« レクチャー | トップページ | 岩手県のがれき »

2011年11月19日 (土)

ロボカップジュニア 磐田ノード大会

Photo ロボットでサッカーのように相手ゴールにボールを蹴りいれる競技があります。その子ども大会がロボカップジュニアです。

今日は、その磐田ノード大会。静岡県は沼津と磐田に拠点があり、磐田で勝ち抜くと沼津大会の勝者と県の予選を行い、全日本・世界大会へとコマを進めることが出来る国際的な競技です。

P1020840 13チーム(1チーム2名)が参加して競い合います。小学校2年生から高校生までがジュニア。春から何回かの講座を受け、ロボットを自分で作成し、プログラムを組んで、いよいよ大会というシステムです。本年度から磐田東中、東校の生徒がクラブ活動で講座から参加しています。

P1020841 一方で、何年も続けているベテランの小学生もいますので、この競技は年齢のハンディはなし。まだまだ競技人口は少ないようですが、今後、拡大が期待できそうです。

P1020843 この磐田大会にはヤマハ発動機㈱のIM事業部が協力してくれています。事業部で総務の責任者をしている友人が講義をするということなので、今日は見学兼聴講をさせていただきました。
P1020842 ヤマハ発動機も、ガソリンエンジンから電動へそしてロボットへと将来を見据えた事業の強化が必要ということで、ロボット事業の将来についても様々な研究をしている実情のお話がありました。
また、その事業を進めるためには優秀なロボットエンジニアが必要で、ロボカップの競技は、将来の基礎になるから頑張って欲しいという、子どもたちへのエールもありました。

ロボカップジュニアがんばれ!

|

« レクチャー | トップページ | 岩手県のがれき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/53283455

この記事へのトラックバック一覧です: ロボカップジュニア 磐田ノード大会:

« レクチャー | トップページ | 岩手県のがれき »