« 9月議会の一般質問その2 | トップページ | 本宮山 »

2011年9月18日 (日)

浜岡原発・津波についての県政報告

県議会議員の柏木たけしさんが「浜岡原発・津波についての県政報告会」をされるという話を聴き、勉強も兼ねて行ってきました。

浜岡原発と東北へ何回か視察に行き、目で見てきたことも踏まえた分かり易く主張がはっきりとした報告会でした。

浜岡原発は、使用済み燃料の処理がきちんとできない限り再開すべきでない。使用済み燃料の処理方法は地中に埋める以外確立されていないようですし、六ヶ所村の施設もいつ稼働するか決まっていないようですので、再開は出来ないという結論を持っているという事でした。

津波については、現在(浜松~御前崎太平洋自転車道路)のかさ上げによる堤防の増強が検討素材にあがっていますが、柏木さんは、150号バイパスの土盛り高架と坊僧川堤防の補強を組み合わせたらどうか。という提案を持って、宮城県名取市の状況を踏まえた研究報告をされました。

原発や国道・河川を含む工事は、県・国が決断しないと実現できない政策ですので、今日の報告会を参考にしながら、県議・国会議員との連携を取っていきたいと思います。

2011 いずれにしても、子どもたちの未来に安心を担保することは大人の責務です。出来ることから着実に…だけでなく困難な課題にも挑戦していく勇気が必要ですね。

今日は、午前の運動会と夕方からの県政報告会に、刺激を受けた1日でした。(写真は、富士見小運動会のひとコマ)

|

« 9月議会の一般質問その2 | トップページ | 本宮山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/52765700

この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発・津波についての県政報告:

« 9月議会の一般質問その2 | トップページ | 本宮山 »