる商売なのに、浜へ行く途中に雨が降ると蓑を被ります。人は100%必ずいつかは死にます。だからといって命を粗末にせず、死ぬまでは心や体を労わって生きていきましょう。大事なのはセルフケア…養生です。

そういえば、江戸時代の診療所は「養生所」と言っていたような…

縄文人と現代人の生理学的な構造はほとんど変わらない。
変わるのは
①病的な運動不足と飽食…人間の体は飢餓に対応するよう作られ肥満には対応できない。
②生物学的進化を超える過剰なストレス

この二つとうまく付き合い、自己治癒力を引き出していくことがピンピンコロリへの道

そのためには、「元気になる」「やればできる」と声に出すこと。医学的にも潜在意識が、遺伝子に働きかけ元気になることが立証されている。

4つの基本
①いつも感謝
②食べ物…自分の口で良く噛んで
③腹式呼吸…ゆっくり大きく呼吸する⇒一番重要な栄養素は酸素
④運動…人間は動物、歩くこととラジオ体操(頭・手足・首と腰・股関節のいたわり)

男の自立…ひとりで生きられる(料理・掃除・洗濯ができる)

講演された寺田 護先生は、浜松医科大学を退職されたのち、地域で健康法を実践されていらっしゃる方です。ポロシャツにチノパン姿で、書類の入ったリュックを背負って現れました。飾らない健康に正面から向き合っている姿がすばらしい“中年”です。

少しでも近づけるよう、今から努力したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

台風一過

台風12号は大きな被害を残して去って行きました。昨日は久しぶりの青空、今日はきれいな朝焼けとともに秋晴れの快晴です。

しかし紀伊半島の山沿い地方では大変な被害となり、あらためて自然の脅威を感じました。心からお見舞い申し上げたいと思います。

Photo 熊野那智~新宮にかけては、世界遺産の熊野大社へ続く熊野古道がある古くから自然と人間が共生してきたところです。TV報道では、道は寸断され至るところから山崩れが起きていて、ほんとうにびっくりしています。

戦後60年のわずかな間に、山を崩して道路を通し、川をせき止めダムを作り、古く古代から植林し成長したスギやヒノキで家を建てまた植林し守ってきた山は荒れ果てています。一度人間が手を入れた自然は、人間が責任を持って守らないとバランスが崩れてしまうそうです。

自然を恐れ、自然に学び、自然と共生してきた2000年の歴史をたった数十年で失わないようにしたい。経済の立て直しが、日本政府の重要課題となっています。地域でも雇用問題の改善が急務です。林業や農業などをもう一度、経済活動の中心に置いた社会の設計が出来ないものでしょうか?

地球は今、私たち人類に考えるチャンスを与えようとしているのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

人生二人三脚

これまでの人生で一番お世話になったのは?昨日は衆議院議員「小山展弘」さんの結婚披露宴がありました。

2011 衆議院議員やスズキ会長、浜松市長など主賓席には近寄れないくらいの大物が集まった式でしたが、小中学校の恩師や地元の若者なども出席していたので、最初は激励会の雰囲気もありましたが、式が進むにつれ、なごやかな若い二人の旅立ちを祝う席となりました。

奥さんも政治を志してきた才女、二人三脚でこの地域から日本の未来を創っていくことを期待したいと思います。

私は24歳で何も考えないまま結婚、家内は22歳でした。仕事で毎日午前様に近い日々が続き、たまの休日には職場の仲間とツーリングやスキー、また、親とも同居していたことから家内にはずいぶんと苦労をかけました。

いろんな方にお世話になりご指導を受けて今の自分があると思いますが、何といっても家内には世話になったというより世話をかけました。
人生二人三脚といいますが、久しぶりに披露宴に出席し、自分の人生を重ねて振り返る、良い時間を過ごさせていただいたと思います。

がんばろう日本、がんばろう「小山展弘、知意」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

磐田市議会インターネット中継

9月2日、磐田市議会9月定例会が開会し、遅ればせながら磐田市も市議会本会議のインターネット中継を始めました。

議会は平日の昼間に行われるので、勤労者の方は仕事ですが、3日後からはビデオ上映が見られますので、休日や仕事が終わった後にゆっくり見ていただくのも良いかと思います。

磐田市のホームページ、市長の部屋の下のバナー「磐田市議会」をクリック、メニューの最後「インターネット中継」をクリックすれば、中継画面に繋がります。

9月議会は決算審議が主な議題です。本年は財政の勉強をしたばかりなので、その結果を活かして委員会審議に集中しようと思っています。そんなことから、一般質問は行いませんが、会派新磐田からは4人が質問に立ちます。

また、一般質問だけでなく、審議の様子も見ていただいて、議会に対し厳しいご指摘をいただければ幸いと考えます。

9月議会のポイントは
①9月14日~16日 10時~一般質問(14日午後:玉田・加藤各議員、15日10時:寺田議員、16日午前:川崎議員
②9月21日 質疑:一般会計の決算について、9月22日 質疑:特別会計の決算について

です。質疑は議案の疑義を質すものですが、決算はすべての課題を含んでいますので、一般質問同様、議員や行政の問題意識を知るのには良いと思います。

私も9月22日の質疑は通告を行うつもりで準備しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

見付天神裸祭

国の文化財「見付天神の裸祭」が始まりました。祭りは祀り、そして政(マツリゴト)です。身を清め神に祈り地域の結束を図っていくことが、自然を相手に生活をしてきた古代の知恵でした。

自然災害の脅威を目の当たりにした本年は、とりわけ古代からの風習についてあらためて考えさせられます。

8月28日、元天神社で祭事始が行われ、その夜「御斯葉おろし」という地域のお清めがあります。昨日31日は、氏子のお清め「浜垢離」がありました。

P8300247 この「浜垢離」はお清めの神事の他、女性や子供も一緒になった町内の親睦会的な意味があります。裸祭には女性は参加できないため、楽しみにしている方も多いようです。

台風12号が近づいているということで、海に入って身を清めるというよりは、波で足を洗うという感じのお清めになりましたが、事故もなく子どもたちも大喜びのうちに「浜垢離」ができました。

その後、昼食を取りながらの親睦会は途中から大雨になり散々でしたが、バスの時間が決まっているため、雨の中で様々な会話ができました。鳩山元首相が雨天の友という話を良くされていましたが、町内の皆さんと少しですが「雨天の友」になれた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »