« さくらの開花 | トップページ | 自然死のすすめ »

2012年4月 1日 (日)

東海地震

昨日、内閣府の有識者会議が津波予測を発表しました。静岡県では御前崎市が21m、湖西市が17.7m、磐田市11.8m、袋井市11.4mという推計です。
2012


当初、夏ころまでには推計を基にした被害想定をたてる計画でしたので、この推計で今後の作業を進めることになれば、もう少し早い段階で被害想定が明確になり、それに基づいた各自治体の具体的な対策も前倒しが可能となりそうです。

この推計、内閣府のホームページに詳しい資料が載っています。理論解析は良くわかりませんが、いずれにしてもシミュレーション、前提条件が少しでも違うと、結果が大きく変わるのがシミュレーションです。あくまでも目安と考えるべきと思います。

もっと大きい津波が来るかもしれないし、逆かも知れず、御前崎に21mを超える堤防を築いても安心してはいけないということですね。地震が来たら、まずは身を守り逃げる、そのための避難場所・避難方法・マニュアルそして住民の共有化です。

平成24年度は、防災を考える1年になりそうです。

|

« さくらの開花 | トップページ | 自然死のすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526797/54360051

この記事へのトラックバック一覧です: 東海地震:

« さくらの開花 | トップページ | 自然死のすすめ »