« 質疑 | トップページ | 決算特別委員会 »

2011年9月24日 (土)

…彼岸まで

清々しい朝になりました。“暑さ寒さも彼岸まで”と言いますが、今年は秋が来ないのでは?このところ毎年心配をしていますが、今朝は一気に涼しくなりました。

富士山を世界遺産に推薦することが決まりました。富士山の四季はもちろん、日本の四季はモンスーン気候のおかげで春夏秋冬それぞれに美しい自然が楽しめ、世界に誇れるものだと思います。

地球温暖化が原因かどうかは分かりませんが、氷河期が明けてから…万年もの間繰り返されてきた四季が、100年にも満たない期間で、それも人間の力で変わってしまうとしたら、大変なことだと思います。

とりわけ、何世代もかけて自然の変化に適合してきた動植物に対し、大きな罪を犯していると言えるかも知れません。

また、人間も科学の力で、寒くても暑くても快適に過ごす道具を発明してきましたが、一方で自然に適応する力を少しずつ失いつつあるように思います。

科学が、自然の力の前では全く無力であることは、東日本大震災はもちろん、先日の台風でも明らかです。

もっと自然との共生を重視した進化が私たちには必要ではないかと思います。

富士山は自然遺産ではなく文化遺産、自然遺産とは言えないほど開発が進み汚れてしまったため、文化遺産に切り替えたわけですが、文化遺産だけでなく自然遺産でもある富士山にするために努力していくことが必要かと思います。

市議会でも、工場を建て家を建て、人を増やし税収を増やそう、という議論がされますが、本当にそれで良いのだろうか?高度成長から半世紀、そろそろ考え直す勇気が必要だと思いますがどうでしょう。

|

« 質疑 | トップページ | 決算特別委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/52815078

この記事へのトラックバック一覧です: …彼岸まで:

« 質疑 | トップページ | 決算特別委員会 »