« 温暖化 | トップページ | 岩手県のがれき »

2012年1月31日 (火)

これからのエネルギー

昨日、会派のメンバーで浜岡原発を視察しました。防波壁の工事状況も見学し、地震・津波対策を眼で感じることが出来ました。なお、カメラ持ち込み禁止でしたので、写真は後日、中電の方に撮影いただいたものを載せたいと思います。(忘れなければ)

さて、原子力やエネルギーに関しては、様々な意見があり、何を信じて良いか分からないというのが多くの人の本音ではないでしょうか?原発を見学し説明を聴いても、これで安心ということにはならないようです。原発に携わる人たちは、信念を持って安全対策に取り組むことが使命です。彼らの真剣な説明や現場で懸命に働く電力会社の社員の姿は真実です。

しかし、原子力に批判的に感じている人はもとより、不安に感じている人が多いのも現状です。人間の力で原子力を制御できるのだろうか?原子力エンジニアの正念場でもあり、エネルギー政策の方向をどこに置くかの選択を迫られています。

末端でも政治の世界に身を置くひとりとして、責任ある発言と行動を心がける必要があると実感した視察でした。

2012 まだ読み切っていませんが、「エネルギー論争の盲点」は、理論的な解説を織り込みながら、エネルギー問題を、これまでにない視点で論じています。固くなっている脳に刺激を与え、冷静にエネルギー問題を考えるためには最高の本だと思います。

いずれにしても、安全・生活・経済・国際社会…etc.複眼的に考えていくことがこのエネルギー問題には欠かせないと感じます。政治的判断や情緒的判断に偏らない、慎重で冷静な論議が進むことを祈ります。

|

« 温暖化 | トップページ | 岩手県のがれき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/53867286

この記事へのトラックバック一覧です: これからのエネルギー:

« 温暖化 | トップページ | 岩手県のがれき »