« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

原子力規制庁法案が国会審議入り

4月末に視察したオフサイトセンターで、県と保安院の担当者から原子力発電所の日常的な監査と問題発生時の役割と責任について説明を受けました。

福島の事故前の体制と事故後の課題への対応についてという内容でしたが、事故後の対応は「原子力規制庁」が進めるという説明の他は、事故後の具体的な改善策については明確な話はありませんでした。

現在、浜岡原発は停止中ですが、使用済み燃料もたくさん保存してあり、万が一の際、その対応如何では大変な災害の可能性も拭えません。発電所から30㎞圏内を緊急時の防護措置を準備する地域として設定する案が出てから1年が経過しようとしていますが、具体的な進捗はありません。これも原子力規制庁の仕事ということです。

今日の朝刊Img_694x800に原子力規制庁設置法案が国会審議入りという記事がありました。4月1日発足の予定の組織について、今から議論するということです。

財政再建という中期的な課題と目の前にある復興と危機管理の優先順位はどうなっているのか?そんな思いで、昨日の菅元首相の国会事故調査委員会の発言と規制庁審議入りの記事を読みました。

しかし、原子力規制庁が問題解決になるわけではなく、何をするか?が重要です。原子力の安全は国の責任です。しかし、実際に発電をしているのは民間企業…。技術もノウハウも政府機関にはありません。

こうした中で、非常時に国が責任を持って対応するための仕組みを考えることが必要ではないでしょうか。原発を近隣に抱える自治体としても、自分たちのこととして、問題を直視し、住民の目線で監視していくことが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

地域の自治と行政の役割

昨日の富士見町報告会では、地域のあり方について考えさせられるご意見をいただきました。

富士見町自治会は1,500世帯を超える大きな自治会です。高度成長期後半の企業誘致と宅地開発により、国道1号線を挟んだ磐田原台地の東部地区は雑木林と茶畑から一転、広大な住宅地に変身を遂げました。

見付宿の東端に位置するため、近隣2自治会とともに、見付地区の一地域になっていますが、磐田原を流れる川沿いに発展した見付宿と高台に位置する富士見町周辺という地理的な違いに加え、人口増加に伴い新しい小学校が開設されて以降、より独立意識が高まってきています。

そんな背景から、防災や子育て、高齢者の支援などに活用できる公共施設が欲しいという要望があり、当日も要望と住宅地における行政支援の在り方についてのご意見をいただきました。

磐田市内の自治会は50世帯に満たないところから1000世帯を超えるところまであり、また連合会も、大小さまざまです。

少子高齢化が進み、ほとんどが共働き世帯という現状の中で、運営主体となる役員のなり手の問題から最近では自治会加入率の問題など課題は山積しています。

自治会への参加が低調な中で、高齢化や少子化・共働き化が進み、子育て・お年寄りの見守りが出来る地域づくりが待ったなしの状況にもなっています。

公民館の話から、地域の様々な課題を考えさせられました。しっかりと問題を直視して将来につながる行動を心がけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

議会報告会その1

P1030735_800x600


ワークピア磐田での議会報告会が無事終了しました。財政、防災、市街地の活性化などについて状況の報告と意見交換、特に、震災から1年、避難タワーなどの設備や防災を考えた公共施設の在り方などについて、たくさんの意見をいただきました。

また、駅前やリベーラ駐車場など中心市街地の現状についての課題提起もあり、有意義で今後の活動につながる意見交換が出来たと思います。出席者の皆さん、ありがとうございました。今後も、続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠州灘の海岸線

Img_800x572


昨年の3回の台風により、竜洋海岸の堤防が大きくえぐられてしまいました。現在、県の農林事務所で、修復工事が進められています。

昨日は、市内の土木工事個所を中心に会派「新磐田」の仲間と視察を行いました。そのひとつが、竜洋海岸でした。写真では分かりにくいと思いますが、波が松林に迫っていて、津波どころか高波でも浸水のおそれがありそうな状態です。

5年間と約4億円をかけて約250mの範囲の堤防を強化するということですが…?また、松林の保全堤防という目的で、工事は農林部門が行っています。すなわち、農水省の管轄。河川の周辺は土木部門、これは国交省。天竜川や太田川の河口付近の堤防は6m、松林の前の堤防は9mです???

いずれにしても、まずは応急措置でしょうが、災害から国民を守るという目線で、少なくとも計画は一本化して欲しいものです。

取り急ぎ、自分たち会派の出来ることとして、国会議員に問題提起し検討するよう要請したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

報告会を開きます!

1


明日、5月23日(水)18:00~ワークピア磐田で報告会を開催します。2年目から始めて3年目になります。毎年、春と秋の2回、ワークピアと富士見町会館の2カ所で行っています。小規模の報告会ですが、いつも率直なご意見やご要望をいただくことが出来、議会で発言する際、大変参考になります。

今回は、磐田市の財政状況を出来るだけ分かりやすくお伝えしご意見をいただきたいほか、直近の市政の動きについて報告させていただく予定です。また、自身の政策や啓発として中期的に温めていきたいと思って調査している内容も準備しています。

いろんな方のご意見を伺いながら、地域社会の将来を考えていきたいと思っていますので、是非、足を運んでくだされば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

ヤマハ・ファミリー・ジャンボリー顛末記

Img_20120520_152231_800x662


20日、ヤマハ・ファミリー・ジャンボリーが盛大に開催されました。4年ぶりでどうなるかなあ?とやや不安もあったようですが、天候も薄曇りで暑さもそれほどではなく快適な1日に恵まれまれ、大勢のお客さんが訪れました。
役員の皆さんお疲れ様でした。

さて、東北交流館ですが、館長さんにがんばって準備していただいた物産が飛ぶように売れる情景を描いていましたが、お子さんずれはキャラクターショーに夢中のようで、結構素通り…。でしたが、家内の友人たちが売り子でがんばってくれたおかげで、ほぼ完売で終了できました。Img_20120520_140335_600x800



また、東北から避難されている方や東北出身のヤマハ社員の方も立ち寄ってくれて、ふれあいの場としてもまずまずだったかと思います。今一の点も多くありましたが、店を手伝っていただいた皆さんも楽しんでいただけたようで、良かったと思います。皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

ヤマハ・ファミリー・ジャンボリー

Img_527x800


明日、5月20日(日)10時から、ヤマハファミリージャンボリーが開催されます。従業員と家族、地域の皆様に1日楽しく過ごしていただこうという催しものです。
社員による模擬店やステージショーの他、バイクの展示・親子バイク教室・トライアルのデモなどヤマハならではのイベントも盛りだくさん、是非、遊びに来てください。

私は、チャリティーのバザーと東北物産展を受け持ちます。特に東北物産展は、浜松の東北交流館の館長さんに来ていただき、「移動東北交流館」的な趣でできればと考えていますので、こちらにも立ち寄っていただければ幸いです。

さて、このファミリー・ジャンボリー…略称YFJ…は、HY戦争の後、1984年から構内で開催するようになったと記憶しています。HY…以前はつま恋で開催されていましたが、業績の悪化、合理化により、地域に大変な負担を強いることになり、その反省から、地域との共生を重視した経営方針に転換したことがきっかけで、各工場の構内で開催し、地域の皆様を招待するように組合の行事も大きく軌道修正し現在の形になりました。

リーマンショック後、開催を控えたため、4年ぶりの開催となります。そんなこともあり、先ほど準備を手伝いながら、工場で開催を始めた当時のことを感慨深く思い出しました。ヤマハ出身の議員にも、ヤマハと地域を取り持つ重要な役割があります。
労組の若手と一緒に汗を流す1日にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

甘党

私は甘党、お酒も好きですが、それ以上にケーキやチョコレートが欠かせません。そのためか、毎日のジョギングも健康には役立っていますが、ダイエットにはほとんど効果がないようです。600x800

さて、今日は久しぶりに浜松に行ったので、ついでに有玉にある「どりあん」という洋菓子店に寄り道をしてみました。ここの一押しが「浜ヶ松もなか」…もちをあんこでくるんだ最中です。なんといってもあんこの塩加減が絶品なのです。一口ほお張ると、さくっとした皮のしたからあんこの塩味を感じ、しばらくすると甘みが出てくるという絶妙な甘辛の組み合わせ、そして中にくるんだもちがホッとさせる舌触り…言葉では言い表せませんので、是非、食べてみてください。800x600

「なまとろりん」というミカンのとろとろプリンもお勧めです。これも甘さとすっぱさのハーモニーが絶妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

緑ゆたかな福島路を走る

あれから1年、どうなっただろう?昨年のゴールデンウィーク、家内と行った福島県いわき市の「アクアマリンふくしま」の今、を観たいと土日に再び行ってきました。(今度はひとりで…)

それだけの目的で行くのはもったない!ネットで調べると…ありました、5/13に会津若松の東山温泉新緑マラソンです。さっそく申し込み、いわき市のアクアマリン周辺見学と会津若松のマラソン大会出場のため、金曜の夜、福島に向かったのでした。

P1030670_800x600アクアマリンは、TVでもやっていましたが、自然のまま魚が観察できるよう工夫された水族館。写真のイワシの大群が売りです。震災で大変な被害を受けましたが、全国からの支援を受け震災から4か月後の7月15日には再開にこぎつけることが出来ました。

昨年の5月には、まわりは瓦礫の山で進入禁止でしたが、きれいに整備され、すばらしい施設になって迎えてくれました。ゴールデンウィークの後ということもあり、お客さんがまばらなことが気になりましたが、さかな好きにはたまらない水族館です。また釣った魚をそのまま調理してくれるレストランもあり、ちょっと遠いことを除けば家族にお勧めのスポットです。

P1030679_800x562
しかし、周辺の護岸や公園は工事中、家が流されたまま放置してあるところも多く復興はまだまだの印象でした。また、近くの観光センター「ら・ら・ミュウ」という市場と食堂などが入った施設には、毎日の放射線量が貼り出されていることや、その施設内にある「こども屋内遊び場」が満員で列をつくっていP1030688_800x600


たことなどを見ると、放射線の心配をしながら暮らしている皆さんの気持ちを感じないではいられませんでした。(ちなみに、当日の放射線量は、0.076マイクロシーベルトで、静岡県と大きく変わりません)

ところでマラソンは…、全くのローカル大会で、自然を満喫しながら楽しく21㎞を完走。P1030692_800x600

来年は、もう少し時間をとって、いろんな人と話をしてきたい…と思いながら岐路に着きました。がんばろう福島、がんばろう日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

後援会だよりが出来ました

後援会だよりが出来ました。ご覧いただき、ご意見など賜れれば幸いです。⇒kouenkaidayori_vol7buro.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まちの活性化

昨日、市から磐田市の産業振興計画と観光まちづくりビジョンの説明がありました。観光まちづくり計画の一文に「磐田市は一般に言われるような観光地ではありません…」というフレーズがあります。人を呼び寄せる前に、自分たちが磐田市を知り、市民にとって魅力のある磐田市を創っていこう!が基本コンセプト。

Img_0001_567x800
どうでしょうか?作成者の気持ちが伝わってくるようなコンセプトではないでしょうか。行政の計画やビジョンは、専門の業者に任せることが多かったようです。どこの市町の企画も金太郎あめと言う批判もあります。

今回の企画は、すべて市民の声を職員が直に聞いて議論を重ねて作成したものということです。体裁的には稚拙なところも感じますが、これから市民と一緒に活動するための手引書として活用されることを期待したいと思います。

さて、市街地の活性化はどこのまちも頭のいたいところ…。今日の新聞に、浜松市の記事が載っていました。磐田も基本的には同様の課題を持っています。Img_800x733


しかし、ニーズは多様化し、今は新東名SAがブーム…といった行政がコントロールできる時代ではありません。

どうすべきかを考える前に、腰を据えて、現状の分析をし、市民と共有化する時期かも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

笑顔

朝、今之浦の堤防をジョギングしていると、堤防の下の道から「おはようございます」と声を掛けられました。気が付いておはようごさいますと返すと、そこには満面の笑顔が…。雨が降ってきましたが、今日も清々しい1日が過ごせそうです。

10日ほど前に、「あなたの運命を変える幸せ人生の作り方」という講座を受講しました。ビジネスにおける良い人間関係の作り方、そしてそれを基にした成功の秘訣…といった内容でしたが、自分の解釈は笑顔…でした。

さかのぼって10年ほど前、仕事も私生活も壁にぶつかりもがいていた時期がありました。その時に、笑顔の効用といった話を聞き、いやなことや怒りは顔に出さないようにしようと決心し、吹っ切れた経験がありました。(とはいっても1年に何回かは怒ってしまいますので、まだまだ修行が足りません)

お客さんに上司に感謝する。成功イメージをつくり、それに感謝する。さらには口角を上げて頬の筋肉を鍛える…etc、

あらためて笑顔で正しい姿勢で毎日を送ることの大切さを実感させていただいた講師の加津也さん小倉さんに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

新東名と車山

P1030641_800x6005月4日、5日と新東名を通って車山高原を歩きに、妻と娘と3人で出かけました。初めての新東名、道路はそんなに混んでいなかったものの、PA・SAは大変な人出でした。森、掛川、藤枝、静岡SAは入ったものの、あまりの混雑に素通り、清水PAと、すべてのPA・SAに立ち寄り、新清水ICから52号線へ、車山に向かいました。

Dsc_0061_800x536_2
5日の朝、5時に起きて車山山頂を往復、だんだん雲が取れて青空が広がり絶好のハイキング日和となりました。宿で朝食を取ってから、今度はリフトで山頂へ、山頂から湿原を周遊、穏やかな山の景色を満喫できました。

Dsc_0095_800x536_2午後は、宿で教えていただいた蓼科湖畔の桜、5月にこれだけの桜が見られるとは…、久しぶりの家族団欒の連休となりました。

日本全国、荒れた天候で大変な連休になったところもあります。また北アルプスでは遭難も相次ました。


ご冥福をお祈り申し上げるとともにお見舞い申し上げます。

自然は時に予想できない猛威を振います。日頃から注意したり、出かけるときには万が一の準備も必要です。公私ともに、気を付けたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京丸ボタンと岩岳山

「京丸で心中した男女の命日,60年に1度,京丸山には唐傘大のボタンの花が咲く」という遠州七不思議の伝説があるようです。その京丸山のとなりには岩岳山があり、アカヤシオツツジの群生で有名です。京丸ボタンはアカヤシオツツジ?という説もあるようです。

P1030525_800x600春野町の気田を過ぎたところで、左に入り元町営の宿泊施設ログペンションシンフォニーの左手の空き地に車を止めて林道をひたすら歩くと登山口に着きます。その後も、杉の林をひたすら上り、駐車場から約3時間で岩岳山頂上に着きます。左の写真は途中の景色です。

きれいな花を見るためには、それ相当の努力が必要なようです。が、残念なことに岩岳山周辺は、まだほとんど咲いていません。150mほど下ると入手山があり、その周辺でやっと満開のアカヤシオに出会うことが出来ました。P1030539_800x600

4月28日の状況ですので、連休後半から今が見ごろと思います。但し、道が崩れているところが多く、足元の装備はしっかりしていった方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

経済の話

先日、労働組合で知り合った後輩と、政治や経済、会社のことなどについて語り合う機会がありました。

マズローは、自己実現が人間として最も高い欲求であることを示しましたが、社会が豊かになっても、自己実現を目指すよりも、経済的な成功を追及する人々が多いのが現実のようです。そんな中で、一人ひとりのしあわせの実現を目指すのが社会の目的だとしたら、経済を理解し、必要に応じコントロールすることが政治の大きな役割と言えます。

後輩が「三橋貴明」という経済を生業にしている人物のブログを紹介してくれました。自分の説をやや誇張しているきらいがあると思いますが、歴史の様々な事象をよく分析しているように思います。そんなこともあり、気持ちが冷めないうちに、著書をいくつか買って勉強しようと思います。

また、ひょんなことから豊田町長を長く務めた方の経済勉強会に誘われています。第1回は所用があり行けませんでしたが、これも興味深いレジメをいただくことが出来ました。

偶然ではなく「今年は経済を勉強しろ」という天の声かも…努力してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »