« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

仕事収め

今日は役所も会社も仕事収めでした。会社の仕事収めは、カレンダーの関係で例年よりやや遅め、帰省する人は混雑が大変かもしれませんね。

201112 ヤマハ発動機の労働組合では、退社時に年末年始の交通安全の呼びかけを行いました。昨日に比べればやや寒さは緩んだというものの、日が落ちてからは気温も下がり、風も強くなったため、役員の皆さんもジャンバーに身を固め、退社する社員に安全運転の呼びかけを行いました。

201112_2 色んな出来事があり激動の一年でしたが、皆さんホッとしたような笑顔を浮かべ、家路を急いでいました。

1年間お疲れ様でした。やや短い冬休みですが、ゆっくり疲れを取って、来年はまた元気に汗を流しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

スマートホン?

先週からスマートホンを使い始めました。なかなか慣れませんが、簡単なブログや手帳代わりには便利かも知れません。
また、移動中の作業にはもってこいですね。どうしても長い文章を書いてしまいがちなので、簡潔に情報を伝える訓練も兼ねてしばらく頑張ってみたいと思います。
とりあえず今日の餅つき写真を載せてみます。
Dsc_0026


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

犬山市の街づくり

24日、妻と日程が合ったので、朝からドライブに行ってきました。目的地は犬山市、お城周辺の町がきれいに整理されたと聞いたからです。

年末の土曜日、クリスマスイブということから、人出が多いのでは?と思いましたが、紅葉の時期が過ぎてしまったためか、やや寂しい商店街でしたが、住民の心意気を感じるまちづくりを観ることが出来ました。

長良川の鵜飼いで有名な観光地なので、磐田市と比べるのもどうかと思いますが、いくつか印象に残ったことを記録しておきたいと思います。

2011 1.昔ながらの町並みを保存し、道路に面した建物は新しく作る場合でも一定のルール(江戸風のデザインなど…)を設けていると思いますが、とりわけ、歩道・車道の段差が全くなく、色分けをしているだけ…ということが新鮮でした。日曜祝日は車を進入禁止にしているようですが、そのために設計した様な道路でした。

2011_2 2.商店街の一角に、街づくりの拠点「街づくり株式会社」の建物があり、そこにはローカルFMの放送局がありました。ちょうどパーソナリティがリクエストを読んでいるところでしたが、オープンなスペースを使った街づくりと地域の情報拠点を兼ね備えた企画は参考になると思いました。

Dsc_0016 帰り道、少し遠回りをして、安城のデンパークに寄り、クリスマス気分を満喫、久々の充実した休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

東北のガレキ処理

岩手県のガレキ処理が一向に前に進まないようです。今日の夕方のニュースによれば、静岡県35市町の首長のうち、ガレキ処理に前向きな自治体は島田市だけという報道がされていました。

その島田市においても、市民への説明会では否定的な意見が多かったという報道もされています。

ガレキの処理をしてくれという話があってから、具体的な情報がほとんど入って来ません。例えば、市町で処理する量の1%を処理してほしいということであるが、どの様に運んでくるのか?も明確ではない。安全なガレキと言うが、放射線量や放射性物質はどの程度なのか?焼却灰の最終処分は国が責任を持つということだがどういうことなのか?

少なくとも、ある程度の情報と知識がある(べきである)私たち議員が判断できる、具体的な情報が必要ではないでしょうか?

昨日、磐田市の市民グループが、市に対しガレキ処理に慎重な対応を求める要望書を出しました。子どもを持つお母さん方が中心です。

一部の方と話をしたところ(少量の放射線でも危ないという学者もいる中で)不安を感じているお母さん方の声に、国や県や市町が耳を傾けて欲しい(…耳を傾けてくれない…)という表現が、彼女たちの気持ちに最も近いのではないかと感じています。

今日の静岡県の市長会で、ある程度の情報と方向性が明確になるのではと思っていましたが、そうではないようです。来週以降、自分なりに情報収集をしながら、疑問に答えられるよう努力していこうと考えています。

山田町のガレキの山を観て帰ってきたひとりとして、現地の復興にはガレキ処理は不可欠と考えますし、多くの人が納得して協力出来るように努力することが、責任ではないかとも思います。

がんばろう日本、がんばろう東北、がんばろう磐田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

安全祈願の餅つき大会

年末の安全週間が15日から始まりました。交通安全や飲酒運転の撲滅を訴えるのぼり旗を手に15日の早朝には街頭に立ち、その後、車にスピーカーを付けて安全パトロールを行っています。

静岡県は12月に入り死亡事故12件、死者13人と異常な状況という報告があり、静岡県警察本部からは号外が出るなど、残念な状況です。

P1020938 こうした中、ヤマハ発動機では、労使で早朝の立哨をする他、恒例の安全祈願をこめた餅つきを行い、社員に安全の啓発を行っています。

各工場ごとに行っており、今日は本社工場で盛大に行われました。製造統括の執行役員から訓示があり、その後、交替で餅つきをします。P1020939

私も各工場を廻り、激励と、若干の労力の提供をしています。災害の多かった本年ですが、来年は穏やかな年になって欲しいものです。そんな気持ちを込めての労使心合わせの餅つきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

獅子ヶ鼻トレッキングコース

獅子ヶ鼻公園から虫生にかけて、トレッキングコースを作るため、ボランティアを募集して作業を始めました。

201112 10月、11月は雨天のため中止だったので、昨日が初めてのボランティアによる作業日になりました。ボランティアは全員で26人とのこと、地元の方が多く、その中でも山歩きが趣味の方や日常的に山で作業をされている方がほとんどなので、テキパキと作業が進みました。

私を含め、地元以外の方はあまり多くありませんでしたが、一緒に作業をした方で、小笠山のハイキングコースなどの整備を10年以上ボランティアでやっている方とも話をすることが出来、楽しい1日でした。

計画されているトレッキングコースは、工事中の獅子ヶ鼻林道を縫うように整備する予定なので、出来上がれば市民が気軽に歩けるコースになると感じました。整備はまだまだこれからですが、時間が許す限り参加していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

書家 石田不空

P1020918 習字は手本通りきれいに書くものだが、書道は書で自然や心の動きを表現するといいます。石田不空氏の書は変幻自在、観る人の心に映像が浮かびます。

P1020912  法多山の一角、お寺に書は似合います。ちょうど紅葉の時期、たくさんの方が見学されたということです。P1020915

磐田市の若手書道家、これからの活躍が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五十肩

先週末から、どうも五十肩のようでキーボードがうまく叩けなくなりました。どうしても必要な書類作成は我慢しながらやりましたが、ブログをする気にはならなくて、ずいぶん間が空いてしまいました。

他のところは絶好調で、日曜日には高専の同窓になる書家:石田不空氏の作品展を妻と二人で観に法多山に行き、帰りは走って帰るという無謀な計画も、難なくこなせたにもかかわらず、パソコンに向かうと肩から腕に電流が走るような状態でした。

五十肩と言うよりも腱鞘炎のような感じですが、いずれにしてもあまり動かさない方が良いようです。

201150 少しづつは良くなってきましたし、大作だった代表質問の草稿のような仕事はしばらく無いと思いますので、年内は事務作業の比率を下げて、足を使った行動を中心にしたいと思っています。

しかし、土曜日にトレッキングコースづくりのボランティアがあるので、大事を取って、肩サポーターなるものを買ってきました。装着した感じはまずまずですが、実際の作業にどれだけ効果があるか?土曜日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

日本経済の行方

商工会議所・商工会の主催で「いわた産業振興フェア」が開催されました。同時開催の特別講演会では、経済ジャーナリストの須田慎一郎氏による「日本再生のために何が必要か」を聴くことが出来ました。

産業振興フェアは、文化振興センターの屋内で、見本市的に市内各企業がPRコーナーを設けると言う趣向で行われました。平日にしては人出もまずまずと感じましたが、学生の招へいや技術や商品の発表会・分科会などがあると、もっと産業振興に寄与できるかな?という今一感も否めませんでした。今後の積み重ねに期待したいと思います。2011

講演会では、TPPや円高の話を分かり易く聴くことが出来ました。結論は「まず、現状をしっかり認識すること、それが出来れば解決策は必ず見つかる」と、論理的な内容。円高の原因はデフレであるということの証明も分かり易く、記憶に残る講演でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

代表質問

11月30日、12月1日と代表質問が行われました。国会が始まると、最初に党首が代表して質問しますが、市議会でも基本は同じで、会派を代表して市政を問うものです。

2011_3 磐田市議会には6会派ありますが、それぞれが抽選で順番を決め、2日間にわたり行われます。「新磐田」は、昨年1番くじを引いたので、今年は最後になりました。

質問の持ち時間が会派の人数によって異なります。一番人数の多い創志会は65分、新磐田は55分となっています。

本年度は会派代表と言う事で、私に代表質問が廻ってきました。55分と言う時間をいただいたので、会派メンバーで練ってきた政策要望全般にわたり、出来るだけ多くの項目について質問することにし、43項目の質問を行いました。

詳細に通告したこともあり、丁寧な答弁かつ提案に対しては前向きな検討を明言したものもあり、まずまずだったと思います。2011_4

項目が多いため、後日、整理してブログかホームページに掲載したいと思いますが、取り急ぎ、新聞報道を掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »