« 今年最初の懇談会 | トップページ | 清宮監督 »

2012年1月17日 (火)

草莽塾

2012 草莽(そうもう)とは、孟子が原点で、吉田松陰が、志を持った在野の人々こそが日本の変革を担う原動力になるという言葉により、若者の決起を促した「草莽崛起」が現在に伝わり、志ある若者をさす言葉として使われているようです。

磐田市では、「草莽塾」と銘打ち、若い職員による政策形成能力向上研修を行っています。今日は、その研修成果の発表会があり、案内をいただいたので、様子を見させていただきました。

内容は、企業でいう業務小集団活動とビジネススクールの中間的なものといった感じで、グループで磐田市の課題改善をテーマに事業計画を立てるものです。2012_3

「予防ではじまる健康づくり」と「有機農業推進のまち いわた」の2グループの発表を聴くことが出来ました。

「予防で始まる健康づくり」は、今後、地方自治体に大きなインパクトとなる医療費抑制のための健康づくりをテーマに、「有機農業推進のまち いわた」は、増え続ける耕作放棄地と農業の後継者育成をテーマにしており、両グループともに課題改善だけでなく、分析と政策の組み立てがしっかりとしている立派な報告でした。

そして、最も良かった点は、10年先の磐田を視野に置いているところです。閉塞感の時代と言われていますが、頼もしい若者の姿を観ることが出来、良い時間を過ごせました。

草莽塾が「草莽崛起」につながるよう期待します。

|

« 今年最初の懇談会 | トップページ | 清宮監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/53759921

この記事へのトラックバック一覧です: 草莽塾:

« 今年最初の懇談会 | トップページ | 清宮監督 »