« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

建設産業委員会の視察

24日から本日まで2泊3日で、建設産業委員会の視察に行ってきました。視察と言うと、公金を使った旅行のように言われることが多い昨今ですが、他市の状況を見聞きすることは、自らの政策を考える上で重要です。

また、建設産業委員会はベテラン議員が多いこともあり、先輩議員の体験談をじっくり聞くことが出来る良い機会となりました。

さて、視察の感想を記載しておきたいと思います。

<八尾市の産業振興>
P1020580 八尾市は以前マスコミで報道された東大阪市と同様、中小の製造業が多い町です。現在、製造品出荷額は、東大阪市を抜いて、大阪市、堺市に次ぐ大阪府第3位ということです。ミキハウス発祥のまちでもあります。
産業振興のため平成10年に産官学による産業振興会議を立ち上げ、そこを起点に国や府も含めた支援策を展開し中小企業へのアドバイス活動を始めます。平成13年には、中小企業地域経済振興基本条例を制定し、システム的な対応を始めています。現在はそうした仕組みの中心に中小企業サポートセンターを置き、商工会議所と市役所が連携し大学教授や大手企業の退職者の力を使ったアドバイス支援により、経営の問題解決や起業支援を行っています。

磐田市も新産業創出協議会を設立するなど、産官学による連携を図り始めました。今後の展開のお手本となる事例でした。

<加古川市の農産物新需要創出事業>
国の緊急雇用対策事業を活用し、且つ、短期雇用ではなく継続的な雇用が生み出せないかと考えた事業でした。
基本はJAを中心に立ち上げた「㈱ふぁーみんサポート東はりま」による担い手教育と雇用、および収穫した作物を活用した食材プロモーションです。加古川の農畜水産物を使う「かつめし」を名物にすべく活動しているということでした。
「ひみつのけんみんショー」に取り上げられてから人気商品になったという説明をいただきましたが、農業全体の活性化にはまだまだのようでした。

<富田林市の市設置型浄化槽設置事業>
P1020589 磐田市を含めて多くの市町では、環境保全のための生活排水対策として、公共下水道の整備を進めてきました。しかし、膨大な投資を必要とするため時間がかかることや、住宅が点在する郊外での対応として、市の補助を受けて個人が設置する合併浄化槽で補完しています。
富田林市では、この合併浄化槽を補完ではなく公共下水道事業の一環として、住民は接続のための費用と使用料を払い、設置と維持費用はすべて市が負担するという公共浄化槽の仕組みで山間部の生活排水対策を行っています。

さらには、PFI方式と言う民間の事業者に事業そのものを委託する方式で行い、普及のスピードアップを図ったという他市には例のない実績をあげていることも特筆されます。

合併浄化槽というと、公共下水道に比べ性能や品質が劣ると思われがちですが、使われ方に合った浄化槽であれば、性能品質にそん色はなく、使用実態により選択することが重要ということです。磐田市も、浄化槽による下水道整備が適していると思われる地域がありますので、充分検討に値する方法と感じました。

最後に、途中で寄った明石の魚の棚商店街が素晴らしかったので、写真を乗せて置きます。P1020582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

今度は会派の報告会

個人報告会が終わり、来月は会派の報告会があります。

市内6カ所で行いますので、最寄りの会場もしくは都合のよい日においでいただけると幸いです。201111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報告会においでいただきありがとうございました

P1020575 3回目になる市政報告会が無事終了、反省点はたくさんありますが、それをこれからの目標にして、また、一歩づつ活動を進めていきたいと思います。

5月に実施してから半年、あまり報告の内容が進化していなかったこと、市政全般について話そうとするあまり、重点がはっきりしないといったことが自分でも気になりましたので、今後は、もう少し焦点を絞って報告し、参加者の意見を聴くようにしてみようと思います。

P1020577 何といっても一番は、参加者があまり増えないことが反省点、これからはもう少しいろんな人に協力してもらわなければ…、選挙のない時期に、市政や議会の報告だけで市民の方々に集まってもらう難しさを実感しています。

このブログを読んで、こうしたらというアドバイスありましたら、大歓迎です。

いずれにしても、土日の昼間に報告会へ足を運んでいただいた市民の皆様に、心より感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

自転車でまちを走る

自転車の事故が増えていると言います。とりわけ首都圏では問題になっているというニュースが流れています。

20日に磐田市の自転車運転マナーキャンペーンと称して、市内の高校の先生と生徒および各地域の交通安全指導員・交通安全会が合同で、通学時の安全運転の呼びかけを行いました。

2011 当日は高校生も多数参加していました。指導員の方にも言われましたが、理屈ではなく、旗を持って交差点に立っているだけで、まず自分の意識が変わり、安全な運転を心がけようと言う気持ちになると思います。
参加していた高校生も、きっと同じように安全活動の経験が刻み込まれていくことを期待したいと思います。

順番で廻ってきた交通安全の役員ですが、とにかく何でもやってみようという意識で1年間やっていこうと思います。

さて、自転車で走っていると、道路がいかに歩行者や自転車に優しくない設計になっているか!身にしみて感じます。

自転車は車道を走るわけですが、路肩の確保が出来ているところいないところの差が大きいため、歩道を走らざるを得ないことも多く、歩道と車道の段差も気をつけないとハンドルを取られます。

ある方から、国道の立体交差しているところでは、歩道橋をわたらないと目的地に行けないという指摘もありました。

過ごしやすい季節にもなってきましたので、市内を自転車で走り、自分の足で歩き、歩行者や自転車に優しいまちづくりについてじっくりと考えることも、この秋の課題にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

地方政治の変化

Img_0002 このところ行革関係の記事が目につきます。浜松市の第3次行革審の答申、県の事業仕分け、掛川市の自治基本条例などです。それぞれが審議会などからの答申ですが、これまでとは違う市民参加の動きを感じます。

特に掛川市の自治基本条例の諮問機関「掛川市自治基本条例を考える市民委員会」の内容には興味を引かれます。

記事のタイトル「住民投票条例常設を」に引きつけられたこともありますが、松井市長の「行政がひな形を作るのではなく、市民に知恵を出してもらった」という言葉通りに、ひとつひとつ積み上げたものであればすばらしいことだと思います。座長が、私の尊敬する静岡大学の日詰先生ということで贔屓目に観ているかも知れませんが…Img

いずれにしても、今、市民一人ひとりが責任を持って政治に参加することが必要です。そのためには起爆剤も必要な時期が来ていると感じています。住民が参加して考えた改革案の一部であっても、それが採用されていくことによって、住民自治の社会へ一歩一歩近づいていくと思います。

本来、まちづくりの長期計画などについて住民投票で決定し、行政はそれに基づいて毎年度の事業を進めていくことができれば理想的かもしれません。

しかしそのためには、全体の決定に従っていくという民主主義社会のルールを守る覚悟が必要です。

また経済が拡大しない中で、再配分をしていくためには、多くの人に既得権を手放してもらうことも不可欠です。

子どもや孫たちの世代に少しでも多くの選択肢を残していくためには、私たちの世代は、汗を流すことはもちろん多くの負担を覚悟しなければなりません。

微力であっても、こうしたことを腹を割って話していける風土づくりに努力していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

電気自動車の社会実験

磐田市に事業所のあるNTN㈱と田嶋モータース㈱の協力で、電気自動車の社会実験が行われることになりました。

2011  国の特区指定の認可がなかなか下りない中、市独自で企業との連携を図り始めました。技術革新は一時的に従来型の雇用を減少させますが、長期的には新しい雇用や町づくりの原動力となる可能性を秘めています。

開発は大胆に市場導入は慎重にという進め方で、近未来の交通システム、高齢社会における住宅街のありかたを検証するための手段のひとつとして活用したいものです。

2011_2社会実験と言っても今のところ、試作車の街なか試験の領域内に留まるようですが、まちづくりの未来につながるよう一歩いっぽ着実に進むことを願います。

議員のひとりとして、大胆かつ慎重な社会実験の進捗を見守り支えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

ロボットチャレンジ教室

Dsc_0121 ロボカップ競技の大会があります。自作のロボットで、サッカーを行うもので、地方予選会から静岡ブロック大会、全国大会、世界大会とつながるものです。

TVでやっていたのを観た程度でしたが、本年から磐田で教室と予選会が行われることになったと聞き、さっそく、そのための準備をする「ロボットチャレンジ教室」を見学に行ってきました。

Dsc_0118 小学2年生から高校生まで、それぞれのレベルに応じて楽しみながらロボットを組立て、プログラミングし、ゲームの練習をする教室です。

ヤマハ発動機のロボットを製作している事業部も協力していただけるとのこと、磐田市からロボットのエンジニアがたくさん生まれることを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掛塚まつり

昨日からの雨で、予定されていた町内運動会は中止、時間が出来たので、掛塚の祭りを観に行きました。

Dsc_0065 貴船神社は600年の歴史があると言われ、屋台も江戸年代のものが残っている由緒ある祭りです。天竜の木材を江戸や大坂に積み出す港町として栄えた掛塚で、有力な廻船問屋が財力を示すために豪華な屋台が作られたと伝えられているようです。

Dsc_0036 今日は本祭りで、竹馬といわれる先導役が境内に走りこみ、境内で練りが行われたあと、御神輿に続いて、屋台が次々に町に繰出す様子を見ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

会派で県外視察

11日、12日と会派「新磐田」と「公明党磐田」合同の視察に行ってきました。目的は、子育て支援策と広報の事例研究です。

201110111542000 最初に訪問した南丹市は、子育ての支援策として、出産の祝い金や子育て手当など、国の子ども手当に近い主旨で合併前(磐田市と同じく6年前に4町が合併)から、少子化対策として支援を進めてきたという町です。

金銭的支援は、継続が難しい時代になっているということから、今後は子育て支援センターや公民館を使った地域の支援に重点を移していくというお話でしたが、自民党の幹事長をされていた野中広務元衆議院議員の地元ということもあるのか、比較的ゆったりとした住宅が広がる住みやすそうな町が広がっている印象でした。

201110120808000 もうひとつは高槻市、ここでは広報のなかでもインターネットと使ったラジオ放送を中心に、市民と協働で広報を楽しく市民に広げていく試みについて様々な話を聴くことが出来ました。参加する人を増やしていく活動は、すべての組織活動の基本です。あらためて、原点を大切にすることを学びました。

高槻市は古くから栄えた町で、町並みもきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

うさぎ山と子どもたち

本日「うさぎ山を楽しむ会」主催のスタンプラリーが、うさぎ山公園で開催されました。宣伝が行き届かなかったこともあり参加者が少なく心配でしたが、参加した子どもたちは大喜びと、有志によるイベントとしては大成功でした。みんな笑顔で帰って行きました。
また、楽しむ会のメンバーも充実した気持ちで無事終えることが出来たと思います。

とりわけ、今回ボランティアをお願いしていた神明中の女子生徒5名が、最初のおどおどした状態から、3時間後の終了時には、すっかり子どもの指導者(昔のガキ大将の役割かも知れませんが…)になっていたことが、驚きと感動でした。

2011 中学生のボランティア体験について、授業の延長線上のボランティアは…?という見方をしていたところも実はありましたが、たった3時間、一緒にいただけですが、今までの認識が間違っていたことを悟りました。
すべての生徒にとって有意義かどうかは分かりませんが、少なくとも、今日は100%有意義だったと彼女達の眼がそう語っていたと思います。

11月にもイベントが計画されており、その時も中学生ボランティアが参加してくれるようなので、楽しみにしたいと思います。

写真はラリーの途中で拾ってきた落ち葉をつかった作品です。2011_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

さわやかな秋

午前中は沼津にあるヤマハモーターハイドロリックシステム労働組合という舌をかみそうな名前の労働組合の定期大会で活動報告をさせていただきました。

この会社は、自動車やオートバイの油圧システム、平たく言うとサスペンションを製造している会社です。船外機の上げ下げをするシステムなども作っています。リーマンショック以降、大変厳しい経営状況でしたが、現在は二輪も四輪も持ち直しほっと一息の状況とのこと。しかし、超円高で、輸出が打撃を受けている上に、内需が増えないので先行き不安はぬぐえないのが実態の様です。

十代後半の5年間を過ごした町なので、とても懐かしく、市街地のようすなどもゆっくり観たかったのですが、午後から、恒例となった富士見町自治会・老人会合同の第2回グランドゴルフ大会があるので、とんぼ返りになりました。

ちょうどいい塩梅に雲がかかる過ごしやすい御天気のなか、5人もしくは6人の12パーティーによる盛大なグランドゴルフ大会となりました。

2011_2 優勝スコアは55、ちなみにパー3の12ホールを2ラウンド、72がパープレイです。私は、ワンオーバーの73でしたが、一回り以上違う年配の皆さんに全く歯が立たずじまいでした。

来年の2月に第3回の大会を予定しているので、そこでリベンジ…、はともかく、さわやかな秋の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月定例議会閉会

10月7日、9月定例会が閉会しました。議案はすべて可決されました。議員がほとんどの議案に賛成することについて批判的な意見もありますが、市長・議員も市民や地域が良くなるように考えていることについては市民の理解をいただきたいと思います。

私自身もすべての議案に賛成の意思を表明しました。以下、主な議案の採決結果を記載しておきます。

①一般会計決算…可決:議員28名中24名賛成、議長1名(共産党磐田市議団の皆さん3名が反対)*反対理由の主なものは、「職員減による支所のサービス低下」「耐震工事や子ども医療費の補助削減」「学校給食の民営化」など市長の行政改革が市民要望を抑えていることなど。
⇒私の賛成理由は多くの賛成者と同様、市長が約束した行政改革の考え方に沿った決算であったこと
②国民健康保険事業…可決:24名賛成(反対3名)*主な反対理由は生活困窮者への減免措置などが不十分など。
⇒減免措置等は国の対応ですが、不十分な点はあるが市の出来る対応は講じていることなどから賛成しました。
③公共下水道事業…可決:24名賛成(反対3名)*主な反対理由は料金値上げ
④水道事業…下水道と同様
⇒これまで多くの税金を投入してきたが、受益者負担の考え方も踏まえ、料金の適正化を進めています。市民の審議会の答申に対し、経済環境の悪化を踏まえ料金値上げ幅を少なくしています。
⑤磐田市民病院会計…全員一致で可決⇒経営状況は改善しています。
⑥補正予算(津波看板、道路修理、保育園増員対応など)…全員一致
⑦漁業用軽油の軽油引取税の減免措置継続についての国への意見書(要望)…議員発議のため全員一致
⇒道路整備のための税金が漁業用にまで付加されることは適切ではなく、また、漁業者の経営にも影響します。

詳細は、11/22・23の市政報告会(ホームページ参照)で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

市政報告会のご案内と後援会だより

市政報告会を開催します。平成22年度の決算を踏まえた「磐田市の財政」と災害ボランティアの経験や地元の皆さまの声を踏まえた「安全な地域づくりの取り組み」について報告をし、ご意見をいただきたいと思います。
是非、足を運んでいただきたいと存じます。
2011_3 

後援会だよりもご覧ください⇒「kouenkaidayori_voi6.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方の時代?

磐田市は昨日、岡山県の玉野市と災害協定を締結しました。さらに今日は、市町村広域災害ネットワークへの加盟に向けて準備を進めるため、ネットワーク幹事の泉大津市を市長他市の担当幹部が訪問する予定になっています。2011

大規模災害が発生すると、行政機能がマヒしてしまいます。それを最小限に食い止めることと合わせ、離れた自治体間の応援は、被災からの復旧には欠かせません。

東日本大震災では、そうした協定が無い中で、県の指導により岩手県の山田町や大槌町を中心に支援をしてきました。しかし、まず状況把握に調査団を派遣し、あらためて支援部隊を送りだすといった、スピード感に欠けるものであったことは否めないと感じます。

日頃から交流することで、万が一の時の初動に大きな力が発揮できるのではないでしょうか?災害は起こらない方が良いですが、薄皮の様な地殻の表面で暮らしている私たちは、いつ災害が起きてもおかしくない状況にあると言っても過言ではないと思います。

明治維新以来、中央集権国家として発展を遂げてきた日本が、経済の成熟とともに地方がそれぞれの意思を持ち、個性ある地方の集合体として再出発する時期が迫っているようにも感じます。

しかし、そのためには、住民個々人の自立と参加が不可欠です。政治は住民みんなのものです。政治参加を広げていくことも、地方議員の大切な活動と考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

電力政策・エネルギー政策

第3者委員会が、東京電力の電気料金が10年間で6000億円も取りすぎていたなどを含む報告書を野田首相に提出したことが報道されています。

「脱原発」という言葉が躍っていますが、電力政策が見えません。少なくとも現在の電力収支と今後考えられる発電量のMaxとminimumを示して、それが生活や経済にどの程度影響を及ぼすものかシュミレーションしないと、原発が必要・不必要の判断は出来ないのではないでしょうか?

また、原子力発電所の使用済み燃料の処理方法も、世界の科学の粋を集めて研究する必要があると思いますが、それも報道されませんね。

太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーは不安定なものなので、日本全体で補完し合わないと安定した電力供給は出来ないと言われています。そうした場合、現在の地域別に電力会社が発電と送電をシェアしている仕組みでは、将来的に行き詰ってしまいます。

エネルギー政策のような重要な問題は、国民を巻き込んで議論していくべきと思います。国民の理解が進み、それでも意見が割れるようであれば国民投票ということも考える必要があるくらいに人類の将来を決める大切な政策ではないかと感じています。

学生の頃、物理の授業で核分裂について知り、将来は核融合も含めた新しいエネルギーで豊かな生活が出来ると胸を躍らせたものでしたが、残念ながら人間の知恵はまだまだ原子をコントロールするには未熟なようです。

電力会社の再構築や50ヘルツ・60ヘルツの東西の違いも含めて、根本的に電力政策を見直すチャンスだと思いますがどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

富士見町敬老会

201110011348000 10月1日、富士見町の敬老会が富士見小体育館で行われ、幼稚園児の歌と踊り、祭囃子、民謡踊りなど楽しい催し物が披露されました。

201110011408000 富士見町に住む75歳以上の方は490人、全住民が約4500人ですから10人に一人以上が75歳以上です。また、65歳以上の方は約1000人です。

この割合は磐田市全体のそれとほぼ同様です。
敬老会に参加された方は100人程度でしたが、皆さんお元気です。戦後の復興を引っ張ってこられ、経済的に豊かな日本を作ってこられた方々です。

私たち世代は、それを引き継ぎ、豊かさの継続と自然との共生を両立できるバランスのとれた日本にして、次の世代に渡していきたいと思います。お爺ちゃんお婆ちゃん、是非、見守っていただきながら、健康で長生きしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期大会

10月1日のヤマハ発動機労組の定期大会で、今年度(労働組合は定期大会から定期大会までが年度です)も顧問として承認をしていただきました。2011

私の様な立場の議員を組織内議員といいます。組織内議員の役割は、一般的には勤労者の意見反映と言われています。実際に、2年間活動をして思う事は、その前に政治・行政との関わりを伝えるパイプ役に徹するべきでは?ということです。

勤め人は、自分もそうでしたが、住んでいる地域とあまり関わらずに勤め先と自宅との往復をし、休日も会社の仲間や個人的なつながりで余暇を過ごすことが多いと思います。政治や行政にも関心を持つ機会もあまりありません。そんなことから、定年まで勤め上げ、いざ地域に入ってみると戸惑う事も多いと感じます。

一方で行政は、自治会や学校ルート、最近ではNPOなどから、上がってきた市民の声を中心に政策を進めることが多いように思います。平日の昼間に働いている行政の職員に入ってくる情報に、勤労者からの情報が少ないのは当然でしょう。

中央の情報はTVで毎日のように報道され、充分以上に問題意識を持つことができます。それに比べるとメディアによる情報提供が圧倒的に少ない地方において、自分が、地域の政治・行政に関する情報の発信役になることで、現状に問題意識を持つ勤労者を増やしていきたいと思います。

自分の役割と責任を、あらためて振り返ることが出来、有意義な定期大会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »